FC2ブログ

ザクロ

ザクロ

近所に、新築の建物があって、
そこにザクロの木がひとつ植えてあります。
ザクロの果実が、実って、
皮がはじけて中から赤い実が見えています。

これも深度合成撮影で、
ピントが果実の手前から奥まで合っています。

_0011940.jpg
写真は、あくまでテスト撮影ですので、
「きれい」というより、
はっきり、どこからどこまでが、
どのように写っているのかが大事なのです。

OM-D E-M1 Mark II 1
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


スポンサーサイト



テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : ザクロ 深度合成

若狭の湿原

若狭の湿原

先日歩いた若狭の湿原
広々として、気持ちよく、美しい。

多くの貴重な植物が守られて生きています。
ここの花は夏の終わりが最高です。
ミズトラノオはとても美しい花です。
今が満開。
雄しべは4本で毛が沢山生えています。
関東地方で見るのは非常に難しい植物です。

デンジソウも、この湿原を代表する植物。
これらの植物が見られます。


18-09-05_tsuruga-hukui-0397.jpg
こんな、美しい湿原があるなんて
日本も捨てたもんではありませんね。

雲を切り取らないように構図を確認
Canon EOS 6D MarkⅡ
Canon EF24mm F2.8 IS USM


18-09-05_tsuruga-hukui-0334.jpg
ミズトラノオ(Pogostemon yatabeanus)
シソ科。
湿原に生える。
草丈30㎝程度。
本州、四国、九州に分布。

花を背景から目立たせるような
位置から撮影
Canon EOS 6D MarkⅡ
Canon EF24mm F2.8 IS USM


18-09-05_tsuruga-hukui-0285.jpg
ミズトラノオ
雄しべは4本。
雄しべにたくさんの毛がある。
毛も紅紫色。
花穂の長さ2~8㎝。

Canon EOS 6D MarkⅡ
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM


18-09-05_tsuruga-hukui-0419.jpg
デンジソウ(Marsilea quadrifolia)
美しいシダ植物。
葉が4枚。
これを田の字に見立てたのが名前の由来。

水面に映る空を美しく表現
Canon EOS 6D MarkⅡ
Canon EF24mm F2.8 IS USM






テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : ミズトラノオ 湿原

Cruckshanksia pumila  ROSITA アタカマ砂漠の植物

LLanos de challe-chili2_15-10-01-0334
クルクシャンクシア プミラ(Cruckshanksia pumila)
アタカマ砂漠の植物
 


スペイン語名 ROSITA ロシタ
アカネ科 クルクシャンクシア属

これまた、日本ではなじみのない名前です。
アカネ科・・・。
最初はトウダイグサ科かと思いましたが、
花の構造がまったく違います。
後で調べると、アカネ科だとわかったのですが、
なんだかしっくりきません。
草丈は3cmくらいの小さな植物です。
玉に直径20cmくらいの群落を作ります。
写真を見ているうちに、花の周りの黄色い花のように見える部分が、
はっきり葉だなとわかってきました。
そういえばコンロンカも木性ですがアカネ科です。
これでやっとふに落ちました。

砂漠の乾燥した礫地に点々と生えます。
花の近くの葉が黄色くなり目立ちます。
星状に5列する花冠には濃い黄色の模様があります。

llanos de challe-chili2_15-09-29-0505
咲き始めのクルクシャンクシア プミラ
優しい雰囲気です

LLanos de challe-chili2_15-10-02-0367
大株のクルクシャンクシア プミラ
ここまでゴージャスな株はなかなかありません
でも、花そのものは小さく、
株も直径20cm手のひら程度です


LLanos de challe-chili2_15-10-02-0358
花冠の模様がまたすばらしい

●明日から北アルプスの涸沢に行きます
 ブログの更新ができないかもしれません

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : 海外 アタカマ砂漠

日光白根山のつもりが

senjyougahara-tochigi_15-06-17-0126.jpg
御田代原のカラマツ

戦場ヶ原

NHK 文化センター青山教室の講座です。
今日は、日光白根山の予定でしたが、丼も天気が安定しなさそうだったので、
戦場ヶ原のハイキングの変更にしました。 

これが大成功。
昨日は奇跡的に栃木を含む関東全域で局地的に大雨でしたが、
戦場ヶ原だけは3時までは、雨はほとんど降らず、涼風が吹いただけでした。
原はまだ春の風情でしたが、歩いていてとても気持ちがよい場所です。
いい1日ハイキングとなりました。
帰りには大雨。
鬼平の水ようかんを買って、佐野でラーメンを食べて帰りました。

senjyougahara-tochigi_15-06-17-0083.jpg
ふと、湿原の自然と静寂を楽しむ

senjyougahara-tochigi_15-06-17-0153.jpg
イブキトラノオ(Bistorta officinalis subsp. japonica)
イブキトラノオが咲き始めでつぼみがたくさんありました

senjyougahara-tochigi_15-06-17-0172.jpg
戦場ヶ原はまだ芽吹きの雰囲気

senjyougahara-tochigi_15-06-17-0081.jpg
ヤマオダマキ(Aquilegia buergeriana var. buergeriana)
森の中ではヤマオダマキが咲いていました

senjyougahara-tochigi_15-06-17-0050.jpg
ツマトリソウ(Trientalis europaea)
ツマトリソウはサクラソウ科
花びらのように見える花冠は7つに分かれます

テーマ : 高山植物
ジャンル : 写真

tag : ツマトリソウ ヤマオダマキ

晩夏の沼ッ原湿原

晩夏の沼ッ原湿原

 NHK文化センター青山教室の講座で沼ッ原湿原に行きました。
沼ッ原は栃木県の那須連峰西南部の山麓にある湿原です。
あまり大きな湿原ではないのですが、なかなか植物が多く、楽しい山歩きでした。

_MG_5912.jpg
花々に彩られた沼ッ原湿原の木道

心配していた雨は、まあけっこう降られましたが、特に問題ない程度でした。
咲いていたのは、サワギキョウ、エゾリンドウ、アキノキリンソウ、エゾシロネ、キンミズヒキ
ノダケ、ノコギリソウ、ゴマナ、アケボノソウなどなど。
帰りには那須の道の駅にて、ナスをたくさん買いました。
いい一日でした。

_MG_5740.jpg
タムラソウ(Serratula coronata subsp. insularis)
アザミに似ているが、刺がない

_MG_591223.jpg
サワギキョウ(Lobelia sessilifolia)
湿原、湿地に入る

_MG_5920.jpg
キンミズヒキ(Agrimonia pilosa var. japonica)
黄色の花が集まる
果実はかぎがあり「ひっつき虫」になる


_MG_5945.jpg
オオカメノキ(Viburnum furcatum)





テーマ : 高山植物
ジャンル : 写真

tag : サワギキョウ 沼ッ原 キンミズヒキ タムラソウ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード