Cruckshanksia pumila  ROSITA アタカマ砂漠の植物

LLanos de challe-chili2_15-10-01-0334
クルクシャンクシア プミラ(Cruckshanksia pumila)
アタカマ砂漠の植物
 


スペイン語名 ROSITA ロシタ
アカネ科 クルクシャンクシア属

これまた、日本ではなじみのない名前です。
アカネ科・・・。
最初はトウダイグサ科かと思いましたが、
花の構造がまったく違います。
後で調べると、アカネ科だとわかったのですが、
なんだかしっくりきません。
草丈は3cmくらいの小さな植物です。
玉に直径20cmくらいの群落を作ります。
写真を見ているうちに、花の周りの黄色い花のように見える部分が、
はっきり葉だなとわかってきました。
そういえばコンロンカも木性ですがアカネ科です。
これでやっとふに落ちました。

砂漠の乾燥した礫地に点々と生えます。
花の近くの葉が黄色くなり目立ちます。
星状に5列する花冠には濃い黄色の模様があります。

llanos de challe-chili2_15-09-29-0505
咲き始めのクルクシャンクシア プミラ
優しい雰囲気です

LLanos de challe-chili2_15-10-02-0367
大株のクルクシャンクシア プミラ
ここまでゴージャスな株はなかなかありません
でも、花そのものは小さく、
株も直径20cm手のひら程度です


LLanos de challe-chili2_15-10-02-0358
花冠の模様がまたすばらしい

●明日から北アルプスの涸沢に行きます
 ブログの更新ができないかもしれません
スポンサーサイト

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : 海外 アタカマ砂漠

日光白根山のつもりが

senjyougahara-tochigi_15-06-17-0126.jpg
御田代原のカラマツ

戦場ヶ原

NHK 文化センター青山教室の講座です。
今日は、日光白根山の予定でしたが、丼も天気が安定しなさそうだったので、
戦場ヶ原のハイキングの変更にしました。 

これが大成功。
昨日は奇跡的に栃木を含む関東全域で局地的に大雨でしたが、
戦場ヶ原だけは3時までは、雨はほとんど降らず、涼風が吹いただけでした。
原はまだ春の風情でしたが、歩いていてとても気持ちがよい場所です。
いい1日ハイキングとなりました。
帰りには大雨。
鬼平の水ようかんを買って、佐野でラーメンを食べて帰りました。

senjyougahara-tochigi_15-06-17-0083.jpg
ふと、湿原の自然と静寂を楽しむ

senjyougahara-tochigi_15-06-17-0153.jpg
イブキトラノオ(Bistorta officinalis subsp. japonica)
イブキトラノオが咲き始めでつぼみがたくさんありました

senjyougahara-tochigi_15-06-17-0172.jpg
戦場ヶ原はまだ芽吹きの雰囲気

senjyougahara-tochigi_15-06-17-0081.jpg
ヤマオダマキ(Aquilegia buergeriana var. buergeriana)
森の中ではヤマオダマキが咲いていました

senjyougahara-tochigi_15-06-17-0050.jpg
ツマトリソウ(Trientalis europaea)
ツマトリソウはサクラソウ科
花びらのように見える花冠は7つに分かれます

テーマ : 高山植物
ジャンル : 写真

tag : ツマトリソウ ヤマオダマキ

晩夏の沼ッ原湿原

晩夏の沼ッ原湿原

 NHK文化センター青山教室の講座で沼ッ原湿原に行きました。
沼ッ原は栃木県の那須連峰西南部の山麓にある湿原です。
あまり大きな湿原ではないのですが、なかなか植物が多く、楽しい山歩きでした。

_MG_5912.jpg
花々に彩られた沼ッ原湿原の木道

心配していた雨は、まあけっこう降られましたが、特に問題ない程度でした。
咲いていたのは、サワギキョウ、エゾリンドウ、アキノキリンソウ、エゾシロネ、キンミズヒキ
ノダケ、ノコギリソウ、ゴマナ、アケボノソウなどなど。
帰りには那須の道の駅にて、ナスをたくさん買いました。
いい一日でした。

_MG_5740.jpg
タムラソウ(Serratula coronata subsp. insularis)
アザミに似ているが、刺がない

_MG_591223.jpg
サワギキョウ(Lobelia sessilifolia)
湿原、湿地に入る

_MG_5920.jpg
キンミズヒキ(Agrimonia pilosa var. japonica)
黄色の花が集まる
果実はかぎがあり「ひっつき虫」になる


_MG_5945.jpg
オオカメノキ(Viburnum furcatum)





テーマ : 高山植物
ジャンル : 写真

tag : サワギキョウ 沼ッ原 キンミズヒキ タムラソウ

台風一過

 台風一過のいい天気になりました。でも、ほとんど一歩も外に出ないでパソコンの前に向かって仕事をしていました。ああ、残念です。

_MG_9349.jpg
玉原湿原の草もみじ

あーどこかに行きたいなあ。

テーマ : 紅葉
ジャンル : 写真

tag : 玉原湿原

ミミカキグサ Utricularia bifida

ミミカキグサ Utricularia bifida

 ミミカキグサは湿原に生える食虫植物。なぜミミカキグサなのかは種の写真を見ればわかります。美しい曲線美の実。これを耳かきとたとえたのが名前の由来です。花も実もは3mmと小さいのですが、よく見るとなんともいえない美しい姿をしています。

_MG_8048.jpg
ミミカキグサの実
大きさは何とかなりそうですが、使ったら耳の中で折れそうです・・
下向きのシャベルのような形で使い勝手はよさそうです

_MG_8053.jpg
ミミカキグサの花
もうちょっとよく見てみないと、システムがわからないですね

_MG_8064.jpg
キミズミ
黄色い実のズミということのようですが、ズミよりも随分大きく、葉も違っていたような・・・。

_MG_8807.jpg
今日は雨のち晴れ
水たまりに、青い空と白い雲が写っています

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : 里山 ミミカキグサ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード