FC2ブログ

やんばるの植物 クロミノオキナワスズメウリ

やんばるの植物 
クロミノオキナワスズメウリ
 (Zehneria guamensis)


沖縄で見た植物を紹介します。
果実が黒い名前そのものの植物です。
花は小さく、直径5mm程度。

_MG_4440381.jpg
いかにもウリ科らしい生え方。
クロミノオキナワスズメウリです


_MG_44440390.jpg
クロミノオキナワスズメウリの雌花
もう、果実になる子房がくっきり出ています。


_MG_4440376.jpg
クロミノオキナワスズメウリ


Canon EOS 6D MarkⅡ
Canon EF24mm F2.8 IS USM
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
スポンサーサイト



テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : やんばる クロミノオキナワスズメウリ

やんばるの植物 ルリハコベ

やんばるの植物 
ルリハコベ(Anagallis arvensis)


ルリハコベは地中海原産の帰化植物。
沖縄など暖かい場所を中心に帰化しています。
ルリハコベの面白いのは、
まず花弁。
花弁の縁に、細かい腺毛があります。
花は直径3mm程度ですから、
肉眼ではほとんど見えません。
雄しべの毛もきれいです。

_MG_4430295.jpg
ルリハコベ
これでも10倍程度に拡大しています


_MG_4440295.jpg
上の写真を拡大しました
花弁の縁にある腺毛が見えます。


_MG_3330295.jpg
雄しべの毛
毛からは細胞が見える

Canon EOS 6D MarkⅡ
Canon MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト
Canon スピードライト270EX II



ボタハイ通信
山歩き水曜ボタハイ


山歩き水曜ボタハイは、
2019年3月に終了する
NHK文化センター水曜日の講座を
引き継いで行います。
植物写真を撮りながら、
山歩きを楽しむ日帰り講座です。
ピークに登ります。
他のボタハイよりも歩きます。
バスを利用する場合は、
ワリカンになるので、
人数が多くなると安くなります。

ボタニカル・ハイキング(ボタハイ)は、
高橋修の主催する植物写真講座です。
申し込みはfindeln●gmail.com(●を@に変えてください)
または左のメールフォームから。

4月24日(水)神奈川県 箱根浅間山
山歩き水曜ボタハイ
 現地集合解散 

小涌谷駅から最初は車道を歩きはじめ、千条の滝から山道に入り登り始める。小湧谷分岐から浅間山に登る。尾根を続けて歩き、城山を通り、鎌倉古道の湯坂道を下る。湯坂山を抜けなだらかな尾根を下り、最後の急坂を下ると箱根湯本の町に入り、箱根湯本駅に到着する。
●講座料:1日6,000円
●最少催行人員:5名 
●グレード:低山登山、何度もアップダウンがあり、距離もある。
●集合  :箱根登山鉄道小涌谷駅改札前集合 10時00分。
●交通  :07:56東京駅発JR新幹線こだま637号・新大阪行8:30小田原着→8:48発     
 →9:02着9:05箱根湯本発9:40小涌谷着
小田急新宿駅7時38分ロマンスカー箱根3号→箱根湯本9:21着。09:25発→小涌谷着
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、飲み物、昼食
●16時ころ解散予定なので、解散後温泉入浴も可能です。入浴セットをお持ちください。


5月15日(水)群馬県 鳴神山 新宿駅西口集合解散 
山歩き水曜ボタハイ
マイクロバス利用

バスで大滝登山口へ。急な杉林を登り、カッコソウなどたくさんの花を見ながら登る。
山頂は広くはないが、展望はすばらしい。椚田峠に下り、コツナギ橋に下り、車道をバスへ。
●講座料:1日5,000円(交通費は含まず。バスの場合交通費ひとり9,000円程度)
●最少催行人員:10名 
●グレード:低山登山、アップダウンがある。登山道に岩場など歩きにくい場所もある。
●集合  :新宿駅西口工学院大学前07:30出発。18:30頃解散予定   
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、飲み物、昼食


6月12日(水)群馬県 赤城山 荒山 新宿駅西口集合解散
山歩き水曜ボタハイ
 小型バス利用

バスで小沼へ。ミズナラの森を歩き軽井沢峠へ。
急な岩が多い坂道を登ると荒山の山頂。急坂を長く下り、
ヤマツツジとレンゲツツジが多い荒山高原に出て、暗い森を箕輪へ下ります。
●講座料:1日5,000円(交通費は含まず。バスの場合交通費ひとり9,800円程度)
●最少催行人員:10名 
●グレード:低山登山、アップダウンがある。登山道に岩場など歩きにくい場所もある。
●集合  :新宿駅西口工学院大学前07:30出発。18:30頃解散予定   
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、飲み物、昼食

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : ルリハコベ

奄美の植物リュウキュウスズカケとタンゲブ

今回の奄美で細い林道でしか咲いていなかった花がありました。
ちょっと変わった花なので紹介します。

18-11-18_amami-kagoshima-0093.jpg
リュウキュウスズカケ(Veronicastrum liukiuense)
ゴマノハグサ科クガイソウ属
花色は写真のような紅紫色のものと、
白っぽいものがあります。
山の林縁などに生えます。
花はもうほとんど終わりで、
わずかに咲いている花でした。


18-11-18_amami-kagoshima-0056.jpg
タンゲブ(Cyclocodon lancifoliu)
キキョウ科ツルギキョウ属
これも見たかった花です。
ほとんど果実ばっかりで、
これも一輪だけが咲いていました。

植物を見せていただいた山下様
ツアーに参加していただいた皆様、
ありがとうございました。


花歩き・山歩きボタハイ 
以前から続いている講座のグループ中心のボタハイです。
花を見ながら、写真をゆっくりとりながら、とてもゆっくり歩きます。
岩場などの危険な場所は歩きません。
申し込みはfindeln〇gmail.comへ。(〇を@に変えてください)、または右のメールフォームから連絡してください。


1月22日(火)神奈川県衣笠山スープハイキング 
現地集合解散

●講座料:1日6,000円
●最少催行人員:5名 
●グレード:標高差が少ないハイキング、距離はあります。
●集合場所:JR横須賀線衣笠駅改札前集合
●集合時間:10時45分 
●日程:駅から歩きはじめ、公園のように整備された衣笠山へ。展望のよい場所でランチ。暖かいスープを用意しますので、カップ(お椀)とスプーンと自分の分のパンとサラダやハムなどの副食をご用意ください。スープ用の水を200g程度お持ちください。
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、水、カップ・お椀、スプーン、パンなど。

2月12日(火)高麗山ハイキング 
現地集合解散

●講座料:1日6,000円
●最少催行人員:5名 
●グレード:標高差が少ないハイキング、何度もアップダウンがあり、距離もあります。
●集合場所:JR東海道線大磯駅改札前集合 
●集合時間:9時00分。07時41分東京駅発JR東海道本線・熱海行き 8時49分大磯着
●日程:駅から歩きはじめ、なだらかな山道を歩き、小さな山をいくつか縦走しながら、また大磯駅に戻ります。時間があれば、ケーキ店の鴫立亭などに立寄りたいと思っています。
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、飲み物。

3月18日(月)19日(火)2日連続
オオミスミソウ・ハイキング 
現地集合解散

2日連続ですから、どちらか1日で帰ることもできます。
●講座料:1日7,000円
●最少催行人員:8名 
●グレード:標高差が少ないハイキング、距離も短いコース。

●集合場所と時間:3月18日(火)JR上越新幹線長岡駅新幹線改札前集合:9時45分
 07時48分東京駅発JR上越新幹線Maxとき305号・新潟行き 9時32分長岡着

●集合場所と時間:3月19日(水)JR上越新幹線燕三条駅新幹線改札前集合::9時55分
 07時48分東京駅発JR上越新幹線Maxとき305号・新潟行き 9時43分燕三条着
●日程:
3月18日(月)駅からタクシーなどで観察地へ。里山の軽いハイキングです。オオミスミソウの群落や、コシノカンアオイなどの早春の花を楽しみ散策します。現地解散、またはタクシーなどで長岡駅へ行き解散4時ごろ。
2日連続の場合は弥彦温泉または燕三条駅前泊。
3月19日(火)燕三条駅からタクシーなどで観察地へ。前日宿泊の場合は、タクシーなどで直接観察地の駐車場へ。オオミスミソウの群落やコシノコバイモなどの早春の花を楽しみながら軽い低山歩き。現地解散、またはタクシーなどで燕三条駅へ行き解散4時ごろ。
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、二日連続の場合は宿泊に必要なもの。

すぐに返事ができないと思いますが、よろしくお願いします。

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : 奄美

石垣島の植物 コウトウシラン

石垣島の植物 
コウトウシラン


コウトウシラン(Spathoglottis plicata)
コウトウシランは八重山諸島などに分布する美しいラン。
明るく、少し乾いたような場所に生える。
一年中だらだらと咲くようですね。

コウトウシランは今までも何度か見ていますが、
なぜか見た場所からはすぐなくなってしまいます。
今回は石垣島コウトウシランの群生を発見しました。
草地の斜面に、たくさん生えていました。

咲き始めの個体から、だいぶ終わったものまで、
様々なステージのものがありました。
コウトウシランすばらしい花でした。

コウトウ(紅頭)は台湾の地名。
ここで発見されて、シランに似ていることが名前の由来でしょうか。

18-07-04_ishigaki-okinawa-0398.jpg
草地に咲くコウトウシラン
日本の野生蘭としてはけっこう大きい


18-07-04_ishigaki-okinawa-0380.jpg
コウトウシランの花
花の下部には、もう果実ができていました。


18-07-04_ishigaki-okinawa-0407.jpg
コウトウシランの花のアップ
日本の野生蘭とは思えないほど
美しいランです。
園芸植物としても人気です。
盗掘も多そうで、残念です。
自然のものは自然の中で見るのが一番

Canon EOS 6D MarkⅡ

Canon EF24mm F2.8 IS USM
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM


明日からまた出かけます。
また、ブログ更新できないかもしれません。



テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : 石垣島 コウトウシラン

石垣島の旅

西表島ボタハイ(ボタニカル・ハイキング)は無事終了し、
石垣島で無事解散しました。
私はそのまま石垣島で植物探訪の旅を続けました。
色々な琉球、八重山の食材と料理を食べました。

ミミガーのイリチー、ソーキソバ、なかみ汁などの珍しいものから、
フーチャンプル、八重山そば、ゴーヤチャンプルなど。
もっと珍しい、ノコギリガザミやリュウキュウイノシシなどは
もうすでに紹介していますのでご覧ください。

20180714192006d28.jpeg
ミミガーの炒め物
ミミガーとは豚の耳のこと
軟骨でコリコリして
独特な食感が楽しめます。
もやしとにらが絶品です。

20180714191954a67.jpeg
なかみ汁
なかみとは内臓のこと。
沖縄ではよく豚の内臓を食べます。
ホルモンスープといたところでしょう。
臭みがまったくなく、ここはどの内臓の部分であろうかと
考えあ、そうぞうしながら食べました。

18-07-04_ishigaki-okinawa-0592.jpg
ソーキソバ
沖縄そば(八重山そば)にソーキを乗せたもの
ソーキとは豚のあばら骨を煮たもの
硬い骨の場合もあり、軟骨の場合もあります。


18-07-01_ishigaki-okinawa-0148.jpg
八重山そば
沖縄そばの八重山版。
あまり変わりませんが、細かい肉とナルトなどが
細かく刻んで出ることが多いようです。
出汁は基本的に、カツオブシに塩味です。


18-07-01_ishigaki-okinawa-0152.jpg
フーチャンプル
お麩と卵や野菜、島豆腐を混ぜた炒め物。
戻したお麩が中心のおかずです。
野菜などのうまみを麩が吸っておいしい!

18-07-01_ishigaki-okinawa-0146.jpg
ゴーヤチャンプル
もう説明の必要はありませんね。
肉のようなものはランチョンミートです。
そんなに苦くないです。


201807141919443fb.jpeg
パイナップル!
夏の西表島と言えば果物!
それもパイナップルがおいしいです。
この時期はピーチパインの最盛期。
安くておいしいパイナップルが沢山。
ピーチのような甘く、よい香りが特長です。


ああ、八重山のご飯はおいしかったなあ。
さしみも沢山食べました。
マンゴーは今年は不作だったのが残念でした。
食も楽しい八重山の旅でした。





テーマ : 今日の独り言
ジャンル : 写真

tag : 西表島 石垣島

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード