広角マクロを試す VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング その3

広角マクロを試す 
VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング その3


広角マクロは難しそうなので、
超拡大マクロ撮影を試してみました。
キヤノンEOS M3に
VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リングを、
2枚重ねて装着しました。
接点が悪いのか、電源が切れたりしましたが、
おおむね良好。

拡大率が2倍程度と高いのですが、
ピントが合う場所ではオートフォーカスがききます。
さすがに以上に暗いのでストロボが必要です。
しかし、非常に軽いので、
手軽に超クローズアップ撮影をするのには
いいのではないでしょうか。

_MG_2229580.jpg
撮影はこの状態です。
VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング


IMG_9635.jpg
トリミングしないでこのくらいまでアップにできます。
これはチャボタイゲキ (Euphorbia peplus)
帰化植物です。
今頃咲いています。
草丈は30cm程度。








スポンサーサイト

テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : チャボタイゲキ 機材 VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング

広角マクロを試す VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング その2

広角マクロを試す 
VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング (エクステンダー)
その2


近所の公園では、ジンチョウゲが咲き始めて、
ふわりとよい香りがした。
VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング
今日も試してみました。

やはり寄らないと使えないようです。
もう少し薄い中間リングがあるといいのですが。
これはこれでおもしろいですね。

IMG_9588.jpg
ジンチョウゲの花
アップで撮るのはいいですが、
絞ってもピント面以外はボケボケです。

レンズ EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM
VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング
EOS M3

IMG_3339606.jpg
オオイヌノフグリ
これくらいなら背景も写ります。
レンズ EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM
VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング
EOS M3

VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング記事その1はこちらから


テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング 機材

広角マクロを試す VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング その1

腰の状態がよいので、
少しずつフィールドに出て、
撮影をしようと思っています。
今日は新しい機材を試してみました。

広角マクロを試す
VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング
エクステンションチューブ
その1



VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング
というものです。
エクステンションチューブとも言います。
キヤノンEOS Mシリーズのレンズとボディの間に挟んで、
最短撮影距離を短くして、普通のレンズをマクロレンズのように、
マクロレンズならより拡大率を上げるように使います。

不便な部分も多く、だれにでもおすすめできるものではありません。
ですが、うまく使えると、
軽量で拡大率の高いマクロ撮影ができ、
なかなか便利な代物なのです。

中間リング(エクステンションチューブ)を使うと。
超近距離しかピントが合わなくなります。
遠くの物にピントが合わなくなります。
レンズのすぐそばにピント面があるので、
レンズの影ができやすい、
などの不便なところがあります。
いちばん難しいところは、
メーカーの想定以外のことをするため、
解像度が落ちること。

実際使ってみると、
中心部はまあまあですが、
周辺がちょっと乱れますね。
使えなくもないですが、
大きく印刷するには向いていないかもしれません。
普通に撮影するなら十分です。
しかし、超広角マクロ撮影なら
こんなものかもしれません。
広角で撮影すると寄りすぎて、
背景をあまり入れることができず、
広角の意味があまりないのが残念です。


_MG_2229572.jpg
VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング
中国製です。
アマゾンで購入。
シンプルな売り方。
VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング(エクステンダー)は。
軽くて持ち歩くにはいいいです。
前後キャップはついていません。
金属がアルミ合金なのか軽くていいです。
耐久性は目をつぶります。
装着時にはカチッと閉まるし、
力もいりません。

_MG_2229580.jpg
マクロレンズにVILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング を2枚とも装着。
倍率は2倍程度にはなったでしょうか・

_MG_2229582.jpg
広角レンズにVILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング10㎜を装着
薄いチューブしか付けられません。


IMG_2226756.jpg
オオイヌノフグリ
28㎜マクロISに接写リング2枚ともつけて撮影


IMG_2226775.jpg
ホトケノザ
28㎜マクロISにVILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング を2枚ともつけて撮影

IMG_2226799.jpg
ホトケノザ
11-22㎜の広角レンズに装着
広角マクロで下から見上げる感じで撮影。

VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング その2はここをクリック




テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : VILTROX DG-EOS M電子AF 接写リング

オリンパスのレンズ 小さな花テスト  M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

オリンパスの望遠レンズのレンズテスト
小さな花も撮ってみよう
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO


オリンパスの300mmF4望遠レンズのテストをしました。
今回は近所で小さな花の撮影をしてみました。

今レンズの特徴は、撮影対象の近くに寄れること。
それで、小さな花もとれるかやってみました。
小さい花の代表格、コミカンソウを撮ってみます。

マクロレンズではないのですが、何とかなりそうです。
しかしピントが恐ろしくシビア。
手ブレを抑えるのも難しい。
100㎜マクロの数倍、気を使います。

しかし、うまくはまったときは、
非常にシャープでかっちりして、
バックはボケボケななかなかよい感じです。
しかしそれだけではありません。
なぜか、立体感があるのです。
オリンパスはマイクロフォーサーズなので、
立体感は出にくいのですが、
300㎜F4は立体感が出るのですよね。

_9010242.jpg
コミカンソウ(Phyllanthus lepidocarpus)
300㎜F4なので、
そうとう離れて撮影しなければならないので、
その分難しいです。
最短撮影距離は1.4m。
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

_9010252.jpg
ナツメ(Ziziphus jujuba var. inermis)
クロウメモドキ科
このようなごちゃごちゃしたものでも
立体感があります。
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

_9010256.jpg
メドウセージ(Salvia guaranitica)
ピントが合うとすごくしっかりした感じ。
質感もよく出ています
青もきれいに出ました。
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II


_9010273.jpg
メドウセージ
ボケがちょっと独特ですね。
1/125 秒; f/4.5; ISO 320
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II


_9010285.jpg
クズ(Pueraria lobata)
クズの葉
背景の光の丸ボケの確認です
大きくまん丸できれいです
1/320 秒; f/4.5; ISO 320
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II

_90102853.jpg
クズの葉、上の写真を切り出してアップにしてみました。
上の写真ではわかりませんが、
葉脈がくっきり出ています。
このレンズ恐ろしく切れ味がいいですね。
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 《納期約1−2週間》
価格:290616円(税込、送料無料) (2017/9/8時点)




テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

オリンパスの望遠レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

オリンパスの望遠レンズ 
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO


オリンパスの望遠レンズM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
野鳥撮影で定評のある望遠レンズです。
最短撮影距離が短く、植物写真にも使えそうなので、
このレンズで撮影してみました。

2017年の夏は毎日のように天気が悪いのです。
半日天気が持ちそうなので、
早速、目黒の教育自然園へ行ってみました。

300㎜の超望遠レンズの中でも小型軽量のレンズです。
それでもけっこう重いです。
ぎりぎり手持ちで撮れるかなあ、といった感じです。
また、300㎜で最強の手ブレ補正が、
オリンパスのOM-E EM-5 MarkⅡなどに
限定でついています。
この効き目はすばらしい。
それでも少し暗い場所では、
シャッター速度が遅くなり、
ブレ写真を量産してしまいました。
被写体ブレもあるでしょう。
ブレのない写真ができる可能性が高くなるくらいだ、
と考えるのがよいと思います。

それでもきっちり止まっている写真も多く、
撮れた写真は超望遠レンズならでは。
解像度も高く、またちょっと違った表現も可能です。

遠くの黄に絡んだツル植物のアップ撮影など、
色々なシーンで活躍しそう。

1212121212121.jpg
ヤブラン(Liriope muscari)
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROは前ボケもきれい
バックはボケボケ
小さな花でも撮影可能

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II


1212121212132.jpg
イイギリ (Idesia polycarpa)
イイギリの葉が光に透けて美しい
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROで絞り開放で撮影
ピント面が薄く、
よく見るとぼけている場所も多い。
このため、立体感が出ます。
逆光にも強いですね

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II


1212121212142.jpg
ナンバンギセル(Aeginetia indica)
このレンズは圧縮効果が強く、
絞ると、かっちりした写りです。

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II


1212121212152.jpg
コバノカモメヅル(Vincetoxicum sublanceolatum var. sublanceolatum)
高い場所に生えているヨシに絡んだコバノカモメヅル。
手の届かない遠くの小さい花の撮影に強いです。

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II


12122212122222.jpg
ヌスビトハギ (Hylodesmum podocarpum subsp. oxyphyllum)
ごちゃごちゃした背景もスッキリ

M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 《納期約1−2週間》
価格:290616円(税込、送料無料) (2017/9/8時点)




テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード