FC2ブログ

奄美大島に来ています

奄美大島に来ています。
なんと、暖かいですね。
今日はTシャツ一枚でいい感じです。
奄美大島には花がたくさん咲いていました。

2018111820295068e.jpeg

ヘツカリンドウと自撮り


20181118202936172.jpeg

ヘツカリンドウ


20181118203003981.jpeg

ソナレノギク

スポンサーサイト

ニューカレドニアの自然 マドレーヌの滝のラン Megastylis gigas

ニューカレドニアの自然 
マドレーヌの滝のラン
ギガス・メガステリス
(Megastylis gigas)


以前も一度写真を載せましたが、
たくさん咲いていた大型のランです。
草丈80㎝程度にもなり、
花の直径5㎝程度。
白く美しいランです。

マドレーヌの滝の周辺や、
ここまでくる途中の道路脇にも
咲いていました。

18-10-17_madeleine-NewCaledonia-0817.jpg
マドレーヌの滝のラン
ギガス・メガステリス(Megastylis gigas)


18-10-17_madeleine-NewCaledonia-0521.jpg
ギガス・メガステリス(Megastylis gigas)
花のアップ
大きく美しいランです。

Canon EOS 6D MarkⅡ
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM


テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : ニューカレドニア マドレーヌの滝

北方領土を

新聞を見てびっくりしました。
北方領土2島先行返還とのこと。
日本国民に全く説明なしに、
突然の政府の基本方針の変節にびっくり。

2島先行返還というのは、新しい考え方のようですが、
日本政府は1956年に日ソ共同宣言で2島返還で合意しています。
でも政府は4島返還をずっと言い続けていました。

これに気が付いたのは、
世界の地図帳を代表するイギリスの大世界地図帳
「THE-TIMES ATLAS of THE WARLD」という地図帳を見ていた時。
北方領土を見ると、
千島列島である国後島、択捉島はソビエト連邦になっていますが、
歯舞諸島、色丹島は、「Occupied」になっています。
つまりイギリスなどの日本以外の世界では、
歯舞・色丹は日本の領土なのにソビエト(ロシア)が実効支配しているが、
国後・択捉はロシアの領土としている、ということです。
これは、1956年にソビエト(ロシア)は歯舞・色丹は日本に引き渡す、
としているため、歯舞・色丹はソビエト(ロシア)の領土ではない、
と認めているからなのです。

知っておきたいのはもうひとつ、
国後・択捉島は千島列島ですが、
歯舞・色丹島は北海道の根室沖の島であること。

今年根室の納沙布岬に行ったときに、
歯舞諸島の近さにびっくりしました。
望遠鏡があれば、人が歩いていたら見えそうです。
国後島も見えましたが遠かったです。

私が気になっているのは、
北方領土が帰ってきたら、
未だ見ない植物がきっとまだたくさん
北方領土にあるだろうからです。

「歯舞・色丹の植物図鑑」を作ってみたいなあ。
と夢想しています。

P5192002.jpg
歯舞諸島がすぐそばに見えます。
右手の建物は日本時代に日本が作った灯台です
早く帰って来いよー!

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : 歯舞諸島

ニューカレドニアの自然 マドレーヌの滝の針葉樹 (Retrophyllum minor)

ニューカレドニアの自然 
マドレーヌの滝の針葉樹 
(Retrophyllum minor



マドレーヌの滝は、
ニューカレドニア最大の島、
グランドテール島の南部に位置する自然公園です。

ここはリビエラブルーにも負けないくらいの、
植生がすばらしい場所です。
まるでギアナ高地のテーブルマウンテンの上に上がったような、
一枚岩の大岩の上に水が流れる、低層湿原です。
地衣類がたくさん生えています。

大きな川が流れ、これが大きく落ちています。
これがマドレーヌの滝です。
ここで一番面白いのは針葉樹です。
水の中に値を張って生きる針葉樹です。
起源が古い、太古の植物と思われます。

18-10-17_madeleine-NewCaledonia-0093.jpg
マドレーヌの滝の入口にある
管理人室
ここで入園料を払います。
すごい雨の日でした。


18-10-17_madeleine-NewCaledonia-0090.jpg
マドレーヌの滝には、
地図もありますが奥にはないので
よく考えて行動しましょう

18-10-17_madeleine-NewCaledonia-0171.jpg
マドレーヌの滝
それほどの落差はありませんが
水量があってきれいです
ニューカレドニアにこんな滝があるとは‼

18-10-17_madeleine-NewCaledonia-0434.jpg
(Retrophyllum minor
ミズマキと呼ばれる植物です。
幹が太くて枝が細い、
不思議な形をした木です。


tag : ニューカレドニア マドレーヌの滝 (Retrophyllum minor

多摩丘陵は秋深まる

多摩丘陵は秋深まる


多摩丘陵を少し歩きました。
季節は少しずつ進んでいって、
秋が深まっていく感じがいいですね。

_B140375.jpg
草地も秋が深まってきました。
ちょっと絞って、ピントが深くなるようにして、
少しだけ明るくなるように露出補正します。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.


_B140414.jpg
コムラサキシキブの果実
美しく実っています。
絞りは開放なので、
果実以外の分部は美しくボケました

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


_B140433.jpg
多摩丘陵の向こうに都心が見えました。
左に新宿の高層ビル街、その横にスカイツリー
右に六本木ヒルズ、東京タワーも見えます。
ちょっと絞ると、ピントが奥まで合います。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


_B140441.jpg
クヌギのドングリはパンパンに熟しています。
もう外れかけています。
大きく露出補正+2
ドングリが暗くならないようにします。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : 多摩丘陵 コナラ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード