FC2ブログ

ガーミンGPS etrex20 購入

ガーミンのGPS eTrex20日本語地図付 比較検討の結果 購入 

_MG_1633_20121108222230.jpg
左が新しいガーミンGPS eTrex20
右は今まで使っていたeTrex LEGEND Cx
サイズが少し小さくなっています
値段は3分ノ1、性能はずっとアップ


 今日届いたGPSの初期設定をしました。GPSとは山用のカーナビのようなもの。ガーミン社のものが山では定番です。私もGPSは4個目です。GPSはどんどん進化して、どんどん安くなるのが特徴です。以前(2007年)に買ったときは地図とセットで10万円以上していたのに、今回は国土地理院の2万5千分ノ1地形図は入って3万7千円です。
 なぜ必要かというと、最大の理由は、昭文社の地図の製作に必要だからです。GPSで歩いたコースを地図ソフトの「カシミール」に落とし込み、国土地理院の地図上に赤線でプリントし、それを原稿に使っています。あとの理由は、山で道迷いしないようにということと、花を見た場所などを記録するためです。私の仕事では欠くことができないものとなっています。古いGPSがちょっと電源などの調子が悪いのと、地図が古く登山道が書かれていないのが不満だったので思いきって購入しました。
 今回購入したのはガーミンGPS eTrex20英語版というものです。eTrex20には日本語版もあるのですが、地図なしでも4万円弱するので、今回は英語版にしました。まあ、英語でもなんとかなるだろうと思っています。
 購入したのは「ジョイフルログ」という通販専門のGPS専門店です。「TKA Planet」というGPS専門店がガーミンの英語版GPSでは有名なのですが、全国地図のセットで1万円近い価格差があるので、今回は「ジョイフルログ」にしました。「ジョイフルログ」の日本全国地図は国土地理院の電子地図の劣化版という感じです。等高線の表現など、山での使用感は悪くなさそうです。「TKA Planet」の地図のほうがもうちょっとましだったような気がします。「TKA Planet」はGPSの表示を日本語に変換してくれているのも魅力です。「ジョイフルログ」は、安いのでそれなりですが、きちんとした説明書が付いているので、英語版でも問題なく使えます。私の用途ではこれで十分と思うので、「ジョイフルログ」でガーミンGPS英語版eTrex20を購入したというわけです。「ジョイフルログ」の説明書は使う人の立場で書かれており、役に立ちそうです。ちなみに、日本語版は「いいよねっと」という会社が販売しています。確かに日本語版のeTrex Jは日本の衛星「みちびき」の電波を受けられたり、地図も昭文社の「山と高原地図」を利用して精度を高めたり、非常に良いのですが、なんといっても値段が高いのが難点です。地図の性能は日本版GPS eTrex20Jがベストです。が、これは英語版では使えません。なんとも悩ましい状態です。

 今回のガーミンGPSの買い替えによる進歩がいくつかあります。今までのGPSではアメリカ主導の衛星しか使えなかったのですが、今度のeTrex20ではロシアの衛星からの電波もキャッチするようになりました。このため位置情報をより早く、より正確に表示できるようになったのです。地図も国土地理院の2万5千分ノ1地形図が入ったおかげで随分よくなりました。以前のものは登山道の記載がないので、使いにくかったのです。
 ちなみにGPSには地図が入っていないと山では使えないので、日本の国土地理院の全国地図が入ったガーミンeTrex20になったのですが、上位機種のeTrex30というものもあります。これはeTrex20に電子コンパスと気圧高度計が付いたものです。値段の割に高度計は、高度計付腕時計を使っているので不要だし、方位も数m歩くとだいたい分かる(コンパスも持っています)ので不要ということでこの機種にしました。
 スマートフォンや画面の大きい機種にしなかったのは、この機種は消費電力が小さいからです。25時間程度持つとのことなので、歩行時間だけなら2~3日は電池交換しないで済むということです。これは長期の縦走などで軽量化と、電池切れの不安が解消されるので、非常に重要なことです。
 まだ、実際野外で使っていないのですが、またレポートします。


_MG_1597.jpg
カツラの黄葉
黄色い世界に踏みこんで


 近所のカツラの木もすいぶん色付いてきました。秋も本番ですね。今日も1日地図作りをしたり、デスクワークや四国への出発準備で終わってしましました。


スポンサーサイト



テーマ : 四季 −秋−
ジャンル : 写真

tag : 機材

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2012年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード