延々と

パソコンに向かっています

_MG_8108.jpg
よく晴れた冬の多摩川

 今度、講演をするのですが、数日前から写真を選んだり、レジメの文章を書いたりしています。
文章を書くのに案外時間がかかります。色々調べながら書くのは大変です。でも、その分新しいことを知ったり、気がついたりして、それは楽しいことです。
 とか言いながら、午前中は多摩川に行きました。寒くて、あまり撮るものもなかったのですが。でもちょっとでも屋外にいると、気分が晴れます。

_MG_8088.jpg
カラスノエンドウがもう春の準備をしていました
スポンサーサイト

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 河原

バンザイ!アジアカップ優勝

サッカー日本代表優勝

 日本代表が2011年アジアカップで優勝しました。昨晩は遅くまで起きて、最後まで試合を見てしまいました。これまでにない緊迫したいい試合でした。一番印象に残ったのは、試合が終了して皆が喜び合うなか、決定打となる李のシュートを生んだ、正確なパスを出した長友が、骨折して戦線を離脱した10番香川のユニフォームを掲げて走っていら映像でした。優勝の興奮のさなかですら、ともにたたかった友を思う気持ちにちょっと感動して、「う、う、う」となってしまいました。

 今日は1月中にやらねばならないことがあり、ずっとパソコンとプリンターと闘っています。

10-03-30_kurete spili  pm_07105
そんなわけで、クレタ島のランです。バンザーイ!

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 海外

ギリシア・クレタ島

春の花のクレタ島

 3月にまたクレタ島へ行く予定です。春のクレタ島は最高です。花が多くて、暖かくて、食べ物おいしくて。スギの花粉もありません。
 今回はスピリという山村に行きます。(クレタ島には2.000mを超す山がたくさんあります)ここは私の一番お気に入りの村です。去年クレタ島の東の端から西の端まで行きましたが、一番気に行ったのがこのスピリ。山の雰囲気があって、小さなチャペルがあって、通りに机を出しておじさんがいつ見てもコーヒーを飲んで、話し込んでいます。たぶん「民主主義はソクラテスの時代から変わっていない。政治家は・・・」なんてしゃべっているのでしょう。時間が停まっているかのようです。
 山のふもとにあるので、湧水が豊富。クレタ島で一番おいしい水がざあざあと湧き出ています。この水を汲むために水筒を持ってくる人がいるほどです。あまりに気に入ったので、去年は2回泊まりました。今年行けば3回目です。刺繍店のおばさんは元気かな。民宿のおじさんは・・・。楽しみです。
 
p00254.jpg
スピリの町。歩くと10分で抜けてしまいます

p00255.jpg
スピリ近郊の小さな教会

p00256.jpg
白い石灰岩の岩山。ここにたくさんの花が咲くのです

p00257.jpg
ランの花はたくさんあります

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

tag : 海外

冬の水元公園の植物

寒々とした水元公園

 「ヒクション!」もう花粉症でしょうか。
 水元公園は東京都の東部にある、自然の川を利用した広大な公園で、水生植物が豊富です。昨年もオニバスなどの写真を撮りに何回か行きました。さすがに冬はあまり撮るものがありません。
 ふと見るとハンノキがありましたよく見ると雄花が風に揺れています。ということはもう花粉を飛ばしているようなのです。うむ、先ほどのくしゃみの原因はこれか・・・。

p00246.jpg
水元公園

ハンノキ

榛の木

和名 ハンノキ
学名 Alnus japonica
科名 カバノキ科ハンノキ属
花期 11~4月
高さ 10~20cm
環境 低湿地、湿原など水分が多いところ

 他の木は生えにくいような、地下水位の高く、水分が豊富な場所に生え、高く伸びる。冬芽の葉芽は芽鱗がなく蝋質のもので包まれているだけの裸の状態。ヤシャブシには芽鱗がある。雌花、雄花も裸の状態。冬から早春の暖かい日に開花し、硬い雄花の冬芽が伸びて、葯が露出し、だらりとぶら下がって花粉を放出する。葉の表面には毛がない。裏面は衆脈の基部に毛がある。

p00248.jpg
水元公園のハンノキ

p00250.jpg
葉芽は裸芽。よく見ると葉の折りたたんである部分が見える

p00249.jpg
雌花芽

p00253.jpg
まだ硬い雄花芽。下には雌花も見える

p00252.jpg
雄花が大量に咲いていた

p00251.jpg
拡大して見るともう葯が見える。花粉を出すのはあと少し

p00247.jpg
ハンノキの樹皮

●撮影カメラ 
EOS Kiss X4
●使用レンズ 
キヤノン TS-E17mmL f4
キヤノン EF100mmLマクロIS f2.8 
カールツアイス ディスタゴン *T 2.8 28      

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

tag : 公園

丹沢前尾衛峰 南山の雑木林

地味な山歩きもいいもんだ

p00241.jpg
宮ヶ瀬湖を望む

 南山は、神奈川県相模原市にある人造湖の宮ヶ瀬湖の北側にある雑木林の山。知る人ぞ知る、といった地味な山です。実際山で会ったのはほんの2~3人だけ。
 鳥屋から車道を少し歩く。登山口からいきなり階段。木の階段なので、今朝の冷え込みで、階段の木に霜が降りています。木に霜が降りている箇所は滑りやすくて怖いところ。事故が起こらないだろうか、と心配になります。これからもこれが続くと思うとぞっとします。でもその予感はいい方に外れた。山に入ると、木に囲まれるからなのか霜が降りている場所はすぐになくなりました。
 昨日降った雪が、木の上に少しだけ残っています。朝の光が木々の梢を輝かします。この山は一度上がると、後は何度も何度も、登ったり下ったり登ったり下ったりが続きます。アブラチャンやクロモジの冬芽を観察しながら歩いて行きます。権現平でランチタイム。ここにはかなり雪が残っています。展望台がありますが、相模湾も何とか見えましたが下界は少し霞んでいました。今日はランチに赤出汁味噌の味噌汁を作りました。これは、先日愛知県の岡崎に行ったときに八丁味噌を買ってきたもの。本場の味噌はやはりおいしいです。
 その後、南山まで行きます。その手前にある権現平(永峰)のほうが標高は高いのですが、南山は丹沢と宮ヶ瀬湖の展望がよいいい山です。南山から少し下ると、あずま屋があり、あいかわ公園へ下る登山道を右に見て、韮尾根へ下ります。ここからはほとんどヒノキの植林地なので、あまり見るものはありません。
 近場の山なので、のんびりしたけれどもたっぷり歩いた感じがします。気持ちがいい山でした。 

p00244.jpg
夕方の宮ヶ瀬湖

_MG_0281.jpg
クロモジの冬芽

_MG_0230.jpg
ボタンヅルの実、綿毛が光る


●撮影カメラ 
EOS Kiss X4
●使用レンズ 
キヤノン TS-E17mmL f4
キヤノン EF100mmLマクロIS f2.8       

テーマ : 自然の写真
ジャンル : 写真

tag : 里山

沼津アルプス

沼津アルプスの暖かい一日

p00239.jpg
登り口から大瀬崎と駿河湾を見下ろす

 沼津アルプスは、私の大好きな里山です。海が近くて、富士山の展望があって、下山後に楽しみがあって、とても気持ちいい山なのです。もう何度も歩いています。今日はNHK文化センターの講座で歩きました。
 富士山は雲に隠れて見られませんでしたが、風がなく暖かくて気分のよい一日でした。伊豆ではもうオオイヌノフグリやホトケノザが咲き始めていました。
 歩いたコースは、香貫台入口から歩き始めます。途中から山道に入り振り返ると、駿河湾の青い海が見えます。香貫台分岐から、徳倉山へは急な登りです。徳倉山は富士山の展望がいいのですが、今日は雲の中です。分岐に戻り、昼食タイム。このあたりは、ヤブニッケイが多いです。今回発見したのは、葉裏を通過光で見るとシロダモもヤブニッケイも緑色に見えるのに、順光で葉裏を見るとシロダモははっきり白色に見えることです。
p00234.jpg
シロダモとヤブニッケイ、どっちでしょう

p00235.jpg
白いのがシロダモ

 午後は今日のハイライトの尾根歩き。シロダモ、カゴノキなどを見ながら千金岩へ。ここから大瀬崎の眺めがよく、たっぷり休憩しました。志下坂峠へ行き、長めのよい良い大トカゲ場まで往復。後は一気に志下へ下りました。
 コースタイムの2倍以上かかりましたが、気持ちのいい山歩きでした。もちろん帰りには沼津港に行って、地魚寿司を食べて、アジの開きを買って帰りました。
p00236.jpg
千金岩から駿河湾

p00237.jpg
沼津アルプスの青い空

 トレッキングシューズの靴底はがれがあった方がいらっしゃいましたが、応急手当のかいあって、問題なく歩けました。山に行く前には、トレッキングシューズをチェックしましょう。今回は一回はいただけで数年箱に入れていたのが、靴底はがれの原因の加水分解にいたった理由のようです。
p00240.jpg
はがれたトレッキングシューズ

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 山歩き

チャボタイゲキ

急に寒くなりました

 駒場の東大にはたくさんのチャボタイゲキが生えています。お正月から観察し続けているのですが、寒いのにとても元気で花も咲かせています。けれどもさすがにここ数日の寒さにはかなわないようで、ついにしおれてしまいました。これで枯れてしまうのでしょうか。

_MG_9945.jpg


●撮影カメラ 
EOS Kiss X4
●使用レンズ 
キヤノン EF100mmLマクロIS f2.8       

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 公園

房総半島

房総の山

 今日は、房総の山を歩いてきました。暖かくて、海の幸がおいしい、冬の房総半島はいいです。
 途中の海の眺めもいいです。うみほたるからは筑波山が見えています。午後には東京湾はミルク色になりました。山の上は常緑広葉樹で緑色です。なかなかいい一日でした。

p00233.jpg
ミルク色の東京湾

p00232.jpg
房総の山並み

_MG_9863.jpg
アラカシ


●撮影カメラ 
EOS Kiss X4
●使用レンズ 
キヤノン TS-E17mmL f4
キヤノン EF100mmLマクロIS f2.8       


テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 里山

ヒマラヤ・ホットスポット

東京大学ヒマラヤ植物調査50周年を見て

_MG_9740.jpg
東京大学にある葉桜のヒマラヤザクラ。けっこう大きい木だ

 東京大学総合研究博物館において、特別展示として「ヒマラヤ・ホットスポット-東京大学ヒマラヤ植物調査50周年」を行っており、今日は公開セミナーも行うというので見に行きました。

 展示は思ったよりも、はるかにおもしろかったです。植物の標本があんなに美しい芸術作品になっているとは思いませんでした。ヒマラヤの高山植物調査の歴史と、それによってわかってきたことが簡潔に転じされています。

 その後の公開セミナーはさらに刺激的なものでした。巨大なヒマラヤの温室植物レウム・ノビレ(セイタカダイオウ)の苞葉の役目、ヒマラヤとケニアの高山植物の違い、ヒマラヤを源とするツリフネソウなど、様々な植物の先端研究の成果が話されました。
 植物を理解するにはためになる話でした。これで講座は終わりですが、展示は2月27日までやっています。ぜひ見に行ってください。

 昨日は歯医者に行ったら麻酔を打たれて、帰ってきたら、頭がぼーっとしてしまいブログ更新できませんでした。
 

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 高山植物

ポカポカ多摩川

和泉多摩川のアタタカイ日

_MG_9652.jpg
雲が優しげな色に染まりました

 午後、時間を作って和泉多摩川に撮影へ行きました。今日は風もなく日差しがずいぶん暖かく感じられました。植物はほとんど茶色く枯れていて、あまり撮影に適したものはありません。そこでセンダンの実や、スイカズラの葉っぱ、オニグルミの冬芽などを撮りました。ムクドリやツグミ、ヒヨドリ、シジュウカラ、コゲラなどの鳥も見て、なかなかのんびり楽しみました。

_MG_9537.jpg
オニグルミの冬芽。毛むくじゃらのウサギのよう

オニグルミ


鬼胡桃

和名 オニグルミ
学名 Juglans mandshurica Maxim. var. sieboldiana
科名 クルミ科クルミ属
花期 5~6月
高さ 7~10m
環境 山から人里まで、川沿いや窪地など水分が多い場所

名前に鬼と付いているように、殻は非常に硬く割るのは大変だが、種子は油分が多くおいしい。よく食べられているのはヨーロッパ~アジア西部原産のテウチグルミ。初夏に長く垂れ下がる雄花と、小さな赤い雌花をつける。冬芽は褐色の毛に覆われ、葉痕は動物の顔のように見える。

_MG_9558.jpg
オニグルミの樹皮



●撮影カメラ 
EOS Kiss X4
●使用レンズ 
キヤノン EF100mmLマクロIS f2.8       

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 河原

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2011年01月 | 02月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード