パタゴニアとロゼットビオラ探訪 その19 ロゼットビオラにやっと会えた! 11日目 アンデス山脈最終日

パタゴニアとロゼットビオラ探訪 その19
ロゼットビオラにやっと会えた!
11日目 アンデス山脈最終日


チリではいろいろうまくいかないことがあります。
ガイドが花の場所をよく知りらないことがわかりました。
仕方がないので、花を探す場所を私が主体的に決めて、
持っている情報で、バスを走らせました。
そして、ロゼッタビオラがありそうな場所でバスを止め、
斜面に行ったとろ、遠くに小さな花が・・・。
ありました。
ロゼッタビオラです。

ロゼッタビオラの中でも小さい
ピリッピイ・スミレ(Villa Philippi)です。
花色は薄いピンク色。
小指の爪より小さいピリッピイ・スミレ(Villa Philippi)
スキー場のフカフカの砂礫地にありました。
側弁は無毛・・・。

もうサンチアゴの飛行場に戻る時間です。
残念ですが、これ以上探している時間はありません。
撮影時間もあまりありません。
かわいいピリッピイ・スミレ(Villa Philippi)に別れを告げて、
バスで後ろ髪をひかれながら、
サンチアゴの空港に向かいました。

あとは帰るだけ。
フライト時間は10時間と、12時間。
長い旅も終わりです。

17-12-17_El Colorado-Chile_00218
ひとりで山を歩いていると
花と目が合いました。
ピリッピイ・スミレ(Villa Philippi)です。
左側にピリッピイ・スミレ(Villa Philippi)の葉っぱも見えます。
土に似ているので見分けにくいですね。

17-12-17_El Colorado-Chile_00202
ピリッピイ・スミレ(Villa Philippi)は小さなスミレ
ロゼッタビオラとしても小さいスミレです。

17-12-17_El Colorado-Chile_00211
小指の爪の1/4くらいの大きさの
ピリッピイ・スミレ(Villa Philippi)の花のアップ
花はやっぱりスミレです。



続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : ピリッピイ・スミレ(Villa Philippi)

パタゴニアとロゼットビオラ探訪 その17 11日目 アンデス山脈最終日

パタゴニアとロゼットビオラ探訪 その17
11日目 アンデス山脈最終日


この日はチリを離れる日。
朝の散歩に行きました。
この散歩がすばらしい花に出会ったいい花散歩でした。

昨日の昼間にはしぼんでいた、
チャボツキミソウ(別名:ツキミタンポポ)が咲いていました。
(Oenothera acaulis)
アカバナ科。
山の斜面の荒れ地に生える。
地面すれすれに生える。
葉はタンポポに似ている。
花や日没後に開き、
翌朝ゆっくりしぼんでいきます。

17-12-17_El Colorado-Chile_00108
チャボツキミソウ 別名:ツキミタンポポ(Oenothera acaulis)
しぼんだ花が周りに倒れています。
ちょっとピンク色が付いています

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : チャボツキミソウ ツキミタンポポ

パタゴニアとロゼットビオラ探訪 その14 10日目 サンチアゴに移動後アンデスへ アフィニス・カランドリニア

パタゴニアとロゼットビオラ探訪 その14 
10日目 サンチアゴに移動後アンデス
アフィニス・カランドリニア


アンデスの山中で目についた植物で、
非常に美しい花がありました。
花の直径は5㎝もありました。
最初に見た個体は湿地に咲いていました。

直感で、キンポウゲ科と思ったのですが、
調べてみると、なんとスベリヒユ科(ポーラチュカ)の植物。
Calandrinia属(カランドリニア)なので、
なんとマツバボタンに近い仲間で、
カランドリニア属でした。
多肉植物ではありません。
 
植物って本当におもしろいですね。

17-12-16_El Colorado-Chile_00202
アフィニス・カランドリニア(Calandrinia affinis)

17-12-16_El Colorado-Chile_00267
アフィニス・カランドリニア(Calandrinia affinis)
花をアップで見るとスベリヒユ科のようです
とにかく美しい花でした。
ツアー中間違って説明していました。
すいません。

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : アフィニス・カランドリニア アンデス

パタゴニアとロゼットビオラ探訪 その11 9日目 パイネハイキング

毎日パソコンにかじりついて、
仕事をしています。


パタゴニアとロゼットビオラ探訪
その11 9日目 パイネハイキング


パイネ山群最終日。
午後に移動を開始し、プンタアレーナスに向かう予定です。
この日も雨。
でも懲りずに、この日も山を歩きます。
目的地は湖とパイネ山群の展望地なのですが、
さすがに何も見えません。
しかし、このコースは花がすばらしかったです。

17-12-15_Paine-Chile_00011.jpg
トリデンス・ムルグラエア(Mulguraea tridens )
園芸でいうところのバーベナ(クマヅラ科)。
葉は多肉植物のような鱗片状。
茎は木質化している。


17-12-15_Paine-Chile_00104.jpg
ムクロナタ・シラタマノキ(Gaultheria mucronata)
スペイン語名:CHAURA
果実もなっていたが、花も咲いていました。
果実は柔らかく、軽く甘酸っぱい。
写真のように白いものと、紅紫色のものがあります。
花は白く、下をむく釣鐘型。


17-12-15_Paine-Chile_00148.jpg
インカナ・エゾコウゾリナ(Hypochaeris incana)
キク科
白い筒状花と、伸びる雌しべが目立つ
高山性草原に生える。
草丈5㎝程度で低く、小さい植物。


17-12-15_Paine-Chile_00276.jpg
ボロニオイデス・アデスミア(Adesmia boronioides)
分厚い葉っぱのマメ科植物
バックの空色のは、ペオエ湖
草丈は50㎝以上~100cm。


パタゴニアを紹介した本

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : パタゴニア バーベナ

パタゴニアとロゼットビオラ探訪 その10 8日目 パイネハイキング

パタゴニアとロゼットビオラ探訪
その10 8日目 パイネハイキング


この日も一日雨時々曇り。
ちょっとだけ雲が切れて、パイネの名峰クエルノが見えました。
午後はグレイ氷河に行ってハイキング。
また違った植物を見ることができました。

17-12-14_Paine-Chile_00194.jpg
パタゴニア・パイネ山群。クエルノの主峰。
鋭く切れ込んだピークです。
夏ですが、昨晩雪が降ったようです。


17-12-14_Paine-Chile_00390.jpg
午後のハイキングはグレイ氷河。
氷河から流れ着いた氷山が青々と輝いていました。


17-12-14_Paine-Chile_00465.jpg
レクルバタ・ペレジア(Peerezia recurvata)
キク科
花色は白~青色。
草丈は5㎝程度。


17-12-14_Paine-Chile_00495.jpg
ノトロ Notro (Ciruelillo): Embothrium coccineum
ヤマモガシ科の木
赤い花が印象的。
蜜がたっぷりあり、
花を吸ってみるととても甘い




テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : パタゴニア ノトロ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2018年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード