谷川連峰の避難小屋の使い方 茂倉岳避難小屋 清水峠の白崩避難小屋

茂倉岳避難小屋 清水峠の白崩避難小屋

今回歩いたのは谷川連峰馬蹄型縦走。
谷川岳から蓬峠を通り朝日岳までU字型(馬蹄型)の稜線を歩きます。
コースタイムは14時間45分。
途中宿泊する必要があります。
どこに宿泊するかは大きな問題。
1泊二日だと大変だけど、蓬峠2泊3日だとのんびり。

谷川連峰にはたくさんの避難小屋があります。
縦走路は基本的にテント泊が禁止されているので、
営業山小屋か避難小屋に泊まることになります。
営業山小屋は谷川岳肩の小屋と蓬峠小屋がありますが、
今回は行動時間を計算すると、避難小屋に宿泊するのがよさそうです。

避難小屋とは、文字通り避難専用の小屋と、
一般的に宿泊してもよい避難小屋があります。
谷川連峰には営業小屋が少なく、
必然的に避難小屋にも泊まることもあります。

1日目は谷川岳ロープウェイで天神平まで上がるので、、
がんばれば蓬峠小屋まで行けますが、
ちょっときついのと、茂倉岳避難小屋に泊まったことがないので、
一度泊まってみたかったのです。
茂倉避難小屋は、まだ比較的新しく、大きな避難小屋です。
管理もよく、トイレもあり、水場も徒歩2~3分と近い、
稜線から10分ほど下らなければいけないことを除けば
ほぼ、完璧な山小屋と言えます。
ほかに宿泊者はおらず、たった一人でした。

5時過ぎには寝てしまいます。
でも、ひとりで泊まっていると、夜中にドンドンとドアをたたくような音。
ドロドロドロと屋根をたたくような音。
ちょっと怖くなって、起き上がってきょろきょろ。
小さいながら、窓をたたくような響く音がまだします。
調べてみないといけないと思って、外に出ました。
外に出ても、今度は遠くでドロドロドロ・・・。
はるか山の下を見ると・・・・。
小さな火の玉が見えました。

は、は、花火だ!
六日町方面の花火でした。
後で調べたら南魚沼市兼続公まつり 大煙火大会でした。

17-07-19_tanigawadake-gunma_00453.jpg
茂倉岳避難小屋
かわいい避難小屋です
横にはトイレ煉があります


17-07-19_tanigawadake-gunma_00470.jpg
寝袋やマットも少し置いてあります
部屋の屋根も高くていい感じ
サンダルまであって、
管理してくれている湯沢町産業観光課の皆さま、
蓬ヒュッテの皆さまありがとうございます。

茂倉岳避難小屋からだと、もう1泊宿泊が必要です。
清水峠の白崩避難小屋だと近すぎだが、水場もあって快適、
笠ヶ岳避難小屋だとちょっと距離があるうえ、小屋は狭くて水場はない。
しばらく悩んでいましたが、清水峠宿泊に決定しました。
みなかみ町に雷注意報が出ていたので、
稜線歩きと、稜線に宿泊はやめにしました。

そこで日が高く、まだまだ暑い午後1時ですが、
白崩避難小屋に泊まることにしました。
古くて小さい避難小屋ですが、
水場も15分ほど歩けばあり、快適に泊まれます。
ここはオオバツツジが発見された場所でもあり、
オオバツツジの撮影も楽しみです。
ここもひとり。
静かでいい夜でした。

17-07-21_asahidake-gunma_00003.jpg
清水峠の白崩避難小屋
小さいけれどいい小屋です。
展望はあまりないですが。


17-07-20_shimizutoge-gunma_00424.jpg
白崩避難小屋内部
二階建てです。
当山何もありません。
でもそうとう古いです


17-07-21_asahidake-gunma_00001.jpg
食事は当然自炊です。
写真葉たまたまなのでもう少しいいものを食べています。
シンプルにアルファ米、ジフィーズ、チーズ菓子、スナックパン。
カップ無しカップラーメンとは
使い捨てのプラスチックカップではなく、
ビニールのパッケージに入っている即席めんです。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【オニシ 尾西】 ドライカレー
価格:367円(税込、送料別) (2017/7/23時点)


スポンサーサイト

テーマ : 高山植物
ジャンル : 写真

tag : 茂倉岳避難小屋 白崩避難小屋

神奈川県警察 山岳救助訓練

先日、日向山に行ったときに、広沢寺温泉に下山しました。
すると、林道わきの岩場で何やら声が。
近づくと、岩場を見上げるたくましい男たちの姿が。
よく見ると、何やらただのクライマーとは違うような。

岩場を見上げると、なぜか岩壁には、
人を背負った人が張り付いていました。
これは、きっと救助訓練だな、
と思ったらやっぱりそう。
神奈川県警察山岳救助訓練でした。
許可をもらって写真を撮影し、
ブログに乗せる許可もいただきました。

今回はヘリ部隊との合同訓練だそうです。
一生懸命訓練しているし、道具もピカピカ。
このような皆さんのおかげで山の安全は守られています。
しかし、彼らにお世話にならないようにしたいものです。
お話を聞いて、お礼を言って、
「お世話にならないように、歩きます」といってお別れしました。
山の安全は自分で守るが鉄則です。
でも、そうでないこともありますから彼らが必要です。
神奈川県警察山岳救助の皆さん頑張って下さい。

16-12-08_hinatayama-kanagawa_0052.jpg
山岳救助を見守る
神奈川県警察山岳救助の皆さん


16-12-08_hinatayama-kanagawa_0053.jpg
この岩場を人を背負って登ったり下ったり
神奈川県警察のすばらしい技術と体力にびっくり


16-12-08_hinatayama-kanagawa_0056.jpg
さすがにクライミング用具もきちんとしています
山岳救助の特殊用具もあるようです


16-12-08_hinatayama-kanagawa_0057.jpg
神奈川県警察の航空隊の方との
合同山岳救助練習
この方も親切に
わかりやすく説明してくれました
ヘリで空から、足で下から
山岳救助に向かうとのこと


16-12-08_hinatayama-kanagawa_0058.jpg
神奈川県警察のヘルメット



テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

tag : 神奈川県警察 山岳救助

蓬ヒュッテ

蓬ヒュッテ

昨日宿泊したのは、蓬ヒュッテ
昨年リニューアルオープンした山小屋です。
小屋のご主人は、苗場山にあった山小屋の游仙閣のご主人の高波さん。
以前からよく知っているご主人です。

蓬ヒュッテは日本の営業小屋では、特に小さい山小屋です。
もちろん電機はありませんので、ランプの小屋です。
食料などは、すべて高波さんたちが担ぎ上げています。
ご苦労様です。
この山小屋を維持するための努力には頭が下がります。
小さく、何もないけれども、よい山小屋です。

_A140542226.jpg
蓬ヒュッテ
遠くに谷川岳も見えています
本当に小さな山小屋です


_A140637.jpg
このふたつのテーブルに座れるだけが宿泊
宿泊には予約が必要です
土日は満室になることもあります

_A140552.jpg
ランプの山小屋
暗くなると寝るしかありません
静かな山小屋です
高波さんとのお話は弾みます
ペットボトルのミネラルウオーターやビールの販売はあります

88.jpg
夕ご飯は5時!
今日はカレーです
おいしかった!
ランプの明かりで食べるカレーはムード抜群
撮影には難しいですが

_A150756.jpg
翌朝は氷が張って、
霜が降りていました


_A140563.jpg
トイレブース
便所ではありません
携帯トイレを使います
この椅子のビニル袋をセットして、
防臭薬品をかけて、横の箱に入れる。
これでおしまい。
匂いもなくて快適でした

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
Panasonic LUMIX G MACRO 30mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S
LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.



テーマ : 山の花
ジャンル : 写真

tag : 蓬ヒュッテ

蓬峠の紅葉は

蓬峠

昨日今日と天気がよさそうだったので、蓬峠に行きました。
蓬峠は新潟と関東を結ぶ峠。
土樽駅から歩いて、土合駅まで歩くことができる。
峠には蓬ヒュッテという小さな山小屋があり1泊2日で歩くことができる。
(無理をすれば日帰りも可能だ)
この山小屋は昨年リニューアルオープンしたので、一度行きたかったのです。
今年の紅葉は頂上付近は早く、下はまだまだ。
きれいな部分がピンポイントで小さいのが今年の特徴のようです。

_A140360.jpg
ブナの黄葉

_A140450.jpg
ナナカマドの果実
真っ赤っか

_A140534.jpg
この夏から秋にかけて一番の青空
蓬ヒュッテも新品です
骨組みは昔のまま

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
LUMIX G MACRO 30mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S

テーマ : 山の花
ジャンル : 写真

tag : 蓬峠

紅葉と秘湯と山歩きのお誘い

メインに使っているカメラのCANON 5D MarkⅡも、
長く使ったので、そろそろシャッターユニットの交換が必要と思い、
銀座のキヤノンに持っていきました。
修理代もけっこうするのですが、まあフィールドで故障されても困りますから。
カツカレーを食べて帰りました。
あとは一日、来年のツアーの計画をして終わり。
あっという間に一日が終わります。

●山歩きのお誘い


日放ツーリストで高橋修が講師を務める、
紅葉と温泉を楽しむツアーを募集しています。
苗場山の山麓にある、3時間以上歩かないと、
入ることができない秘湯中の秘湯、
赤湯温泉に一泊するツアーです。
誰でも参加できます。

私以外にNHK文化センターでおなじみの久徳さんも同行。
自然湧出の温泉の露天風呂を楽しみましょう。
ほんもののランプの小屋。
山小屋ですが、ごはんがとてもおいしいです。

2016年10月18日~19日 2日間
山道を半日(コースタイムは3時間)程度歩ける体力と、
登山の装備が必要です。
ツアー代金38,500円

詳しくは日放ツーリスト、担当矢沢さんに。
(株)日放ツーリスト 電話:03-3481-7666 FAX:03-3481-7664

または私にメールしてください。

_MG_0361.jpg
なんといっても紅葉がすばらしい

_MG_0549.jpg
紅葉が温泉から楽しめます


_MG_0784.jpg
ワイルドな温泉です
源泉かけ流し

_MG_0895.jpg
ムードたっぷりランプの山小屋に宿泊


_MG_09222221.jpg
お米がおいしい!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード