南紀の旅で南紀ウィルスに感染

南紀ウィルスとは

_MG_3705_20100930233428.jpg
緑の植物はすべてミズネコノオ。花はほぼ終わっている

 南紀はひと月で2回も行ってしまいました。1回目よりも2回目のほうが植物写真を撮る時間もあり、事前に情報もあったので、さらに有意義なものになりました。色々見えてくると、今度は時期を変えて行ってみたくなります。今回は遅かったシチョウゲやキイセンニンソウ、これから咲きそうなクルマギク、キイジョウロウホトトギス、アサマリンドウ。ウナヅキギボウシも、結局ちゃんと撮れなかったです。
「あー、また来なくちゃ!」と思ってしまいます。そう、これが「南紀ウィルス」に侵された状態なのです。南紀のよさは、海があり、日本最高の清流(個人的に)があり、農薬を使ってない水田があり、深い森があり、断崖絶壁があるという自然のバラエティの豊富さが最大の魅力です。植物は、世界でここだけにしかないキノクニスズカケなどの固有種や、紀伊半島、四国、九州を分布の中心とするソハヤキ要素の植物、ハマナツメなど海浜植物、帰化植物が少なく昔ながらの水田に生える日本在来の植物、などなど驚くほど豊かな植生が、普通に生えていることなのです。昔の日本はこうだったのかな、と思います。世界各地で植物を見ていますが、日本にもこんなにいいところがあったのか、と感動するくらいすばらしいところです。
 そうは行っても南紀でもいい場所はほんの一部です。1回目に行ったときに情報もなくただ「あそこがよさそうだぞ。」と思って入った、車道で簡単にキノクニスズカケを見つけました。だから、キノクニスズカケなんかどこにでもあるのだろうと勝手に思っていましたが、今回いろいろ山の中を探ってもなかなか見つかりません。最初の感がいかにラッキーだったかがわかりました。いい環境の場所は南紀でもけっこう限られているのです。
 南紀で気に入ったものは他にもあります。それは渓の美しさ。水がきれいで、泳ぎたくなるほどです。泳いでいるボウズハゼやモクズガニのハサミの毛まではっきり見えるほど。たいてい景色もよく、こんないいところは他にありません。

_MG_3579.jpg
清流の水中を歩くモクズガニ

 食べ物もおいしいです。やっぱり海のものがおいしいです。アンロクメ寿司(海藻で巻いた寿司)、サンマ寿司、勝浦漁港に水揚げされた生マグロ、釜あげシラス。UFOパイ、もうで餅、鈴焼きなど甘いものもたくさんあります。

・・・・・・

ハマナツメ
浜棗

和名 ハマナツメ
学名 Paliurus ramosissimus
科名 クロウメモドキ科ハマナツメ属
花期 7~9月 高さ 2~4m
環境 海の近くの湿地やその付近

ナツメに葉の感じが似ていて、浜にあるのでハマナツメ。ただしナツメとは見がずいぶん違い、直径2cm弱の平たい円錐形。若い枝には棘がある。三重以西に分布するが非常に少なく、埋め立てなどに寄り絶滅の危機にある絶滅危惧植物。


_MG_2518.jpg
ハマナツメの花と若い実、ははつやがあり3本の葉脈が目立つ

_MG_2544.jpg
花、雄しべが大きく反り返るのが特徴

_MG_2571.jpg
果実はUFOのような円盤状

_MG_2692.jpg
まだ若い木


カメラ キヤノン EOS5D Mark2
レンズ シグマ  50mm F2.8 DGマクロ 
    キヤノン EF100mmLマクロIS f2.8
         カールツアイス ディスタゴン *T2.8 28mm 
スポンサーサイト

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 里山

雨の筑波山はいいのだろうか

雨の筑波はいいでした
_MG_4227.jpg
紅葉し始めたツタウルシ

 9/28に筑波に登ってきました。天気は一日雨。こんな日にに登ってもつまらないのでは、と普通は思うでしょう。でも昨日の歩きは違いました。静かで幽玄な筑波はとってもステキな山だったのです。残念ながら暗くて、いい状態の花は少なく、あまり写真は撮れませんでした。でも、なぜだか気分がよかったです。
 理由のひとつに、まず筑波山そのものの自然のすばらしさがあげられます。暗く様々な種類の木が生える森、ところどころにある草地、岩場。豊かで、多様性に富んだ自然があります。オクモミジハグマの花が多く、モミジガサ、カシワバハグマ、アサマヒゴタイ、キバナノアキギリ、ジャコウソウ、ツクバトリカブトなどが咲いていました。ダイモンジソウも咲きはじめ。
 もうひとつ雨の筑波山がすばらしい理由は、一日雨の天気予報のため、山に人がいないことです。山の中を歩いていて、誰ひとりとして会うことはありませんでした。この筑波山の自然を我々だけでひとり占めです。自然の中に入っていくには、やっぱり人は少ない方がより楽しめるのは当然です。花の種類はけっこうありましたが、登山道からちょっと離れているものが多く、なかなか撮影しにくいのだけが残念でした。
 雨の中、食べるお昼ご飯はつらいもの。お弁当を持っていたので、御幸ヶ原の食堂でキノコ汁を頼み、おにぎりをほおばりました。ここはけんちんうどんもおいしいです。
 雨の日の山歩き、避けていませんか。雨の日の山歩き、きっと気持ちがいいですよ。雨の日の山歩き、自然と深くかかわりたい人におすすめです。雨の日の山・・・。

_MG_4188.jpg
雨の中咲いているオクモミジハグマ。頭花は3つの筒状花の集合体

_MG_4196.jpg
シキミ(ミカン科)の実

2010.09.28NHK文化センター青山教室の講座「花歩き・山歩き」の講師として歩く

カメラ キヤノン EOS5D Mark2
レンズ シグマ  50mm F2.8 DGマクロ 
    キヤノン EF100mmLマクロIS f2.8

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

tag :

うれしさは中の上なり南紀再訪

南紀再訪、リベンジも半分成功
_MG_3059.jpg
キノクニスズカケはかなり花期が長い

 そんな訳で、また南紀に行ってきました。どういう訳や!というツッコミが入りそうなので説明します。9月の上旬に南紀に植物の撮影に来ていたのですが、その時の撮影データを不注意で消してしまい、貴重な写真を失ってしまったのです。このまま放置すると、残念な思いがいつまでものこることと、前回撮影できなかった植物に再チャレンジするため、また南紀に行くことにしたわけです。旅行中はブログを更新できませんでした。
さて結果としては、キノクニスズカケはまだいい状態の花もあり再撮にまあ成功。他にも色々撮り残したものを撮ったり、南紀の環境がよくわかったりして、南紀再訪は、とてもいいものでした。残念なのは、ウナヅキギボウシだけが、花の盛りがとうに過ぎていて写真が撮れなかったことです。
 天気はあまりよくなかったですが、前回のように暑くはなく、例年通りの気持ちのいい気候でした。ただ初日だけですが何故かはわかりませんが、蚊が恐ろしく多く、「蚊に刺された!」と思って腕をたたくと一回で3匹の蚊を殺すほどの密度の濃さ。前回一匹も蚊を見なかったので、蚊に対する防備をあまりしていませんでした。一日で数十個所を刺されて、近年最大の一日に蚊に刺された日でした。翌日完全防備で行くと、今度は一匹しか蚊は出てきませんでした。
 自宅から高速道路を400kmさらに国道をながーく走り、片道7時間以上。これを二往復ですから約30時間程度往復に時間がかかったことになります。遠いよ南紀よ。でも、山の植物、海岸植物、水田植物などは関東地方では決して見られない原始的な力強さで生き生きとしています。行ってよかった。これが今回の感想です。蚊に刺されてかゆいのはほんの数時間、トラックに囲まれて夜の高速を走るのも数時間の我慢だけですから。

_MG_3070.jpg
イワタバコもまだ咲いていました


カメラ EOS5D Mark2
レンズ キヤノン EF100mmLマクロIS f2.8

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 里山

データ復旧半分の結果

データ復旧半分の結果
 
 昨日、撮影データが消失していたことが発覚しました。昨日今日とデータを復活させるべく、色々やっていたのですが、コンパクトフラッシュの中に残っているデータを復旧する「レスキュープロ」というソフトを使って、失くした日のファイルで、午後の分だけは復旧されました。しかし、ウナヅキギボウシやキノクニスズカケといった、珍しい種類を撮影したのは午前中だったので、一番重要な撮影データを失ってしまったことになります。パソコンのハードディスクのどこかに残っているかもしれませんが、それはかなり大変なことなので、また次回撮影に行くことにしました。
 それでも、また南紀。遠いです。でもまあ、とてもいいところだし、行く口実ができていいか、と意味なくポジティブに考えてみました。これからは、うっかりミスもしないようなシステムを考えようと思います。

今日も神奈川の野生植物を紹介します

_MG_1782.jpg
ちょっとヤレた感じのクサネム

クサネム
和名 クサネム
学名 Aeschynomene indica
科名 マメ科クサネム属
花期 8~9月 草丈 0.5~1m
環境 河原や水田など湿地に近いようなところ
葉がネムノキに似ているかる付いた名前。小葉は20~30対。今年の猛暑でやられたのか、葉もだいぶ傷んでいた。だらだら長期間咲くのか、花も実も蕾もある。花は直径1cmほど。

_MG_1769.jpg
花は淡い黄色で中心部は赤みがかかる

_MG_1775.jpg
小葉の数が非常に多い

 

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 里山

ゴキヅル

デジタルデータの怖さ

 今日、パソコンに入れてある撮影データを見て愕然としました。1日分のデータファイルが消えています。それも先日南紀に行ってキノクニスズカケやウナヅキギボウシをはじめ南紀の貴重な植物を撮影したデータ20GBくらいの写真数百カットの写真ファイルがありません。私はカメラで撮影したメモリーカードのコンパクトフラッシュ(CF)のデータを、まず一度パソコン(ミラーリング)に移し、ある程度取捨選択をしてから外付けハードディスク2つに同じデータを保存し、ちゃんとデータが移行していることを確認してから削除しているのですが、外付けハードディスクにまだ移し終わっていないファイルを移行済みのファイルと合わせて消去してしまったみたいなのです。CFはすでに初期化しデータを消してしまいました。今、修復すべくスキャニングをしています。フィルム時代は考えられないことですが、デジタルデータはちょっとした不注意で時間をかけて撮影してきたものがほんの一瞬でなくなってしまいます。デジタルに移行した初期以外では初めての痛恨のミスです。いつも最新の注意をはらっているのですが、何かの拍子にこんなことが起きてしまうことは恐ろしいことです。同じ時間に戻ることは決してないので、記録がなくなってしまうのは本当に残念でした。今では写真は100%デジタルカメラでの撮影です。これからはさらに気をつけていかなければ。

追記:200枚くらい復帰できましたが、キノクニスズカケやウナヅキギボウシのあるファイルはありませんでした。ショボーン。

●今日は大雨で撮影に行きませんでした。先日の神奈川県の植物を紹介します。

_MG_1857.jpg
水辺で見ることが多いゴキヅル

ゴキヅル
合器蔓
和名 ゴキヅル
学名 Actinostemma lobatum
科名 ウリ科ゴキヅル属
花期 8~9月
草丈 2~4m
環境 水辺、草地

水辺の草原などに生えるツル植物。野菜のゴーヤを100分の1にしたような、でこぼこのある紡錘形の実が特徴。実は縦に二つに割れ、これを合わせた器に見たてた。中には大きめの果実がふたつ入っている。雄花と雌花がある

_MG_1954.jpg
雌花(上)雄花(下)が並んで咲く

_MG_1885.jpg
雌花正面。雌しべの下部が緑色で膨らんでいる。退化した雄しべがある

_MG_1882.jpg
雌花後ろから。小さい実になる部分が既にある

_MG_1873.jpg
雄花正面。雌しべがない

_MG_1888.jpg
雄花裏側から。すっきりシンプル


 ところで、今日いつも見ている昆虫写真家の新開孝さんのブロクを読んでいたら、「植物写真家高橋修さんのブログを毎日のように読んでいる」と書いてありました。同姓同名の植物写真家がいる!と一瞬びっくりしましたが、どうやら私のことのようでした。そりゃそうです。新開孝さんのホームページは撮影のことから昆虫のことまでとても勉強になるので、いつも楽しく読んでおりますが、そこに私が登場するとは思ってもいませんでした。

 
カメラ EOS5D Mark2
レンズ キヤノン EF100mmLマクロIS f2.8
    カールツアイス ディスタゴン *T28mm 2.8

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

tag : 里山

涼しい山歩きは

涼しい山歩き

 涼しくて気持ちよかったですね。青空もありましたが雲も多く、霧雨がミストシャワーのようで寒いくらいでした。山頂に吹く風は「山の空気はかくありき」というぐらい透明で、強すぎず弱すぎず、ほんとうに気持ちよいものでした。さらに富士山をはじめ、すばらしい展望。目線を下に向けると、はるか先に虹が見えました。何もかもに恵まれました。
 北八ヶ岳の隠れた名山にゅうに登っていました。にゅうとは変わった名前ですが、名前の由来はわかりません。現地の看板でも「にゅう」「ニュー」「にう」と名前すらぶれています。「ニュー中山」という道標がありました。これは「にゅう」と「中山」へ行く道の案内板のはずですが、ぱっと見ると「ニュー中山」という地名か店名のようです。
 登山口となる白駒池入口はもう標高2000m近く。Tシャツ一枚では寒いくらいです。リンゴの「津軽」のL玉が11個入って1000円と激安。ひとつかじってみましたが、甘みが強く、さわやかな酸味で、柔らかな果肉。おいしかったです。

_MG_6471.jpg
コケの美しいシラビソの森。静か

 歩き出すと、八ヶ岳らしいシラビソの森にコメツガとダケカンバが混じった森は、コケが大変美しく、時々さしてくる光にきらきらと輝いています。平日でハイカーや観光客が少なく、深山らしい荘厳な雰囲気に包まれていました。ずっと森の中のゆるやかな登りで、途中、白駒湿原がいいアクセントになります。だんだん勾配が急になってきました。小雨がぱらっと落ちてきます。でも雨具を着るほどではありません。汗をかくこともなくコケに包まれた森を着実に進みます。やがて森の向こうに光が見えてきました。パッと開けると、山頂直下の肩の部分に出ました。「オーツ」と思わず声を上げてしまいました。富士山がドンと正面に見えたのです。岩場の山頂に登ると、すぐ上空に雲があるものの、富士山、奥秩父、佐久平などの広々とした展望が広がりました。「山はいい!」としか言えません。ただひとりでハイになっていました。
 帰りには自由農園に寄って地場産野菜の買出しです。「ルバーブ」などの珍しい野菜や「ジゴボウ」など山のキノコも並んでいました。今日は中秋の名月。帰りのバスからは右に左に、満月に近いお月様がずっと並んで走っています。心の中でウサギがピョンピョン跳ねています。が、八王子から突然の渋滞。事故でもなく、ただの平日なのになぜこんなに車が多いのでしょうか。明日が休日だからでしょうか?月は都会の明かりの中に消えてしまいました。やっと高井戸が近づいてきました。いつになったら新宿に帰れるのでしょう。隣には成田空港行きのバスがつかず離れず併走し、イライラした空気を運んでいます。
 ふと見上げると、またお月様が併走していました。お月様っていつ見てもきれいですね。急に渋滞も解消されました。

NHK文化センター青山教室講座「関東ゆっくり山歩き」講師として歩く

_MG_6559.jpg
にゅうからの富士山。暗い雲がかかっていた

_MG_6494.jpg
ほんの一部ですが紅葉の始まり。サラサドウダン

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 山歩き

神奈川の自然

 神奈川の自然は思ったよりも豊かです。今日は本当にそう感じました。田園風景、手の入っていない元気な河原色々な環境が息づいています。しかし、今日はまた暑かったですね。それでも一日河原と田んぼを歩きました。昨日、高尾のA.J.さんから電話でお誘いがありました。予定があったのですが、変更して一緒に植物の撮影をしました。いやー、いい一日でした。たくさんの植物を見て、撮影しました。どの植物もみな元気でとってもステキでした。A.J.さんとその愉快な仲間たちと歩いたのですが、ひとりで歩いたのではわからない発見があったり、無視しがちなイネ科やカヤツリグサ科の植物(もうほとんど忘れてしまいましたが)を教えてもらったり、なかなか充実した一日でした。(みなさんありがとうございました)
 特に印象的だったのはアサザ、トチカガミ(?)、ミズオオバコなどの水草と、今が盛りのつる草、それと小さな花を咲かせる田んぼの植物でした。たくさん撮ったので、ぼちぼち紹介していこうと思います。
 田んぼには様々な植物が生えていました。除草剤が使われているのか、ほとんどイネ以外は生えていない田んぼもありました。生物多様性とは何か、ということを考えさせられました。生物(植物)多様性のある田んぼは美しかったです。しかし、イネが生えているだけの田んぼもきれいではありますが、美しくはないですね。生物多様性は発見がいっぱいあって楽しいです。

アサザ
Nymphoides peltata
ミツガシワ科アサザ属

_MG_1632.jpg
葉の形と模様に特徴がある

昼になると閉じてしまうようだが、個々のミツガシワは昼過ぎまで元気に咲いていた。水元公園のアサザは11時にはもう閉まっていましたが。カンカンでりで暑くて、条件はほぼ同じなのですが。
_MG_1638_20100922002613.jpg
花弁の周りのレース状のものが美しい

_MG_1579.jpg
かなりたくさんの花が咲いていた

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 里山

シュウブンソウとレモンエゴマ

シュウブンソウとレモンエゴマ

 地味な花が並びました。そうとう花好きでないと、どんな花か思い浮かばないのではないでしょうか。両方の花は、ともに残暑厳しい高尾山の林の中で咲く植物です。花の大きさはごく小さく、たくさん集まってやっと咲いているのが見える、といった感じの花です。
 今日は、南高尾に行きました。なんとなく、先日歩けなかったので、リベンジしようと思ったわけです。京王線に乗って、高尾山口の駅に着くと、すごい人です。高尾山はあきらめ、南高尾の草戸山に行くことにしました。相変わらず暑い日が続きます。ヤブカもワンワンいっています。ちょこちょこ写真を撮りながら歩きました。ここを歩くのは久しぶりです。人は少なくてとてもいい尾根歩きです。天気はあまりよくないので、展望もありませんでした。
 草戸山から草と方面に戻り、梅木平方面へ下りました。途中の沢でシュウブンソウとマツカゼソウ、ツリフネソウなどが咲いています。少し下ると、レモンエゴマが咲いていました。ゆっくり時間をかけて、この花を撮ります。葉や茎を触りながら撮影しましたので、周りにレモンエゴマのいい香りが漂ってきました。ふわふわさわやかで自然ないい香り。花の香りに囲まれた撮影はいいですねえ。春のニオイタチツボスミレの撮影もいい感じだったなあと思い出しました。途中からは車道を歩きます。何かいい花はないかしら・・・。向こうから、犬の散歩をしている人が向かってきます。でかい犬?なんか違うと思っていると、なんと向かってきたのはブタでした。それも大型犬くらい大きなブタ。夕方の散歩でしょうか。狭い歩道でお互い通り過ぎました。ちらりとブタを見ましたが、ブタには無視されてしまいました。

シュウブンソウ
キク科シュウブンソウ属
Rhynchospermum verticillatum

秋分のころ咲くから、秋分草。
_MG_1302.jpg
写真にしにくい植物だ

_MG_1324.jpg
花のアップ



レモンエゴマ
Perilla frutescens var. citriodora
シソ科シソ属


触るとさわやかな不思議な香りが。でもレモンの香りではありません。

_MG_1490.jpg
エゴマに似ていて、葉を触るとレモンの香りがするという

_MG_1432.jpg
花穂。花のひとつひとつは小さい

_MG_1429.jpg
ちょっと変わったいい香りがする葉

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 里山

撮影は今日もお休み

撮影は今日もお休み

 明日から、怒涛の撮影旅行に出かけようと思っていたので、今日もお休みです。神保町のサカイヤスポーツに行ってウェアなどを買って帰りました。たまには体と心を休めないと、後で数日寝込むなんてことになりかねません。今年は暑すぎましたからね。みなさんも無理をなさらぬよう。
 今日も、スイスの植物を紹介します。

_MG_4931.jpg

インテグリフォリア・サクラソウ

和名 インテグリフォリア・サクラソウ
科名 サクラソウ科
学名 Primula integrifolia
花期 6-7月
草丈 2~6cm
環境 高山帯の草原

雪融け後すぐに咲き始める。草原を埋め尽くすような大群落になることもあり、とても美しい。サンモリッツ周辺などのスイス東部~中部に分布。花に比べて葉は小さい。鋸歯はないまたは小さく、細かい毛が生える。

_MG_4756.jpg
花はほかのヒルスタ・サクラソウに似ているので、葉に切れ込みがないことを確認

_MG_4826.jpg
雪解けすぐに咲いていたインテグリフォリア.サクラソウ
遠くからでも紅紫の絨毯が見えた



_MG_5735.jpg
スイスのスーパーマーケットのチョコレート!

毎年スイス・アルプスのハイキングツアーを企画しています。
自分で計画して行くスイス旅行は楽しいです。
ツアーですが、お土産物屋には寄りません。時間がもったいない!
買いたい人は夕方の自由時間に買いに行きます。
お土産はスーパーマーケットで、スイスでしか買えない食べ物を買うことが多いですね。



カメラ EOS5D Mark2
レンズ キヤノン EF100mmLマクロIS f2.8
キヤノン TS-E24mmLf3.5

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

撮影はお休み

撮影はお休み

 毎日のように野生植物を撮影していますが、なんとなく今日はお休みです。ほんとは出かけようと思っていたのですが、朝調べたら高速道路が大渋滞していたのであきらめました。近場は暑そうです。まあ、やることはあるので、主にパソコンに向かって一日過ごしました。

●今日もスイス・ヨーロッパアルプスの植物を紹介します。

クエフェリ・キンポウゲ

barumu-furance_07-06-10_31487.jpg
花は白いがキンポウゲらしい。でも葉はちょっとキンポウゲらしくない

和名 クエフェリ・キンポウゲ
科名 キンポウゲ科
学名 Ranunculus kuepferi
花期 6-7月
草丈 5~20cm
環境 高山帯の草原 

別名ピレネー・キンポウゲ。葉がキンポウゲらしくない直線的な葉で葉脈も直線的。 数はそれほど多くなくグリンデルワルト周辺、シャモニ周辺でわずかに見られる。

barumu-furance_07-06-10_31489.jpg
花はキンポウゲそのもの

barumu-furance_07-06-10_31492.jpg
葉脈は平行に長く伸びる






barumu-furance_07-06-10_30983.jpg
モンブランの朝焼け

barumu-furance_07-06-10_31206.jpg
スイス、フランス国境バルム等下に立つ、バルム小屋。ビールがうまい



カメラ EOS5D Mark2
レンズ シグマ50mm F2.8 DGマクロ 
    キヤノン EF100mmLマクロIS f2.8

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2010年09月 | 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード