スマトラ島移動日

スマトラ島の旅3日目は移動日

スマトラ島の中央部のブキティンギにきました。
思ったよりも時間がかかり、ほぼ丸一日かかりました。
ジャカルタから飛行機に乗りさらにタクシーで3時間。
途中熱帯雨林を抜けるときに、
大雨に降られました。

IMG_22220067.jpg
大粒の猛烈な雨と熱帯雨林
スポンサーサイト

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : スマトラ

ジャカルタで沈没

スマトラ島のあるラフレシア自生地に行く予定だったのですが、今は咲いていないとのことが直前に分かったので、いきなり日程を変更しようとしたのですが、色々なトラブルがあり、ジャカルタで一泊することになりました。泊まる予定はまったくしていなかったので、ガイドブックもなく、まったく情報はなく、そうとう困ったのですが、なんとかホテルに落ち着き、町歩きを楽しんでいます。明日からどうなるのか?私にもはっきりとは分かりません。

iPhoneで撮影
ジャカルタの町

出かけます

しばらく出かけますのでブログヶアップできないことがあります。
探しに行くのは、ひとつの花で世界一大きいラフレシア
ラフレシアは何度も見ていますが、ラフレシアの中でも最大種の
アーノルディ・ラフレシアはまだ撮影していないのです。
見られるかどうかは運しだい。
それでは行ってきまーす!

cameronhightland-malaysia_2011-09-09_12200.jpg
写真は葉2011年9月に見たケリー・ラフレシア

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : ラフレシア

ウチワダイモンジソウ

忙しいので、なかなか撮影に行けません。
撮影旅行の準備中です。

ウチワダイモンジソウ

南紀古座川の渓流でちょうど咲いていました。
17-11-10_nanki-wakayama_00107.jpg
ウチワダイモンジソウ
撮影は2017年11月10日
もうあれから投下もたったのか、と思う。

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : ウチワダイモンジソウ

南紀のおすすめの宿

南紀のおすすめの宿

今回のツアーでは、ふたつの宿に泊まりました。
どちらの宿も、とても良い宿でした。

ひとつ目は湯の峰温泉湯の峯荘
本宮にお参りに行く前に入る温泉です。
ごはんもおいしいし、
温泉もいい感じ。
宿泊客の多くは欧米系の海外からの旅行者。
この宿で一番いいのは、
明るく親切なスタッフ。

17-11-08_nanki-wakayama_00048.jpg
夕食は温かく、おいしい物でした。
アマゴの塩焼きがこれまたおいしい。
私は長く渓流釣りをしているのでアマゴにはうるさいのです。

17-11-09_nanki-wakayama_00002.jpg
湯の峯荘の朝ご飯
よい旅館は朝ごはんがよいのです。
身が厚く、油がのりすぎないしまったアジの干物
豆腐の豆の味が濃いです


ふたつめの宿は月の瀬温泉ぼたん荘
古座川ノそばにある小さな宿
部屋や公共スペースは広々として清潔
スタッフもニコニコ
隣の温泉はアルカリ温泉で、美肌の湯。


17-11-09_nanki-wakayama_00414.jpg
タイのアラ煮や
南紀の地魚の刺身。
海の幸から夕食はスタート

17-11-09_nanki-wakayama_00417.jpg
そして、ジビエ料理になりました
イノシシのコロッケ、シカ肉のソーセージ
ジビエらしい野性味があっておいしいです


17-11-10_nanki-wakayama_00002.jpg
やっぱりここは朝ご飯がおいしい


17-11-10_nanki-wakayama_00004.jpg
アユの開きはアユの香りがよく
おいしいものでした。
自分で焼きます。

どちらの宿もいい温泉宿でした。
また行きたいですね。






テーマ : 料理の写真
ジャンル : 写真

tag : ぼたん荘

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード