道北

稚内に移動し、サロベツ原生花園に行きました。花は多くはありませんがオオバタチツボスミレなど、ステキな花が咲いていました。
スポンサーサイト

ボタハイ終了

アポイボタハイが終了しました。
今日はニセコを回りましたが、雪が多く、
春はまだまだの感じです。
今年は花が咲く予想が難しく、植物撮影には難しい年です。

_MG_6563.jpg
オオバナノエンレイソウ

_MG_6705_20150529235433af5.jpg
エゾイチゲ

_MG_6677.jpg
オクエゾサイシン

参加者の皆さん、ありがとうございました。

テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : オクエゾサイシン

襟裳岬の春

襟裳岬周辺を一周して、定山渓温泉に移動しました。アズマギクがすばらしい群落に
なって咲いていました。

また、花のアポイ岳に登りました

_MG_4171_20150527210359c55.jpg
アポイクワガタ


アポイ岳の高植物

アポイボタハイ2日目

今日は朝は曇りでしたが、昼から晴れの予報だったので、予定通りアポイ岳に登りました。
登り始めは曇りでしたが、登るにつれ、雲はどんどん晴れていきました。
途中にはアイヌタチツボスミレ、アポイタチツモスミレ、エゾオオサクラソウ、エゾシモツケ、
アポイアズマギクなどの花が咲いています。
今年は春の過ぎるのが早く、春の花には遅かったですが、夏の高植物が咲いていました。
アポイクワガタ、アポイカラマツなど予想していなかった高植物の花に出会えました、

コースタイムの三倍くらいの時間をかけ、ゆっくり写真を撮りながら歩きます。
サマニユキワリ、ヒダカコザクラ、エゾキスミレ、アポイカンバを未ながら登ります。
頂はいい天気でした。
下りもゆっくり花を撮りながら。
は遅い時間になってしましたが、充実した一日でした。
たくさんの花が見られました。


_MG_4215.jpg
アイヌタチツボスミレアポイタチツボスミレは側弁の毛がたかうさん。
砂礫地に咲くのもよいですね、



_MG_4231_20150527210403a10.jpg
アポイカラマツ
カラフルでよい花です

tag :

アポイボタハイ1日目

アポイボタハイが始まりました。
新千歳空港で合流し、海岸近くの低山で花の撮影。
あっという間に時間がたってしまいました。
今日はアポイ山荘白。
早めにご飯を食べて、明日は早いので、今日は早めに寝ることにします。


_MG_5629.jpg
サクラソウの自生地にて
ゴージャスに咲いています


_MG_5595.jpg
オオバナノエンレイソウ
だいぶ咲き終わっていましたが、少しだけ残っていました

北海道のアポイに登りました

_MG_5488_201505252356339d9.jpg
アポイを代表する固有種エゾキスミレ

北海道の花の名山アポイ岳

北海道に来ました。
そのままアポイ岳の麓に来て、登り始めました。
山頂まで行かなくてもいいや、くらいの軽い気持ちでした。
花は例年よりも早く咲いていました。
このため山麓の花はだいぶ終わっていました。
もう少し上に行けば、具合のよい花が咲いているのでは、
と思って、少しずつ登って行きました。
次々写真を撮りながら・・・。
上に行けばいくほど花がきれいでした。
気がつくと山頂です。
時間がないので、急いで下りました。
やっぱり写真を撮りながら。
そのまま、千歳に戻りました。
今日は千歳泊まりですが、最終便で飛べば、
東京から日帰りもできそうです。

_MG_5465.jpg
サマニユキワリは山頂近辺で最高に

_MG_5591.jpg
山を下って、しばらく日高の海岸沿いの道を走っていると、
夕日がきれいでした。
いい、一日でした。

テーマ : 高山植物
ジャンル : 写真

tag : エゾキスミレ サマニユキワリ

ボタハイ通信

アポイボタハイ参加者のみなさんに
お知らせ

アポイボタハイ新千歳空港の集合場所は、スカイマークの到着ゲート前にしますが、全日空、エアドゥなどをご利用の場合は空港到着階の中央部にある北海道ツアーデスクの看板の前でお待ちください。
北海道はまだ朝晩は結構寒くなります。

ワンダーフォーゲル 6月号

ワンダーフォーゲル 6月号

ワンダーフォーゲル 6月号のサブ特集「初夏花の山」、平標山の記事を担当しました。
平標山は6月にはいるとハクサンイチゲのお花畑になります。
近くてよい山です。

CCI20150525.jpg
ワンダーフォーゲル 6月号


●ボタハイ通信
さて、私は明日から北海道です。
ボタハイの参加者より早く入って様子を見てきます。
アポイボタハイの車は小さいので、荷物はできるだけ小さめでお願いします。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

バタバタの1日

朝、「リャァーリャアー」という大きな声で目が覚めました。
東京などに帰化しているワカケホンセインコです。
寝ている部屋の窓の横に大きなミモザの木があるのですが、
これに今、果実(豆)ヶ付いているのです。
まだ若いみなのですが、これがおいしいらしく、毎日飛んできては、
ミモザの実をちぎって、豆鞘を食い破り、生の豆を食べています。

午前中は生えている植物の選定をしたり、片付けをしたり、
最近出かけることが多いので、半日家のことをやっていました。
午後から、撮影と写真展の打ち合わせを兼ねて八王子の長池公園へ行きました。
その後、アウトドアショップのモンベル・アウトレットで買い物。
夜は、次回の撮影の手配と調べもの。
あっという間に時間ばかりが流れていきます。
ふう。

_MG_4982.jpg
長池公園は花の多い時期ではありませんでしたが、色々と楽しめました
ヤマグワの実が大きくなっていました
ヤマグワの実はおいしいですね

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : ヤマグワ

スミレの島、佐渡島

佐渡のスミレ

5月中旬の佐渡はシラネアオイのサドですが、
それでもスミレはたくさんありました。
スミレ、アオイスミレ、タチツボスミレ、ニオイタチツボスミレ
オオタチツボスミレテリハタチツボスミレ、ニョイスミレ、
スミレサイシン、ナガハシスミレ、シハイスミレ、マキノスミレ・・・。
確認はできなかったが、ツルタチツボスミレらしきスミレもあった・・・。
10種以上のスミレが一度に見られる佐渡はスミレのしまです。
不思議なのは、新潟本土でよく見られるオオバキスミレがないことでしょうか。

sado-nigata_15-05-17-0954.jpg
スミレサイシン

sado-nigata_15-05-16-0303.jpg
オオタチツボスミレ

sado-nigata_15-05-17-0874.jpg
テリハタチツボスミレ

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : テリハタチツボスミレ オオタチツボスミレ スミレサイシン

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2015年05月 | 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード