五島の旅で食べたおいしいもの

 五島は食事もおいしくて最高でした。ここには載せられませんでしたが、実は練り物がおいしかったです。どれもおいしいのですが、やはり「浜口水産」の「えそ」「あじ」は非常においしかったです。パックにつめられるとおいしさは半減。やはり揚げただけのものがおいしいです。魚もおいしく、スーパーのパック詰めのお刺身ですらピカピカで、角が立って透明感があります。かんころもちも不思議なおいしさ。かんころもちは、餅に干しサツマイモをつきこんだもので、微妙に違いがあって、干しイモとお餅の合体が絶妙のお菓子です。
 五島のもうひとつのおいしいものは五島うどん。これもたくさんかって帰って食べています。コシが非常に強いのと、麺の表面のツルツル感が絶妙なおいしさです。
 島原では、サツマイモの麺「ろくべえ」と夏においしいお菓子の「かんざらし」もおいしかったです。


_MG_0155.jpg
上之家の夕食
ピカピカのキビナゴの刺身がおいしかったです
多すぎず、少なすぎず


_MG_9142_201402282213552f6.jpg
奈留島のみかんやさん
ミカンという名前が気に入りました


_MG_9146_201402282213564a2.jpg
食べたのはチャンポン
みかんやのチャンポンはあごだしが特徴
透明感がありすっきり
野菜は350gもはいっています


_MG_9467.jpg
これは珍しいツバキ手まり寿司
ツバキの花の酢漬けを握っています
見た目の美しさは最高です


_MG_8661.jpg
島原のろくべえ
サツマイモの乾燥した粉で作れた麺です
噛むとサツマイモの香がします


_MG_8664.jpg
かんざらし」は島原のお菓子
白玉に自家製ハチミツのたれがかかっています
スポンサーサイト

テーマ : 食べ物の写真
ジャンル : 写真

tag : かんざらし

春の木の花 高麗山

_MG_8104_201402280804568aa.jpg
大磯の町並みと太平洋(相模湾)
霞が無ければ、伊豆半島や大島が見える

NHK文化センター青山教室講座 「関東ゆっくり歩き」 

 もともと茨城県の加波山に行くつもりでしたが、ここもこの大雪で、登山道に雪が残ってそれが凍っていると危険なので、場所を変更、大磯の高麗山に行くことにしました。ここなら海に近いので気温も高く、標高も低いので雪も少ないでしょう。
 大磯駅から歩き始めると、思ったとおり暖かくていい感じです。坂道から見下ろす大磯の町並みも、春霞がかかってきれいです。雑木林に入ると、なんとなく光が春めいています。まずは湘南平に登り、展望を楽しみました。南には太平洋、北には丹沢の雪山が見えています。さらに浅間山に行ってランチタイム。ここにはピクニックテーブルがたくさんあります。一部まだ20cm程度の雪が残っていますが、もうまったく残雪は無いといってもいいでしょう。さらに八俵山、高麗山と縦走しました。ここからの下山は少々きついですが、明るい光となんと無く、明るくなってきた常緑の林の中を高来神社に下りました。
 途中、ヒメウズやタチツボスミレのような早春の花、オニシバリのような木の花が咲いていました。ここがほぼ北限のモクレイシがもう咲き始めていました。モクレイシ雌雄異株のニシキギ科モクレイシ属の小高木です。雌雄異株で高さ2~5mほどの高さになります。実が面白くラグビーボール形の果実で緑色の果皮が割れて中から朱色の種子が見える。果実の長さは2cm。

_MG_8155.jpg
明るい銃走路

_MG_8096_20140228080456cb3.jpg
キヅタの実がたわわに実る

_MG_8130_20140228080456d8e.jpg
オニシバリの花

_MG_8168.jpg
オニシバリの雄花
花粉がたっぷり漏れ出す

_MG_8166_2014022808162637b.jpg
オニシバリの雌花
雄しべの葯は見えるが、花粉は無い
見えないが奥に子房がある

_MG_8224_20140228081110934.jpg
モクレイシ
モクレイシとしてはかなりの巨木

_MG_8206_20140228081628353.jpg
モクレイシの雄花
雌しべはあるが、先端に受粉できるようになっていない

_MG_8218.jpg
モクレイシの雌花
雄しべが退化している

_MG_8232.jpg
モクレイシの果実

Canon EOS 5D Mark II
Canon EF24mm F2.8 IS USM
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
Canon MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト
Canon EF40mm F2.8 STM


テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : モクレイシ オニシバリ 雌雄異株

「花歩き・山歩き」NHK文化センター講座

 今日は三浦半島を歩きました。NHK文化センター青山教室の講座です。本当は奥武蔵の山を歩く予定だったのですが、この大雪ではしようがなく、急遽変更となりました。三浦半島の海岸歩きは暖かく、穏やかな海と、断崖絶壁を実ながらの歩きはなかなかいいものでした。

_MG_7926.jpg
ツルナの葉裏にはたくさんの透明な粒がある

_MG_7940.jpg
ハマボッスの実

_MG_7959.jpg
どこかの砂漠を歩くかのような

_MG_7979.jpg
三浦の女王

_MG_8069.jpg
カワヅザクラが満開でした

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

長崎空港にて

 五島列島の旅も終わり、後は飛行機に乗って帰るだけ。今日はアオモジを撮影しました。アオモジはクスノキ科ハマビワ属の小高木。アオダモは雌雄異株です。咲き始めのこの時期に咲いているのは雄花ばかりです。長崎に着いた時はこれも咲いていなかったのです。春は速いですね。
参加者のみなさんお疲れ様でした。ありがとうございました。

_MG_7721_20140224211332324.jpg
アオモジの木
この木はまだまだ蕾ばかりです

_MG_7640.jpg
アオモジの枝は上を向く
花は下を向いて咲く

_MG_7607.jpg
アオモジの雄花

tag : 里山 アオモジ

花の観察会2日目

 「花の観察回」講師2日目。今日は別の島に行きました。天気もよく、気候もよく、いい感じです。食べ物もおいしいし、住んでいる人もいいし、五島列島はいい人ばかりですばらしいです。もちろん花もたくさん咲いています。ハマジンチョウをはじめ、ナンバンキブシ、ナガバノタチツボスミレ、ムサシアブミ、サツマサンキライ、ヒメウズなどなど。五島列島のヤブツバキの品種「玉の浦」は花弁の周りが白く彩られる非常に美しい品種ですが、その林も歩きました。とにかく植物的な見所が多い五島列島は、植物がたくさんあって2泊3日では時間が足りないほどです。
 食べ物もおいしいものばかり。旬のアオサ、五島うどん、かまぼこ、かんころもち。新鮮な魚。いいところです。
 宿泊したホテル上之家さんのおかみさん、奈留島のバスドライバーの方、山本海産の奥様などなど色々お世話になりました。

_MG_0222.jpg
やっぱりハマジンチョウ
島によって花が少し違います

_MG_0479.jpg
サツマサンキライの雄花
もう花はほとんど終わり
果実がたくさん生っていました

_MG_0418.jpg
ナガバノタチツボスミレ
典型的なナガバノタチツボスミレとはずいぶん違います
側弁の内側の毛があります

_MG_0366.jpg
ムサシアブミ
咲き始めのムサシアブミがたくさんありました

_MG_0326.jpg
ハート型の枝がありました

_MG_0267.jpg
イヌノフグリが咲いています
絶滅危惧植物のはずですが・・・
元気にたくさん咲いていました

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

観察会スタート

午後に福江島で合流して観察会がスタート。たくさんのハマジンチョウやナンバンキブシ、アツバスミレ、コタチツボスミレ、コスミレなどの花を見ました。

五島列島の花

五島列島三日目。ハマジンチヨウの群落やスミレの花などを見て、福江島を一周しました。まだけっこう寒いのですが、花はすでに春の装い。たくさんの花が咲いていました。いいところです、五島列島。

すばらしき五島列島

 五島列島に来ています。今日はとなりの奈留島に行きました。気になっているハマジンチョウですが、ちょうどよい状態で咲いていました。花期が長いのですが、落花している花もありましたが、まだ蕾も多くちょうどよい状態です。場所もいいところです。東京ほどは寒くありません。
_MG_8925.jpg
お日様があたるといい香り
ハマジンチョウは美しいです

_MG_8853.jpg
落ちた花が、水辺に集まっていました

_MG_8946.jpg
海辺(ここは塩湖ですが)に咲く、マングローブ植物に近い生態です

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

フェリーの中

いきなりですが、五島列島に向かうフェリーに乗っています。今日は島原に行ってアオモジを見に行きましたが、まだ蕾のものばかり。明日は別の植物を探します。

ニュージーランドの帰化植物 ルピナス(ルーピン)

 世界中のあちこちで帰化植物の問題が起きています。ニュージーランドのアオラキ・マウントクック国立公園でもニュージーランド在来の高山植物の中にたくさんの帰化植物が入りこんでいます。このルピナスもそのひとつ。国立公園内では駆除もされていますが、公園外では野放し状態。なかなか完全駆除は難しいようです。ニュージーランドの草本の植物はほとんどが白色か黄色なので、それ以外の花があったらたいてい帰化植物です。

33323.jpg
ルピナス
色は青紫が多いが、ピンク色のものも混じる

233355.jpg
少しピークは過ぎていましたが、1月中旬でまだきれいでした

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : 海外 ニュージーランド 帰化植物 ルピナス

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2014年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード