今年もありがとうございました

 今年ももうすぐ終りです。一年間ブログを読んでいただいた皆さん、ボタハイに参加いただいた皆さん、ツアーに参加いただいた皆さん、花を教えてくれた皆さん、ほんとうにありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
 昨日は、伊豆の山に行き、帰ってきたら疲れて寝てしまいました。今日は一日大掃除です。こまごましたところを力を入れて掃除していたら、腕がずいぶん疲れてしまいました。今から最後の正月のお買い物です。
 
 そろそろ2012年のボタハイを発表します。もうしばらくお待ちください。

_MG_0694.jpg
静かな山の道が好きです
来年がいい年でありますように

スポンサーサイト

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 里山

もうすぐ年末

 故障した車のウインカーの修理(バルブが切れていただけでした)、近所の東大駒場まで撮影に行って、午後オイル交換で半日終り、登山靴を買いに神保町のサカイヤスポーツに行って買い物をしたら、一日が終わってしまいました。色々やったのだから当たり前か・・・。時間が過ぎるのがやたらと早く感じる今日この頃の私です。

_MG_0585_20111229221148.jpg
誰もいない東大のイチョウ並木

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 公園

まだ黄葉あり

近所の散歩と、掃除と、個展

 今日もいい天気です。朝掃除して、午前に近所の駒場東大キャンパスに撮影に行きました。なんとなく見上げると、黄色く黄葉した葉が見えました。イチョウだってほとんど落葉しています。今頃黄葉摺るのはどんな木かと思ったら、何とカラマツ。もっと標高が高い寒い場所に生えると思っていたのですが、こんなとうきょうのど真ん中にも植えられていたのですね。この後、池に行くと、コサギがのんびりとなにかをとっていました。足をブルブルと震わせて、エビでも追い出しているのでしょうか。

_MG_0404.jpg
カラマツがまだ黄葉しています
まだ緑の葉もたくさん

_MG_0431.jpg
ミズキの葉が地面に落ちていました

_MG_0486.jpg
コサギの特徴は足先が黄色いこと


 午後には、新宿の伊勢丹へ行って、金崎 秀利さんの個展に行きました。~ぐるっと、ひまわり~ 第42回 金崎秀利展です。金崎さんとは、以前ネパール・ヒマラヤのエベレスト街道をご一緒させていただいてからのお付き合いで、個展には毎年のように行っています。今年のテーマはスペイン南部のアンダルシア地方のヒマワリ。幅10mもありそうな巨大なキャンバスにこれでもか、というほどにヒマワリが描かれていますが、その中に絶妙なタッチでオリーブらしき木が一本。これに強く惹かれました。

●カメラ:
CANON EOS 5D Mark2

●レンズ:
CANON EF100mm F2.8 L マクロ IS USM 
CANON EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 公園

パタゴニアの植物 ビフロラ・キンチャクソウ(Calceolaria biflora)

パタゴニアの植物 ビフロラ・キンチャクソウ(Calceolaria biflora)

 キンチャクソウの仲間は、どれもおかしみのある変わった形をしたものが多いようです。今回紹介するビフロラ・キンチャクソウ(Calceolaria biflora)もそう。ポパイのあごのようだ、と私が思っていたら、この花の写真を見た人がみな「カールみたい!」と言われてしまいました。そう言われればおやつのカールに似ているかも。
 パタゴニア・アンデス山麓から丘陵地の明るい草原や乾燥した岩場に生えています。小群落になり、遠くからでも黄色の花が目立つ。花は直径2~3cmほど。草丈は15~25cm。葉の中さは10㎝程度で、ロゼット状になる。花期は11~2月。現地ではカパチート(Capachito)と呼ばれています。丸い蕾がパカッと割れて花が開きます。カルセオラリアの園芸名があります。

paine-chli_2011-11-28_31163.jpg
ビフロラ・キンチャクソウ(Calceolaria biflora)
蕾もたくさん写っている

paine-chli_2011-11-28_31178.jpg
ビフロラ・キンチャクソウ(Calceolaria biflora)の花のアップ
どんな虫が、どのように花粉を媒介するのでしょうか

●カメラ:
CANON EOS 5D Mark2

●レンズ:
CANON EF100mm F2.8 L マクロ IS USM 



 今日も1日デスクワーク。寒かったです。外で歩いている方が寒く感じないのはどうしてでしょうか。小さな書類に、小さく文字を書いていたら、肩がこってガチガチになってしまいました。
 もうすぐお正月です。まったく掃除はできていませんが。ああ山に行きたい。

●山と渓谷1月号
img461.jpg
山と渓谷1月号の付録「山の便利帳2012」の地図などの情報や基礎登山用語集を担当しています。
私が特に力を入れているのが基礎登山用語集。基礎とは思えないほど充実した用語集で、最近はほとんど使われていない山用語まで書いています。これだけ、読んでも楽しいと思います。 

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

tag : 海外

さんぽ

 一日机に向かって仕事です。冬の間に色々やっておかないと。
 ちょっとだけ駒場東大キャンパスに散歩に行きました。ついこの間まで紅葉が残っていたと思っていたのに、もう冬枯れでした。

_MG_0393.jpg
冬枯れのキャンパス

_MG_0396.jpg
ツタが何とか残っていました

●ボタハイ通信
1月のボタハイはほぼ満席です。
ありがとうございます。

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

クリスマスのグランサムツバキとヒマラヤザクラ

 メリークリスマス!今日も寒かったですが、天気はよく、いいクリスマスでした。
 もうヒマラヤザクラも終わりかな、と思って、小石川植物園に行きました。でも、まだまだヒマラヤザクラは咲きたてで、グランサムツバキは盛りを少し越えたあたりです。グランサムツバキ(Camellia granthamiana)は香港の野生のツバキですが、花が大きく、ゴージャスな花です。一度冬の香港の山でこの木を見たいものです。

_MG_0094_20111225230848.jpg
まだ葉を残しているイチョウ

_MG_0221.jpg
ヒマラヤザクラはまだ蕾が多い

_MG_0112.jpg
グランサムツバキは大きなサザンカのようでもある

●カメラ:
CANON EOS 5D Mark2

●レンズ:
CANON EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM
CANON EF100mm F2.8 L マクロ IS USM 

テーマ : 植物の写真
ジャンル : 写真

メリークリスマス!

メリークリスマス!

 今年はいろいろなことがありました。この一年ブログを読んでいた皆さまに感謝いたします。また、ボタハイやNHK化センター、そのほかのツアーなどでご一緒した皆さま、ありがとうございます。また一年、皆さまにとってよいよい年でありますように。自然がいつまでも変わらず美しくありますように。

_MG_0015_20111224194741.jpg
まだモミジの紅葉が残っていました


 今日は、丹沢の前衛峰の弘法山と浅間山に行きました。一般的な登山口ではなく、小田急線の東海大学前駅から歩いたのですが、稜線のでるまでの間、ひとつも道標がなく、登山口とルートが非常にわかりにくいコースでした。国土地理院の2万5千分の1地形図が画面に表示されるGPS戸、国土地理院の地図をプリントしたものを持っていったのですが、それでも何度も間違えてしまい、行ったり戻ったりを繰り返しました。
 山の中に入ると、コースは間違いようはないし、午後の光線はきれいだし、紅葉はほとんど終わっていますが、落ち葉を踏むとぱちっといい音だし、とても気持ちのよいハイキングとなりました。
 この山はもう毎年のように十数回歩いていますが、いつ登ってもいい山です。コースも色々選べるのもいいですね。大山をはじめ、丹沢の峰々の展望、相模湾、三浦半島、房総半島、伊豆大島まで見えました。冬型が強いのか、富士山は見えませんでした。

では、メリークリスマス!

_MG_9879.jpg
コナラの紅葉はステキです

_MG_0052.jpg
丹沢の大山がドンと見えます

_MG_9996.jpg
先日歩いた房総半島が見えていました

●カメラ:
CANON EOS 5D Mark2

●レンズ:
CANON EF100mm F2.8 L マクロ IS USM 
CANON EF8-15mm F4 フィッシュアイ USM
シグマ MACRO 50mmF2.8 EX DG

テーマ : 山と野の花
ジャンル : 写真

千葉の里山

梅ヶ瀬渓谷と大福山

 どちらかというと、私は静かで人がいない山歩きが好きです。千葉県の梅ヶ瀬渓谷は、関東地方で最も遅い紅葉が楽しめる、人気の場所なのですが、今年はすでに紅葉は終わり、まったく人はいませんでした。以前紅葉の頃来た時には、たくさんの人がいましたが、今回は静かなものです。紅葉はほぼ終わっていましたが、静かであるほうが嬉しいです。梅ヶ瀬渓谷を流れる水は、とてもきれいです。途中サネカズラが実っていました。

_MG_9537_20111223214938.jpg
梅ヶ瀬渓谷は断崖絶壁に囲まれている

_MG_9520.jpg
数え切れないほど沢を渡る

_MG_9542.jpg
サネカズラの実が落ちていた

_MG_9547.jpg
ヒヨドリの口ばしの跡がある青木の実が落ちていた

_MG_9573.jpg
水中のイチョウの紅葉


 もみじ谷から大福山方面に上がると、まだ紅葉が残っていました。紅葉を楽しみながら登ると、急に車道に出るのがちょっと興ざめです。まずは大福山の頂上へ。ここには白山神社がありますが、展望はありません。また車道に戻り、今度は大福山の展望台へ。ここはなかなかの展望なのですが、残念なことに、今日は霞がかかって遠くまでは見渡せませんでした。


_MG_9610_20111223215019.jpg
大福山山頂白山神社

_MG_9616.jpg
大福山展望台


 帰りは車道をとっとっことっとこ下ります。アオノツヅラフジの青黒い実がきれいです。バスに戻り、バスは出発します。無為買ったのは昨日と同じ、ハイウェイオアシス富良里富山。また今日も忘年会です。私は昨日と同じ寿司八貫を食べてしまいました。
 今日はNHK文化センター青山教室の水曜日クラスの皆さんと歩きました。

_MG_9651_20111223215038.jpg
こんなお寿司です

●カメラ:
CANON EOS Kiss X4

●レンズ:
CANON EF100mm F2.8 L マクロ IS USM 
CANON EF28mm F2.8
CANON EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

テーマ : 山と野の花
ジャンル : 写真

tag : 里山

ユズとスイセン

南房総の地味な高塚

 今日は冬至。一年で一番日が短い日です。朝っぱらから、ユズ湯に入り、さっきまでポカポカしていました。でも、パソコンに向かっていると、だんだん寒くなってきました。
 2011年12月20日NHK文化センター青山教室の講師で、高塚山を歩きました。高塚山は南房総市の千倉にある里山です。房総半島のほぼ最南端の山ですが、ハイカーは少なく、静かな山歩きが楽しめます。実際この日は誰とも会いませんでした。


 新宿を7時30分に出発し、バスは首都高からアクアラインに入っていきます。都内ではまだまだイチョウの黄葉がきれいです。アクアラインに入って、海ほたるで休憩。最上階まで上がって、展望を楽しみます。横花のランドマークタワーの奥には、富士山がくっきり見えています。その横には、なんと南アルプスの展望が。朝からすばらしい眺めです。この日は筑波山も見られました。

_MG_9223.jpg
海ほたるからの富士山

 さて、またまた高速を走り、ハイウェイオアシス富良里(ふらり)富山に到着です。今日はいきなり買い物タイム。今日のメインは、お正月用のスイセンの切り花。ここのスイセンは安いのはもちろん、とても品質がよく、長持ちするのです。そしてとてもいい香り。私も、先日たくさん買ったばかりなのに、ついうっかりまた買ってしまいました。他には野菜もおすすめです。極太の大浦ゴボウもあります。このゴボウは成田山の精進料理で使われているゴボウで、ごつい見かけと違って、とても柔らかいのです。他にもユズ(7つ100円)、ダイダイ(5つ100円)など柑橘類もいいですね。ちなみに、今日入ったユズ湯のユズも千葉産のユズです。

_MG_9231.jpg
朝からお買い物ツアーになってしまいました

 朝から大量の買い物をし、バスの中に積み込みます。今日の目的はこれで終わり、ではなく、さらにバスは千倉の潮風王国道の駅ちくらを目指します。もちろん、山歩きをするためです。目的地の高塚山は標高216mの低山ですが、歩き始めの標高がほぼ0mなので、けっこう歩きごたえがある山なのです。

_MG_9245_20111222151047.jpg
太平洋を見てから歩き始めます

_MG_9240.jpg
振り返ると高塚山が


 駐車場から歩きだします。冷たい風が強く吹き、すぐにハマヒサカキの花の匂いに気が付きました。まず始めは、畑の間の小道を歩きます。12月というのにオオイヌノフグリや、セイヨウタンポポが咲いています。畑にはキンセンカやキクの花が咲いています。木にはフウトウカズラが巻きついて、オレンジや朱色の実を付けています。

_MG_9255_20111222151102.jpg
キンセンカ(金盞花)のお花畑

_MG_9280.jpg
マテバシイの純林

 高塚不動尊の横から山道に入ります。前回よりも、登山道が登山者に踏まれている感じで、歩きやすくなっています。ここは、ほぼマテバシイの純林で、昼なお暗く、段差がある階段が続きます。ありがたいことに、林に入ると風がほとんど無くなりました。急に暖かくなり、汗が出そうです。ベンチ、分岐と通り抜け、鳥居をくぐると、石段になります。幅が狭くて、足をちゃんと置くことができません。このあたりから、アカガシなどの林になり、ドングリの袴の形が変わります。気が付くと、山頂の不動尊奥の院に到着。お不動様にお参りをして、ここのベンチで海を見ながらお昼ご飯とします。先日旅行したパタゴニアのお土産を配り、皆気分よくのんびりしました。

_MG_9337.jpg
山頂でランチ

_MG_9341.jpg
高塚山山頂からの太平洋の眺め

_MG_9357_20111222151142.jpg
鳥居まで戻り、階段を下り

_MG_9366_20111222151152.jpg
ヤブコウジの実がありました

_MG_9378_20111222151202.jpg
合有戸池に写る紅葉


 分岐まで戻り、あとはマテバシイの林を下っていきます。やがて紅葉が水面に映る、合有戸(がゆど)溜池に出ます。ここからコンクリート舗装の坂道を下ります。タチツボスミレの花が咲いていて、ポカポカして春のようです。長性寺横で、また畑の道に出ます。ススキやアシ、ガマの穂が午後の光線に照らされて輝いていました。畑の畔道を歩くと、朝登ったキンセンカ畑に出て、同じ道を潮風王国道の駅ちくらに戻ります。

_MG_9393.jpg
タチツボスミレ

_MG_9420.jpg
キュウリグサも咲いています

_MG_9446_20111222151235.jpg
のんびり語らいながら歩くのも、里山歩きの楽しみのひとつ


 バスに乗車し、またハイウェイオアシス富良里富山に向かいます。ここは人気の売店なので、野菜やスイセン売り場には、もうほとんど品はありません。今回の目的は「網納屋(あみなや)」という名前の海鮮レストランでの軽い忘年会。今回は全員でお寿司を注文。乾杯の生ビールがおいしかったこと!このお寿司のおいしいこと!ネタが新鮮で、ここで捕れたばかりのクロダイなどの地魚のお寿司です。八貫ですが、おなかいっぱいになりました。ネタとシャリが大きすぎるのは漁師の多い房総ならでは。幸せいっぱいで、お腹いっぱいで、めいっぱい遊んだ(私は仕事ですが)一日でした。


●カメラ:
CANON EOS Kiss X4

●レンズ:
CANON EF100mm F2.8 L マクロ IS USM 
CANON EF28mm F2.8
CANON EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM

テーマ : 山と野の花
ジャンル : 写真

tag : 山歩き

二日連続房総の山歩き

 房総半島の山を二日連続して歩きました。暖かい房総半島の山は、のんびりしていい感じです。帰りにはたくさんのスイセンを買いこんで、家じゅうスイセンのいい香りが満ちています。詳しい報告は後日。

_MG_9229_20111221222052.jpg
アクアラインを通ると、千葉の山は近いです
でも流石に師走。都内の高速は混雑します

_MG_9527.jpg
今日歩いたのは、梅ヶ瀬渓谷。水がきれいです
何度も何度も沢を渡ります

テーマ : 山と野の花
ジャンル : 写真

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2011年12月 | 01月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード