久しぶりの山 上州三峰山

こんな天気ですが、
精密な天気予報では
沼田周辺は午後晴れるとのこと。
そこで沼田野山の三峰山に行ってきました。

けっこう長く歩く山です。
楽しかったです。
でも朝から雨に降られました。
でも、午後は晴れて、青空が見られました。

それよりも、ヤマヒルが多くて閉口しました。
10匹以上体によじ登られて、
捕まえました。
体中血まみれです・・・・。
8月下旬は山ビルがいい晩元気な時。
さらに毎日雨が降ってヤマビルは元気。
登山者が少なく、血に飢えていたヤマビルがたくさん。
はあ。

帰りの運転では関越自動車道では
前が見えないような猛烈な雨。
けっこうきつかったです。
三芳のサービスエリアでナスを3Kgくらい買って帰りました。



17-08-19_jyousyumitsumine-gunma_00234.jpg
上州三峰山の山頂にて
さっきまでゴロゴロ言っていましたが・・・
いい感じです
Canon EOS M3
Canon EF24mm F2.8 IS USM


IMG_2229704.jpg
赤城山方面を望む
青空がいい感じですね
Canon EOS M3
Canon EF40mm F2.8 STM


17-08-19_jyousyumitsumine-gunma_00228.jpg
ブナの森
山頂付近だけはブナの森です
Canon EOS M3
Canon EF24mm F2.8 IS USM


スポンサーサイト

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

tag : 上州三峰山

街中さんぽ植物写真のススメ 5 ハコベホオズキ

関東は毎日毎日天気が悪いですね。
なかなか撮影に行けません。
そろそろ山に行きたいなあ。

街中さんぽ植物写真のススメ 5
ハコベホオズキ (Salpichroa origanifolia)


ナス科ハコベホオズキ
ハコベのような葉で、ホオズキのような果実がなる。
今は、花はたくさん咲いていた。
花は下をむいて咲くので、
雨が降っても蜜はあるようだ。
たくさんのハチやチョウが飛んでいた。
花はたくさん咲くが、なかなか果実はつかない。


_8170296.jpg
ハコベホオズキ
ツル性の植物。
地面を這うように伸びることもある。
木やフェンスに絡まって登る方がよく花が咲く。
こうなるとハコベホオズキの天下。
他の植物は生えることができない。
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
LUMIX G MACRO 30mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S


_8170300.jpg
ハコベホオズキの葉
ハコベの葉に似ている
花は釣鐘型

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
LUMIX G MACRO 30mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S


_8170311.jpg
ハコベホオズキの花
雄しべが雌しべに集まった変わった形をしている
ハコベホオズキの反り返った縁がかわいい

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
ケンコーデジタル接写リングセット
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8


IMG_4109.jpg
ハコベホオズキの果実
液果である
秋にならないとなかなか実らない
撮影は2016年秋

Canon EOS M3
Canon EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM

●ボタハイ通信

2017年09月21日(木) 
多摩丘陵の谷戸撮影ボタハイ (1日)
もうすぐ満席

植物撮影術基本中心です。
自然豊かな多摩丘陵でゆっくり植物写真を撮影しましょう。
群落の撮影、花の超アップの撮影など。
●参加費用:5,500円(交通費は含みません)
●最小催行人員:5名
●グレード:散策。
●集合場所:小田急・京王・多摩センター駅 11番乗り場バス停前
●集合時間:09月21日(木)09時15分
●解散予定:多摩センター駅 15時15分頃
●持ち物:観察道具、飲み物など。
●予定:バスに乗って多摩丘陵の谷戸へ。ゆっくりと谷戸や遊歩道を歩く。


2017年10月19日(木)~20日(金) 
上信越国境の山(稲包山・大峰山)と温泉ボタハイ 2日間連続
催行予定

紅葉の山歩きをしながら、紅葉の植物撮影を楽しみましょう。
●受講費用:1日7,000円×2日間(交通費、宿泊代は含みません)
●集合場所:JR上越新幹線上毛高原駅改札前
●集合時間:10月19日(火)9時00分 
●グレード:中級登山。歩くスピードはゆっくりです。
●最小催行人員:5名
●解散予定:JR越新幹線上毛高原駅 18時ころ
●持ち物 :初日のお弁当、水筒、雨具、観察用具、防寒着、防寒手袋、ヘッドランプ、地図、日帰り登山に必要なものをお持ちください。2日目の弁当は自分でパンなどの行動食を持っていきます

●日程
1日目:上毛高原駅からタクシーなどで大峰山の登山口へ。コースタイム2時間25分。初日はゆっくり撮影で、早めに温泉へ。下山後は猿ヶ京温泉泊。
2日目:早朝タクシーなどで稲包山登山口へ。コースタイム5時間10分。往路を下山。同じ道を戻るので途中で待っていることも可能。タクシーなどで上毛高原駅へ。

●申し込み:どなたでも参加できます。(稲包山は登山経験者のみ)メールで連絡ください。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

色で見わけ五感で楽しむ野草図鑑 [ 高橋修 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/8/13時点)



テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : ハコベホオズキ

カワウソ 対馬で発見か

絶滅したはず、
野生のカワウソが!
対馬で発見のニュース


新聞の夕刊を見て、びっくり!
「カワウソ 対馬で発見」の見出しが!

対馬でカワウソが生き残っていたならすごいことです。
ニホンカワウソかもしれないし、
ツシマカワウソという可能性も。
糞の遺伝子を調査したところでは、
ユーラシアカワウソの遺伝子とのことでした。

人がかっていたユーラシアカワウソが逃げた可能性が高そうですが、
ツシマヤマネコが生き残れる自然がある対馬では、
ニホンカワウソの可能性もあるでしょう。

今年は2回も対馬に行きました
対馬の自然に魅了されました。
また行きたいな、対馬。

17-04-10_tsushima-nagasaki_07216.jpg
春の対馬の森
美しい手つかずの自然が残る
川がなくても海がある。
カワウソが生きていてもおかしくない


17-04-12_tsushima-nagasaki_07899.jpg
自然度野高い森林。
海のそばにも深い森
渓流もたくさん。

ああ。野生のカワウソが対馬に生きていたらいいなあ。

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

本の紹介 日本の名峰 ・ 6 北岳

本の紹介 
日本の名峰 DVD付きマガジン ・ 6 北岳
DeAGOSTINI


「名峰花図鑑」のページを担当しています。
あくまで2ページだけです。


北岳はキタダケソウを中心に
キタダケトリカブトやタカネマンテマなどを紹介。


CCI20170815.jpg
日本の名峰 DVD付きマガジン 6 北岳



テーマ : 高山植物
ジャンル : 写真

街中さんぽ植物写真のススメ 4 ヘクソカズラ

街中さんぽ植物写真のススメ 4
ヘクソカズラ


街中を歩いていて、フェンスや低木などに絡みついている
ヘクソカズラが目につく。
鳥に食べられて種子が運ばれているのか、
都会のあちこちでヘクソカズラ
葉や蔓を見ることができます。

名前はかわいそうですが、
ヘクソカズラの花はとてもきれいです。
白い筒状で内側が真紅。
アップでよく見ると、
花の外側の白いのは肉厚で、
内側には毛がたくさん。
雌しべがちょろりと出ています。

オリンパスのマクロシステムで、
超マクロ撮影をしてみました。
オリンパスのシステムは軽くてコンパクトで、
画質も通常の仕様では全く問題なく、
トータルで考えるととてもいいです。

オリンパスの60㎜マクロは、
等倍まで撮影できて、
緻密な表現でいいレンズです。
中間リング(ケンコーデジタル接写リングセット)
をマクロレンズとカメラの間に装着すれば、
2倍近い倍率になることもあります。
軽量コンパクトで、
これだけ高画質の超マクロ(超クローズアップ)
撮影ができる機材はなかなかよいです。

_8100069.jpg
ヘクソカズラ(Paederia foetida)
花を外側から見ると、
内側の赤い色が透けて見えます
白いのは短い腺毛のようです

_8100078.jpg
ヘクソカズラ
花の内側は濃い赤
そこには小さな先端に玉のようなものを付けた
腺毛がたくさん生えている。
下のほうから出ているのが雌しべです。

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
LUMIX G MACRO 30mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S
ケンコーデジタル接写リングセット
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ケンコー デジタル接写リングセット マイクロフォーサーズ用
価格:11790円(税込、送料無料) (2017/8/15時点)




テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : ヘクソカズラ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード