南紀の植物 キイイトラッキョウとヤマラッキョウ

南紀の植物 
キイイトラッキョウとヤマラッキョウ


キイイトラッキョウは紀伊の名前が付いていますが、
南紀で見つかったから、キイイトラッキョウ。
実は、岐阜県あたりのほうが、たくさん見られます。
でも、紀伊半島で見たかったのです。
あちこちの川で探しましたが、
なかなか見つかりませんでした。
特に今年は、今年の台風の影響で激しく川が痛み、
渓流内の植物はだいぶ流されてしまったようです。

一枚岩の反対側の岩壁にキイイトラッキョウが咲いているという
ブログを見て、一枚岩に行ってみましたが、
残念ながら生えていたのはヤマラッキョウ
まあ、キイトイラッキョウとヤマラッキョウはよく似ています。
間違えても仕方ありません。

ヤマラッキョウとキイイトラッキョウの見分け方
このふたつの花はほとんど同じです。
雄しべの付け根の付属帯の形が少し違いますが、
そこで見分けるのは難しいです。

生育環境もちょっと違うようです。
キイイトラッキョウは、渓流で水の流れを強く受けるような場所、
ヤマラッキョウは川の流れとは関係ない場所。

簡単な見分け方は、葉を見ること。
ヤマラッキョウの葉の断面は三角形に近い五角形。
葉を触ると、はっきり角があります。
撮影した葉を見ても、角が見えます。


17-11-07_nanki-wakayama_00478.jpg
ヤマラッキョウ(Allium thunbergii)
花が平開し、葉が細い ヤマラッキョウ
岩場で垂れるように咲き、
キイイトラッキョウそっくりです

17-11-07_nanki-wakayama_00455.jpg
ヤマラッキョウの葉の断面
三角に近い五角形です
中は空洞


-------------------------------------------
キイイトラッキョウの歯の断面は丸形。
ネギやアサツキと同じです。
南紀で見たキイイトラッキョウは
渓流の横にある巨大な一枚岩にありました。

花茎も葉も、
岩から垂れさがるように生えています。
                         
17-11-10_nanki-wakayama_00054.jpg
キイイトラッキョウ(Allium kiiense)
写真だけだとほぼ見分けがつきません
でも葉をよくみると丸く、ヤマラッキョウとは違います

17-11-10_nanki-wakayama_00035.jpg
キイトイラッキョウの葉の断面
丸く中空
葉の断面以外では見分けが付きませんね




                                                                                                       
スポンサーサイト

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : キイトラッキョウ ヤマラッキョウ

南紀固有の植物 クルマギクとキイジョウロウホトトギス

南紀固有の植物 
クルマギクキイジョウロウホトトギス


南紀のツアーでは南紀固有の植物が
いくつか見られました。

クルマギクとキイジョウロウホトトギクは
10月に咲くのですが、何とか咲き残りが、
我々を待っていました。

17-11-10_nanki-wakayama_00032.jpg
クルマギク(Aster tenuipes)
岩壁だけに生える
花穂を垂らすように咲く
熊野川、古座川水系に分布

17-11-10_nanki-wakayama_00037.jpg
キイジョウロウホトトギス(Tricyrtis macranthopsis)
南紀の固有種
もう黄葉しています。
岩壁から垂れるように咲きます。
花がきれいなので盗掘されています。
ウナズキギボウシとスダレギボウシと混生していました。


17-11-10_nanki-wakayama_00040.jpg
何とかキイジョウロウホトトギスが一輪、
咲いて待っていてくれました

●2017年11月14日のボタハイは予定通り行います。



テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : キイジョウロウホトトギス クルマギク

イボクサ(Murdannia keisak)

イボクサの閉鎖花と開放花の果実

いろいろな植物に閉鎖花があるのを知りました。
イボクサはツユクサ科の植物。
花はとてもきれいです。

17-11-02_naruto-chiba_00267.jpg
目立つ大きく花茎が長いのが
イボクサの開放花の果実
よく見ると、その花茎の根元に
緑色の閉鎖花の果実が見える。
おもしろいですね植物!

2222222224.jpg

花期のイボクサ10月に撮影
このときは閉鎖花の存在に
気が付きませんでした。

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : イボクサ

台風一過

台風一過

長く影響していた台風が、
朝になると、一気に過ぎ去りました。

いつものフィールドを歩くと、
台風の風で、咲き始めたヒガンバナが、
折れて倒れていました。

IMG_1841222.jpg
ヒガンバナ(Lycoris radiata)
倒れてもなお美しいヒガンバナ

CCI20170918.jpg
本のお知らせ
日本の名峰DVD付きマガジン 五竜岳 DeAGOSTINI 
五竜岳で見られる高山植物のページを担当しています


CCI20170918_0001.jpg
佐々木正子ボタニカルアートグループ展のご案内
2017年10月13日(金)~19日(木)11:30-18:00 
最終日13:30分まで、 日曜休廊
日本を代表するボタニカルアートの佐々木正子さんを中心とした
すばらしいボタニカルアート展です。
市ヶ谷駅からすぐ



テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : ヒガンバナ

中部蛇紋岩帯の植物 シブカワツツジ

静岡~名古屋の蛇紋岩帯に行きました。
なかなか面白い植物があって楽しいですね。
今回のメインの植物はシブカワツツジ
そうはいっても、ジングウツツジと同じものと、
言われている。
でも自分の目でいっぺん見てみたい。
今日はシブカワツツジを見た、
完全野生のもの見た。
つやつやした大きいミツバが特徴。

明日は、ジングウツツジの花の状況を見てから、
大台ケ原に入山するので、
ブログは更新できないかも。

他にもカザグルマ屋ホソバシャクナゲなどの植物も見たこと。
シライトソウもすてきですね。

IMG_3332883.jpg
シブカワツツジ
てかてか光った三つ葉が特徴
紅色が濃い、紅紫の花。
今年はシブカワツツジの開花が遅いのに、
暑い日が続き
蕾があれば、かれた花もあるという、
あまりよい状態ではなかったが、何とか撮影。


IMG_3333083.jpg
シブカワツツジ
けっこう花はきれいです


IMG_3333231.jpg
ホソバシャクナゲ
今年はほとんど終わりです

IMG_3333191.jpg
カザグルマ
下からのぞいてみた
きれいな花です
カザグルマの花はたくさんありましたが
今年はもうおしまいのようでした

IMG_3332795.jpg
シライトソウ
此花も好きな花です
葉の鋸歯が波打ちます

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : シブカワツツジ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード