FC2ブログ

ワジキギク咲く那賀町

ワジキギク

 ワジキギクという菊の名前を聞いたことがある人は、かなりマニアです。ワジキギクは徳島県鷲敷町で見つかった、ナガガワノギクとシマカンギクとの自然交雑種がこのワジキギクなのです。ワジキというのは何かいわくがありそうですが、ただ見つかった場所の地名が鷲敷町だったのでワジキと着いただけのようです。残念ながら今は鷲敷町という地名はなく那賀町に合併されています。
 ワジキギクはナカガワノギクとシマカンギクの雑種なので、ふた親のどちらかに似ています。頭花は黄色だったり、舌状花は白かったり、途中のクリーム色の固体もありました。葉もシマカンギクっぽかったり、ナカガワノギクのように根元が楔型だったりさまざまです。雑種なのだから当然です。
 シマカンギクは渓流には咲かず野山に生えます。ナカガワノギクは渓流の水がかぶるような場所を好みます。私が見たワジキギクはその中間的な場所に咲いていました。

nakacho-tokushima_2012-11-13_0000.jpg
黄色い花のワジキギク
花もシマカンギクに近いが、葉もシマカンギクに近い

nakacho-tokushima_2012-11-13_0009.jpg
舌状花がクリーム色のワジキギク
花色も中間型

nakacho-tokushima_2012-11-13_0018.jpg
花色は白いワジキギク
葉が幅広でなければ、ナカガワノギクと区別がつかない

nakacho-tokushima_2012-11-13_0028.jpg
ワジキギクの葉


徳島のおいしいもの かきまぜ
徳島ではチラシ寿司のことを「かきまぜ」という
nakagawa-tokushima_2012-11-10_0004.jpg
庄野潤三さんの小説で奥さんが「かきまぜ」を作る話がよく出てきます。
いつも庄野潤三さんの小説の主人公(庄野潤三さん本人)がおいしいおいしいといって食べているので気になっていました。
「かきまぜ」というのは徳島のチラシ寿司で、かき混ぜるから「かきまぜ」のようです。
チリメンジャコが入って、柚子酢で合えているのが、特徴。
そんなかき混ぜに徳島で出合うことができました。
チリメンジャコが入っていて、柚子酢のやさしい香りが強くたっています。
徳島の名産しいたけもたっぷり入っていました。
シンプルでおいしかったです。
とあるうどん屋さんでめぐり合いました。
庄野潤三さんの世界に、ちょっとだけ入り込むことができました。


●パレスチナが国連でオブザバー国家に承認されました。ほんの一歩ではありますが、少しでもパレスチナとイスラエルの和平が進んで欲しいものです。日本も賛成したようです。独自路線で大変いいことです。
スポンサーサイト



テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

tag : 河原

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2012年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード