南紀から帰ってきました。

やっと南紀から帰ってきました。
忙しかった日々は続きます。
たくさんの南紀あたりでしか見られない花を
見ることができました。

詳しくは後日。

IMG_0122.jpg
アサマリンドウ
リンドウの中で一番好きな花です
スポンサーサイト

tag : アサマリンドウ

ハキダメギク(Galinsoga quadriradiata)

ハキダメギク(Galinsoga quadriradiata)

かわいそうな名前の花ですが、小さいけれどかわいい花です。
白い小さな舌状花が美しい。
花の下の総苞には、腺毛がたくさん生えています。

IMG_1110030.jpg
ハキダメギク

雨が多くてあまり撮影ができません。
晴れてても忙しくて、撮影に行けませんが・・・
トホホ。

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : ハキダメギク

小さな花咲くマンテマ

マンテマ(Silene gallica var. quinquevulnera)

バタバタ忙しくやっています。
やっとゴールデンウィークの予定を決めました。
「遅い!」と怒られそうですが・・・。

マンテマはヨーロッパ原産の帰化植物。
ナデシコ科。
江戸時代に観賞用に導入されて、
逸脱して野生化したもの。
萼は花後に膨らむ。
IMG_8244.jpg
マンテマ
Canon EOS M3
Canon EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM 
内蔵ストロボを軽く当てている
絞りは絞り込んでf10
28㎜マクロレンズなので、
花だけにピントが合っているが、
ボケはちょっと濁っています

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : マンテマ

山梨県の里山の花

_4250123.jpg
キヨスミミツバツツジ
(Rhododendron kiyosumense )

雄しべにも雌しべにも毛がない。
花柄にも毛が少ない。
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro



NHK文化センター青山教室の講座「花歩き山歩き」
の野外講座で山梨の里山を歩きました。
一日いい天気。
すばらしい花また花で、いい一日でした。
驚いたのは、ここに今咲いているミツバツツジは、
なんとすべてキヨスミミツバツツジでした。
キヨスミミツバツツジは、トウゴクミツバツツジと似ていますが、
見分け方は、雌しべに毛があるかないの科で見分けられます。
キヨスミミツバツツジには雌しべに毛がなく、
トウゴクミツバツツジは雌しべに毛がありません。
両方のミツバツツジとも、雄しべは10本です。

温かく風もなく、花もたくさん。
山も変化に富んでいていい一日でした。

NHK文化センター青山教室の講座「花歩き・山歩き」に興味がある方は
ここをクリック

_4250066.jpg
ザレた登山道を登る
3点確保になるほど
厳しい山ではありません
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.


_4250158.jpg
ヤマイワカガミ(Schizocodon ilicifolius var. intercedens)
白い花が美しい
葉は楕円形

_4250342.jpg
ヒカゲツツジ(Rhododendron keiskei)
もう少し咲き過ぎていました


_4250393.jpg
イカリソウ(Epimedium grandiflorum var. thunbergianum)
イカリソウと語り合うみなさん

花を手前に大きくぼかして
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.


_4250531.jpg
フデリンドウ(Gentiana zollingeri)

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
LUMIX G MACRO 30mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S



_4250108.jpg
サルマメ(Smilax biflora Siebold . var. trinervula )
小型のサルトリイバラ

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
バックをぼかして絞りはF4程度

今日は天気が良かったですが、
明日の講座はどうなることやら。
雨天コースに行く予定ですが・・・。

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : キヨスミミツバツツジ

対馬の植物

対馬ボタハイ

対馬の植物はユーラシア大陸系の植物と
日本列島系の植物が交じり合う不思議な場所です。
おもしろいのはユーラシア大陸系の植物。
日本では対馬でしか見られまい植物です。
小さな島ですが、素晴らしい植物がたくさん生えています。
しかし近年開発や、盗掘により植物が減っています。
まことに残念なことです。

対馬の旅は、少人数グループだけで行うスペシャルボタハイでした。
とにかく花花花。
日がある限り花の撮影を楽しみました。
参加された皆さま、ありがとうございました。

対馬。
いいところです。


IMG_3335887.jpg
シハイスミレ(Viola violacea var. violacea)
西日本に多いスミレ
とてもきれいなスミレだ

IMG_3336120.jpg
スミレ(Viola mandshurica)
対馬にもスミレも多い
タチツボスミレが一番多かったです
対馬はスミレの島です
低い位置から撮影し、スミれらしさをだした

IMG_3336011.jpg
オオチョウジガマズミ(Viburnum carlesii var. carlesii)
対馬、四国、九州に自生する
海の近くの岩場に自生していた
厳しい岩場を登って撮影


IMG_3336458.jpg
コバノミツバツツジ( Rhododendron reticulatum)
西日本に多いツツジ


IMG_3335836.jpg
ゲンカイツツジ(Rhododendron mucronulatum var. ciliatum)
玄界灘を中心に分布するツツジ
対馬では海岸から山上まで広く生える
花はよく開く
ツツジとしては早めに咲く


テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : 里山

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード