ドリドリ・・・ドリアン ドリアン好きですか

インドネシアで食べていたのが、ドリアンです。
ドリアン大好きです。
2回、腹いっぱい食べました。
ここのドリアンおいしいです。
スマトラ島では12月からがドリアンのシーズン。

IMG_1110042 (2)
ではj目のドリアン
けっこう目につきました
全体にトゲトゲ
野生状態ではオランウータンが食べるようです
このトゲ触るとけっこう痛いです

IMG_1110051 (2)
おいしそうなやつを割ってもらいます
最初は刃物を入れて後は・・・


IMG_1110060.jpg
ドリアンをばきっと手で割ります


111.jpg
あとは柔らかい果肉をぐっと持ち、
ズるっと飲み込むような感じで、口に入れます
甘く、不思議で複雑な香りが口に広がります。
ガイドのロニさん
いい男です。
スポンサーサイト

テーマ : 料理の写真
ジャンル : 写真

南紀のおすすめの宿

南紀のおすすめの宿

今回のツアーでは、ふたつの宿に泊まりました。
どちらの宿も、とても良い宿でした。

ひとつ目は湯の峰温泉湯の峯荘
本宮にお参りに行く前に入る温泉です。
ごはんもおいしいし、
温泉もいい感じ。
宿泊客の多くは欧米系の海外からの旅行者。
この宿で一番いいのは、
明るく親切なスタッフ。

17-11-08_nanki-wakayama_00048.jpg
夕食は温かく、おいしい物でした。
アマゴの塩焼きがこれまたおいしい。
私は長く渓流釣りをしているのでアマゴにはうるさいのです。

17-11-09_nanki-wakayama_00002.jpg
湯の峯荘の朝ご飯
よい旅館は朝ごはんがよいのです。
身が厚く、油がのりすぎないしまったアジの干物
豆腐の豆の味が濃いです


ふたつめの宿は月の瀬温泉ぼたん荘
古座川ノそばにある小さな宿
部屋や公共スペースは広々として清潔
スタッフもニコニコ
隣の温泉はアルカリ温泉で、美肌の湯。


17-11-09_nanki-wakayama_00414.jpg
タイのアラ煮や
南紀の地魚の刺身。
海の幸から夕食はスタート

17-11-09_nanki-wakayama_00417.jpg
そして、ジビエ料理になりました
イノシシのコロッケ、シカ肉のソーセージ
ジビエらしい野性味があっておいしいです


17-11-10_nanki-wakayama_00002.jpg
やっぱりここは朝ご飯がおいしい


17-11-10_nanki-wakayama_00004.jpg
アユの開きはアユの香りがよく
おいしいものでした。
自分で焼きます。

どちらの宿もいい温泉宿でした。
また行きたいですね。






テーマ : 料理の写真
ジャンル : 写真

tag : ぼたん荘

赤豌豆の赤飯

赤豌豆の赤飯

吉野で買ってきた赤豌豆で赤飯をたいてみました。
鞘に入った赤豌豆をひとつづつ剥いて、
お米に入れて炊いてみました。

炊きあがりは、なかなかきれいな赤飯でした。
味も豆ごはんとしてはとてもおいしく、
最高のご飯でした。
なかなか手に入らない、
生の赤豌豆ですが、
またあったら買ってみたいです。


IMG_5032.jpg
赤エンドウ豆買ってみました
まだ鞘に入っています
鞘入りだとおいしいですね


IMG_5037.jpg
熟した赤エンドウ豆の鞘
パンパンに膨らんでいます


IMG_5041.jpg
鞘を開けると、
中からぷりぷりのマメが
まだパンパンに張っています
大きくなりすぎて、四角っぽくなっています

IMG_5046.jpg
むいてむいてむいて
やっとここまでできました


IMG_5057.jpg
ただごはんに入れて炊いただけです
こんなにおいしそうな赤飯になりました
赤エンドウ豆も柔らかくておいしい
いいご飯でした。





tag : 赤えんどう豆

海藻を食べる

海藻を食べる

ここだけの話ですが、私カミングアウトします。
私は海藻がけっこう好きです。
新潟の寺泊港で生ワカメと生ナガモ
(別名アカモク、ギバサ、ギンバソウ)
を合計3Kg以上買い込んでしばらく食べていました。
主食は海藻です。
栄養のバランスを考えて、ほかにもちょっと食べています。

生ワカメは茶色です。
一見おいしそうに見えないのですが、
お湯の中に入れると、一瞬でさっときれいな緑になります。
普段見慣れたワカメの緑色は、
すでに熱処理されたものだったのです。

生ワカメの食べ方はしゃぶしゃぶが好みです。

沸かしたお鍋に出汁汁を入れ、
さっと洗った茶色の生ワカメを入れるだけ。
数秒のうちに取り出して、
そのまま食べます。
味付けはワカメに含まれたミネラルたっぷりの塩分だけ。
広がる磯の香りと、パリパリの歯ごたえ。
じんわりと広がる優しいうまみ。
これだけですが、この後に豚のロース肉を入れます。
生ワカメ生ワカメ、豚ロース肉、生ワカメ、豚ロース肉。
お好みでポン酢科、ゆずこしょうもよいでしょう。

IMG_5474.jpg
生ワカメラーメン
本物の生ワカメは茶色です
熱を加えないと緑にはなりません
ちなみに麺より生ワカメのほうが多いですので
麺を掘り出して写真を撮りました


生ナガモ(別名アカモク、ギバサ、ギンバソウ)は、
固い茎をしごいて、茎を外し、
熱湯に穂織り込んで1分以内に網にあけます。
冷水で冷やして、マナ板において、
軽くたたきます。
たたき過ぎると粘り気が強くなりすぎるので、
ころよい塩梅でやめときます。
ゆであがって、冷水で洗ったへぎそばを温め、
丼に入れて、その上にナガモをたっぷりのせて、
あつあつの麺つゆをかけて、
ヌルヌルでおいしいナガモそばのできあがり。

17-04-04_komaba-tokyo_05585.jpg
ナガモそば
ながもが多すぎてそばが見えません・・・

これで3Kg 近くダイエットに成功。
いやあ、海藻って本当にいいものですね。





tag : 海藻 ナガモそば 生ワカメ

神津島の食べ物

神津島は太平洋に浮かぶ人口1900人の島。
海産物と明日葉、少しの野菜以外は
本州から運んできたものが多いようです。
そのようなわけで、神津島でおいしいものといえば、
やはりおさかな。

泊まった宿や、港にある漁協の食堂でいろいろ食べました。
一番たくさん食べたのは、島寿司。
島寿司というのは、白身魚などを醤油で漬けて、
わさびの代わりにカラシを使ったお寿司のこと。
八丈島でもたくさん食べました。

_17170017.jpg
島寿司
魚は白身のメダイ


_MG_11118787.jpg
ランチの煮魚定食
今日はキンメダイ一匹の煮つけ
おいしい!
お腹いっぱい

_MG_11118524.jpg
旅館(民宿)の夕食
タカベの焼き魚、クロムツの煮つけなど、
魚が丸ごと2匹
マグロの若魚のお刺身などなど

_MG_1119054.jpg
タカベの塩焼き
オナガダイ、キンメダイ、メダイの白身魚の刺身
オナガダイとキンメダイは甘くおいしい



●ボタハイ通信

2016年08月26日(金) 目黒自然教育園撮影ボタハイ (半日)

植物撮影術基本中心です。
公園でゆっくり植物写真を撮影しましょう。
群落の撮影、花の超アップの撮影など。
少人数限定。
●参加費用:3,500円(交通費は含みません)
●最小催行人員:5名
●グレード:散策。
●集合場所:JR目黒駅 改札前
●集合時間:08月26日(金)09時00分
●解散予定:自然教育園正門 正午ころ
●持ち物:観察道具、飲み物など。
●予定:目黒駅から歩いて自然教育園へ。ゆっくりと園内を歩き、正午頃駅に戻ります。    
●左のメールフォームからメールでお申し込みください。

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : 神津島

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2018年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード