超花大陸西オーストラリア


西オーストラリアの感動の日々

 西オーストラリアの旅もほとんど終わり。今はパースに帰ってきました。毎日毎日感動と興奮と発見の日々でした。ここまで興奮した日々が続くのはほんとうに久しぶりです。花の量、質、奇抜さ、美しさ、どれをとっても世界にまれに見るすばらしさです。大きい花、繊細な花、おもしろい仕組みのラン、よい香りの花、不思議な仕組みの花。あっという間に11日間が終わりました。この楽しき発見の日々は、現地ガイドのエミコさんのおかげです。すばらしいガイドのエミコさんに感謝いたします。そしてツアー仁参加していただいたすばらしいメンバーに大きく感謝いたします。ほんとうにありがとうございました。
 今日はほぼ最後の植物観察の日なのですが、今日はまたすばらしいものでした。数々の見たかったランと見渡す限り200m以上は続くレッドアンドグリーンカンガルポー(以前はトールカンガルーポーと書いていましたが間違いです)の大群落。もう完全にニシオーストラリアにノックダウンといった感じです。

_MG_9369.jpg
フラワーガイド暦20年近いエミコさんが「こんなの見たことない!」といった
レッドアンドグリーンカンガルポー(以前はトールカンガルーポーと書いていましたが間違いです)の大群落
白砂の台地が赤く染まった
すごい、感動、などの言葉は出ず、ただただ息を飲んだ

_MG_9384_201309322222.jpg
マメ科の植物はニシオーストラリアには数が多く
分類は難しい

_MG_9448_201309300046162ce.jpg
カウズリップオーキッド
牝牛の唇蘭という意味なのだが、どこが牝牛の唇なのかがわからない
スポンサーサイト

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : 西オーストラリア カウズリップオーキッド レッドアンドグリーンカンガルーポー

西オーストラリアの植物

アルバニーに3泊滞在しています。今日はスターリングレンジ最高峰のブラフノールに登りました。なかなか歩き応えのあるいい山歩きでした。山頂近くは寒冷前線の通過による雨と風でかなり寒く、体が持っていかれるほどの強風に悩まされましたが、何とか登頂できました。いい山でした。花もたくさん咲いていて特にサザンクロスはうじゃうじゃ生えていて感動ものでした。平原ばかりのオーストラリア大陸に出現した小さな山脈です。
なぜかどうしても画像がアップできないので、いつかアップします。

_MG_8731222.jpg
リースレシュノルティア(Wreath Lechnaultia)
学名Lechnaultia mocrantha
クサトベラ科

_MG_9028.jpg
グリーンスパイダーオーキッド / フリンジドマンティスオーキッド
Green Spider Orchid / Fringed Mantis Orchid
学名 Caladenia falcata
マンティスはカマキリのことです。
なぜかカマキリのように見えてきました・・・。
(ドラゴンオーキッドと2014.03.11まで書いてありましたが間違いですので訂正します)

_MG_9471.jpg
ウエーブロック


テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : 海外

西オーストラリア

しばらくインターネットに接続できませんでした。この間に西オーストラリアのたびは順調に進みリースノシュノルティも見て、ついに西オーストラリア南部のアルバニーまでやって来ました。今日はポロングラップ国立公園の山登りです。

西オーストラリアの植物 ランランラン

西オーストラリアの植物

 今日から本格的に植物探索の旅に出発しました。今日はパース~ピナクルズまで。花がいっぱい過ぎて、時間が足りません。花は無限に現れます。特にきれいだったのがラン。スパイダーオーキッドにパープルエナメルオーキッド、ドンキーオーキッド。フィールドに出るたびに新しい花に出会う感じです。興奮しすぎて頭に血が登ってしました。

_MG_6657_2013092122585245e.jpg
スパイダーオーキッド
花のの先先端長く伸びてクモのよう

_MG_6891_20130921225857943.jpg
パープルエナメルオーキッド
名前そのまま
ものすごいつやがあります
花を後ろから見てもすてきです

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : スパイダーオーキッド 西オーストラリア

パース到着 キングスパークへ

パースにて

 西オーストラリアのパースに到着しました。スムーズに到着したので、午後少し時間があったので。キングスパークに行きました。オーストラリアの花がたくさん植えてあり、たくさん咲いていました。野生のものにはかないませんがなかなかいい植物園でした。自然林もあるのですが、時間が足りずにそこまで行けませんでした。

_MG_6402.jpg
赤と緑のカンガルーポー草丈1.2mにはなる


_MG_6376_201309202157153a3.jpg
ブラックカンバルーポ


_MG_6473.jpg
オーストラリアといえやっぱりユーカリ

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : 海外旅行 カンガルーポー

西オーストラリアに行ってきます

 今日から西オーストラリアへ行きます。世界有数の花が咲くエリアです。今年は1週間程度花の開花が遅いそうですが、どうなることやら。そのようなわけで、しばらくブログの更新ができなくなるかもしれません。できる場所では現地から行いますのでしばらくお待ちください。

写真は昨日の黒檜山のもの。いい天気で12山程度の日本百名山を展望することができました。日帰り低山登山としてはちょっときつめの山歩きでしたが、よい天気に恵まれて楽しい山歩きになりました。
_MG_6320.jpg
黒檜山の山頂から皇海山矢日光白根山などを望む

_MG_6346.jpg
黒檜山と駒ケ岳間の暗部大ダルミ

●ボタハイ通信
10月18日.19日2日連続 イヌセンブリボタハイの詳細は帰国後

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : 海外

2日連続のNHK文化センターの講座終了

昨日今日とNHK文化センター青山教室の講座を2日連続受け持っています。昨日は花がメイン、今日は山がメインです。昨日はアイナエやアリノトウグサなど、小さな地味な花が大うけ。今日は低山登山としてはかなり厳しい赤城山最高峰の黒檜山の登頂で爽快な気分を味わいました。いい2日間でした。

_MG_6163.jpg
アイナエの花

_MG_6172_201309182242504e5.jpg
アイナエの蕾

_MG_6188.jpg
アイナエの葉

●10月のイヌセンブリボタハイは1泊2日にする予定です。

テーマ : 山の花
ジャンル : 写真

tag : アイナエ

台風一過ですっかり秋に(ヒゴタイ)

 夕焼けがとてもきれいでした。台風が通り過ぎたら、急に涼しくなりました。冷蔵庫も一新し、片付けなどばたばたした一日を過ごしました。心地よいので晩飯を食べてちょっと横になるつもりなだけだったのに、ぐっすり寝てしまい、変な時間に明日の準備をすることになってしまいました。
 九州シリーズも今回で最後なのでヒゴタイをもう一度出します。
 
_MG_5093.jpg

ヒゴタイの群落
よく保護されていてここだけは増えています
とはいえ花の部分だけ切られているものもありました

_MG_5099_201309170217013b2.jpg
ヒゴタイは大陸に多いそうです
一度大陸の大平原で咲く様子を見てみたいなあ


●ボタハイ通信
イヌセンブリ・ボタハイは10月18日あたりで行う予定です

テーマ : 山の花
ジャンル : 写真

tag : ヒゴタイ

ヘクソカズラの花筒の構造

クローズアップ撮影で、ヘクソカズラを撮影してみました

 ただいま超クローズアップ撮影ストロボシステムを再構築中です。それで色々試しているのですが、そんな中、ヘクソカズラを撮影してみました。倍率はおよそ5倍。ちなみに倍率5倍というのは、フィルムサイズに5倍に写るということなので、ちょっと拡大すると顕微鏡写真に近いような写真が撮れます。
 ヘクソカズラの撮影をしていると、花筒の横側に変わった粒上のものが見えました。きれいな縦横に編まれた繊維のような基礎の上に小さい透明の粒が大量に付いているように見えます。暗くなってから光るなどの意味があるのでしょうか?不思議な発見です。

_MG_5807.jpg
ヘクソカズラの花筒の超クローズアップ写真
フィルムサイズで約5倍

_MG_58072.jpg
ヘクソカズラの写真をさらに拡大
不思議な縦糸横糸構造と粒が見えます

Canon EOS 5D Mark II
Canon MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト


●冷蔵庫が壊れたままではどうしようもないので、台風のさなか冷蔵庫を買いに行きました。
明日届きます。
まだ西オーストラリアの準備をなにもしていません。まだやらなければいけないことがたくさん。
困った困った。

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : ヘクソカズラ クローズアップ

アメリカネナシカズラに似ていないネナシカヅラ

ネナシカズラ(Cuscuta japonica)
よりもマメダオシのほうがアメリカネナシカズラに似ている


 九州で出会ったのが、寄生植物のヒルガオ科のネナシカズラ。マメダオシだと思っていましたが、ネナシカズラでした。ややこしい話ですが、日本のネナシカズラ類で一番太いのがこのネナシカズラ。長い筒状の花が特徴で、雌しべが一本しかないのも特徴のひとつ。雌しべは一本ですが、先端でふたつに分かれます。花筒は5つに別れほぼ水平に開きます。色々な植物に寄生します。
 九州で見たネナシカズラは、雄しべがない雌株のような変わった感じの花でしたが、これもやっぱりネナシカズラでした。ツアー中には混乱していて失礼いたしました。

_MG_4175.jpg
ネナシカズラの全体
花はまだなくて蕾ばかりの状態

_MG_4214.jpg
ネナシカズラにははっきりした長い花穂がある

_MG_4267.jpg
ネナシカズラの花穂

_MG_4192.jpg
ネナシカズラの特徴は雌しべがひとつで先端がふたつに分かれる 
こうしてみると茎の色はさまざまでしたね

Canon EOS 5D Mark II

Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
Canon MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : ネナシカズラ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2013年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード