雨は心配だけだった、水元公園ボタハイ

水元公園ボタハイ

今日は水元公園ボタハイです。
昨日の天気予報では、今日の午前中は雨。

朝から雨。
しかし金町の駅に着くと雨は止んでいました。
参加者とバスに乗って、水元公園へ。
雨が止んだばかりで、朝咲いたばかりのツユクサがきれいでした。

小さな花を観察していたら、なかなか前に進みません。
珍しい花はないのですが、水滴の付いた葉やクモの巣、
など写すものもたくさん。

午前中だけのボタハイだったので、
あっという間に時間がたってしまいました。

ここはちょっと珍しい植物も多くあります。
しかし、タコノアシは茶色のものか緑のものばかり、
ゴキヅルは個体数が激減。
なかなか難しいですね。

気が付くともう昼過ぎ。
写真を撮っているとあっという間です。
今回も、人数が少なかったため、
ひとりひとり細かく撮影アドバイスができました。
充実した時間でした。

帰る前に、キンモクセイの花が咲いていました。
包まれるようで、とてもいい香りでした。



_A010060.jpg
ツユクサ(Commelina communis)
青い花がきれいです
水滴がついているのがいいですね
雄しべもおもしろい形できれい
水滴が写る位置を選んで撮影
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

_A010085.jpg
クモの巣に付いた水滴
クモの巣を下から見上げるように撮影
雨が降らないので、だんだん水滴はなくなっていく
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


_A010152.jpg
サイカチ(Gleditsia japonica)の果実(豆鞘)
昔は石鹸として使ったとのこと
木の幹は棘が多い
露出補正は+2とかなり激しくおこなった
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.

_A010176.jpg
コウホネ(Nuphar japonica)
漢字で河骨は地下茎が背骨のような形だから
広角レンズを使って、水面近くから撮影
空も少し入るようにして2次元の画面に奥行きを出すように撮影
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.


_A010182.jpg
コウホネの咲き始めの花
上のコウホネは満開
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


_A010209.jpg
タコノアシ(Penthorum chinense)
あまり赤くなった個体は少ない
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


_A010255.jpg
キンモクセイ(Osmanthus fragrans. var. aurantiacus)
とてもよい香りでした
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.


いやあ、雨の予報で長靴に大きい傘を持って出かけたのに、
これが無駄になってよかったです。
いい半日でした。
ボタハイ参加者の皆さん
ありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : ボタハイ 水元公園 タコノアシ コウホネ ツユクサ

ふう

なんか、うまくいきそうでうまくいかない、最後は残念で疲れた一日でした。

_MG_2039.jpg
ジョウビタキ
軽量な望遠レンズを買ってから、野鳥も撮影できるようになりました

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

デンキサクノムコウ

デンキサクノムコウ(電気柵の向こうには) 

_MG_7193_20120901232706.jpg
ちょっと遠いですが、マツムシソウが見事に咲いています

_MG_7205.jpg
電気柵のない場所は花が少なく、アキノキリンソウが咲いているだけ

 電気柵の向こうには、霧ヶ峰の他の地域では見られない光景が広がっていました。
 先日は美ヶ原で、今日は霧ヶ峰、と思って霧ヶ峰に来てみたのですが、花がたくさん咲いているはずなのに、ただ秋らしい草が風に揺れているばかり。おかしいな、と思ってうろうろしていると、電気柵を見つけました。シカの食害から守るための柵です。この中には、たくさんのマツムシソウが咲いていました。どうもシカの食害で、自然のマツムシソウは、ほとんど食べられてなくなってしまっているようです。
 電気柵の向こうにだけ、マツムシソウのお花畑が広がっていました。この電気柵に守られた小さなエリアが、以前の霧ヶ峰の姿をわずかに残しています。シカの食害は思ったよりも被害甚大です。

 霧ヶ峰であまり撮影できなかったので、また美ヶ原に戻り、山麓で撮影しました。むしろ標高を下げた方がシカが少ないのか花盛りで、美しいお花畑が出現していました。ナンバンハコベ、ヒキオコシ、ミツバフウロ、クサフジ、シデシャジン。とてもいい時間が過ごせました。
 帰りには松本によって、いつもの民芸洋食店「たくま」に行ってカツカレー定食。山の後はやっぱりこれですね。
 

_MG_6891_20120901232648.jpg
ゴマナがそろそろ満開

_MG_7407.jpg
ナンバンハコベ(Silene baccifera var. japonica)

_MG_7415.jpg
ナンバンハコベの花

_MG_7522.jpg
シデシャジン(Asyneuma japonicum)

●カメラ:
CANON EOS 5D Mark2
●レンズ:
CANON EF100mm F2.8 L マクロ IS USM 
シグマ MACRO 50mmF2.8 EX DG

テーマ : 山の花
ジャンル : 写真

tag : 高山植物 高原

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード