FC2ブログ

クモマスミレ 木曽駒ケ岳の植物

クモマスミレ
(Viola crassa subsp. alpicola)
木曽駒ケ岳の植物


なぜでしょうか、
スミレが好きです。
まあ、ほかの花もほとんど好きですが・・・。

中でもお気に入りが、
このクモマスミレ
北アルプスと中央アルプスに固有。
きつい登りを越えて、
やっと到着する稜線に生えています。

クモマスミレは高山性のスミレなので、
葉が厚いのが特徴のひとつ。
紫外線を表面層ではじき、
乾燥にも強いです。
葉脈が葉の表面で窪むのも
クモマスミレの仲間の特徴です。
クモマスミレの特徴は、
葉にも花柱も無毛なこと。

この写真のクモマスミレ
岩場に生えていました。

_MG_22221350.jpg
クモマスミレ
雌しべの先端の形がおもしろいです


_MG_222221348.jpg
クモマスミレの果実
ぷっくりく太っています

Canon EOS 6D MarkⅡ

Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM




スポンサーサイト



テーマ : 高山植物
ジャンル : 写真

tag : クモマスミレ 木曽駒ケ岳

エゾシオガマ 木曽駒ケ岳の高山植物

エゾシオガマ 
(Pedicularis yezoensis)
木曽駒ケ岳の高山植物


エゾシオガマは中高アルプスに多い高山植物。
シオガマの仲間は、横から見ることが多いのですが、
エゾシオガマを真上から見てみました。
すると、らせん型をしているのがわかります。

同じ高山植物でも、
色々な面から見ていると新しい発見があります。


18-08-03_kisokoma-nagano-0397.jpg
エゾシオガマ
上から見るとらせん型
トモエシオガマもそうですが、
シオガマ類はみなそうですね。

Canon EOS 6D MarkⅡ
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM



山に行く前、登った後に読む本



テーマ : 高山植物
ジャンル : 写真

tag : 木曽駒ケ岳 エゾシオガマ

タカネツメクサ 木曽駒ヶ岳の高山植物

タカネツメクサ
(Minuartia arctica var. hondoensis)
木曽駒ヶ岳の高山植物


高山植物の中でも稜線の
環境が厳しい場所に生えます。
小さな花ですが、ステキな花です。
高山性砂漠のような場所が好きです。
小さいけど、美しくて大好きの花です。

高山植物のツメクサの仲間を
見分けるのはなかなか難しい。
一番よく似ているのはミヤマツメクサ。
葉の縁に小さい毛が
あるか無いかで見分ける。
毛が無ければこのタカネツメクサです。
毛があれば、ミヤマツメクサです。

ホソバツメクサも似ていますが、
葉はより細く、花弁の先端は尖っています。

18-08-02_kisokoma-nagano-0455.jpg
タカネツメクサ
葉の縁に毛がありません。


Canon EOS 6D MarkⅡ

Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

テーマ : 高山植物
ジャンル : 写真

tag : タカネツメクサ 木曽駒ケ岳

コケコゴメグサ 木曽駒ケ岳の高山植物

コケコゴメグサ
(Euphrasia kisoalpina) 
木曽駒ケ岳の高山植物


コケコゴメグサは小さな花だ。
中央アルプスの木曽駒ヶ岳の
山頂近くにひっそりと咲いている。
風が強く、背の低いコケモモやクロマメノキに
隠れるように生えている。
小さな小さな花を、
人には見つからないように、
でも元気に咲かせている。


木曽駒ケ岳の目的のひとつは
このコケコゴメグサ
小さくてかわいい花なのです。
前回見つけた時には、
つい「おー!コケコゴメグサだああ」
と声をあげてしまいました。
中央アルプスの固有種です。
この時期に、この山に登らないと
見ることはできません。
学名も木曽山という意味です。

漢字では苔小米草。
小さい米という名前に、
さらに苔という小さな植物という名前が付いています。
葉は長さ3~5mm。
花冠は長さ3.5~5.5mmと小さい。
実際はさらに小さいものがあると感じました。

木曽駒の稜線に生えています。
ここに沢山生えています。
でも写真だとほとんど見えません。

18-08-02_kisokoma-nagano-0383.jpg
これがコケコゴメグサ
非常に厳しい環境に生えます。
写っているのは、ほとんどが小さな木です。
クロマメノキやコケモモなど。
その間からコケコゴメグサは生えるのです。
しかし、これでは花は分かりません。
ここには実は10株以上生えているのですが、
わかりますか?

18-08-02_kisokoma-nagano-0392.jpg
ではぐっと寄ってみましょう。
これが、コケコゴメグサです。
花が小さくてまだ花がわかりません。
でも、ここにはも10個程度の
コケコゴメグサが咲いています。

18-08-03_kisokoma-nagano-0197.jpg
ここまで寄れば、
コケコゴメグサがわかりますね。
花は小さいけれどきれいです。
花の内側に黄色の蜜マークがあります。
これがコケコゴメグサの花のポイントになっています。
特徴は、葉など全体に腺毛が生えていること。
葉が裏面に反って、
膨らんでいるようにも見えます。
まさにコケコゴメグサ。
しかし、これだと大きく映しすぎて
コケコゴメグサのサイズがわかりませんね。


18-08-03_kisokoma-nagano-0226.jpg
小さな小さなコケコゴメグサのサイズが
このままではわかりにくいので、
自分の指を入れて撮影してみました。


小さくかわいいコケコゴメグサに
何とか会うことができました。
ありがとうコケコゴメグサ。
何とかまた、ずっと咲いていてくださいね。

Canon EOS 6D MarkⅡ

Canon EF24mm F2.8 IS USM
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM





テーマ : 高山植物
ジャンル : 写真

tag : コケコゴメグサ 木曽駒ケ岳

北海道の花 ケエゾキスミレ

北海道の花 ケエゾキスミレ

北海道ではスミレがたくさんさいていました。
オオバキスミレの変種。
葉に毛がたくさん生えています。
花は黄色。
始めてみるスミレですが、
ステキな花でした。

18-05-17_hidaka-hokkaido-0191.jpg
ケエゾスミレ

今日は「山岳写真同人四季」で「高山植物の撮り方」講座を行いました。

テーマ : 高山植物
ジャンル : 写真

tag : ケエゾスミレ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード