福知山に移動

福知山にいます。古くていい町のようです。よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト

西国33箇所めぐり

小雪降る海の京都

舞鶴を中心に、なぜか、西国三十三箇所めぐりをしてしまいました。
天橋立も30数年ぶりに行きました。
朝は雪が降ったり晴れたり、午後も雨が降ったり晴れたり、忙しいです。

このあたりは自然が豊富なところです。
オオキンレイカがある青葉山があるので、夏にまた来なければいけません。
酒天童子で有名な酒蔵に行ったり、なかなか楽しいですね。
松葉がに(ズワイガニ)のおいしいところですが、さすがに高価すぎて手が出ません。

テーマ : 旅行の写真
ジャンル : 写真

いきなり 舞鶴

舞鶴に来ました。
関西はのんびりしていいところです。
スーパーマーケットにいくと「オランダ」なる魚の練り物がありました。
ごぼてんのごぼう抜きのような形です。
なぜオランダというのか、なぞです。

_MG_2228719.jpg

年末の空気 12月27日

_C22270632.jpg
アカマツとコナラとモミジの落ち葉

東京都内の車の量が減っていました。
もう、大きな会社では年末の連休期間になっているのでしょうか。
静かでよい雰囲気です。

今年はまだモミジの紅葉が残っています。
近所にあるに落ち葉がたくさん落ちていました。
静かな、冬です。

2016年01月22日(金)     
奥武蔵 日和田山のスープランチ・ボタハイ 日帰り

落ち葉をカサカサ踏みながら歩きましょう。

日和田山は奥武蔵の標高305mの低山です。
関東平野の端にあるので、展望はよい山です。
奥武蔵の山を歩き、冬枯れの植物の撮影をします。
珍しい植物などはありませんが、静かな山歩きを楽しみましょう。
途中で、暖かいスープを作り、パンも用意します。
自然の中で楽しいランチを楽しみましょう。

●参加費用:5,000円、昼食代込み(交通費、保険代は含みません)
●最小催行人員:5名
●グレード:標高差が少ない低山登山。日和田山往復、コースタイム1時間50分。
歩くスピードはゆっくりで、コースタイムより遅く歩きます。
●集合場所:西武袋線 高麗駅 改札前
●集合時間:01月22日(水)09時45分
●解散予定:西武袋線 高麗駅、午後3時ころ
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、行動食、カップ、スプーンなどの食器など。
●予定:駅から歩き始めます。巾着田の横を通り、ふるさとの森を登ります。途中男坂と女坂に分かれます。やがて展望のよい金比羅神社へ。さらに登ると山頂です。標高差200m弱です。登山口から1時間30分で山頂に到着。山頂でスープランチを楽しみます。山頂から高麗駅へ下山します。    
●申し込み:どなたでも参加できます。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

tag :

久しぶりの和泉多摩川

和泉多摩川で撮影練習
_C22260289.jpg
多摩川の水面
ヒドリガモ、コガモ、ホシハジロが泳いでいます


久しぶりに和泉多摩川に行って、カメラのテスト撮影をしてみました。
もう冬枯れですが、写すものは結構あるものです。
とにかくカメラはたくさん撮影して機械に慣れ、機械の特徴をつかむことが大事です。
そうしないと、なかなか本番の現場でうまく撮影できない、なんてこともあるからです。
練習も楽しいです。
それにパソコンに向かってばっかりいないで、フィールドに出るのは楽しいです。
珍しい花、きれいな花がなくっても・・・です。

多摩川に行ったのは午後。
きれいな青空と、黄みがかった冬至近くの斜光線がきれいでした。
きれいな光を捕らえる練習も大事です。

_C22260267.jpg
コセンダングサ(Bidens pilosa L. var. pilosa)
熱帯アメリカ原産の帰化植物
果実には3~4本の棘がある
花は筒状花のみ


_C22260252.jpg
コセンダングサですが、外側の筒状花が白色です
ちょっと変わった個体です

テーマ : 多摩川
ジャンル : 写真

tag : 河原 コセンダングサ

メリークリスマス!

メリークリスマス! 

メリークリスマス!
ブログを読んでいただいている皆様によいことがありますように!

最近疲れ気味です。
クリスマスイブには、毎年恒例の豚の酒鍋を食べたら、
そのまま寝てしまいました。
どうも動きがよくありませんね。

さて前回の大房岬の続きです。

daibusamisaki-chiba_15-12-22-0095.jpg
エノシマキブシ(Stachyurus praecox× praecox var. matsuzakii?)
キブシとハチジョウキブシの中間型です
キブシに比べ、明らかに花序が長く、花数も大きく、花序の数も多い。
葉もキブシよりも大きい傾向があります。
咲いているときに見たいですね。

daibusamisaki-chiba_15-12-22-0137.jpg
イソギク(Chrysanthemum pacificum)
ほとんど終わっていましたが、
まだ咲き残っているイソギクがありました。
きれいな野菊です。

daibusamisaki-chiba_15-12-22-0164.jpg
大房岬は東京湾の入り口にあります。
このため、昔から軍事的要衝として使われてきました。
ここにはまだ戦時中の高射砲跡や探照灯設備跡などがあります。
写真は探照灯設備跡
探照灯を出したリ、いれたりできるようになっています。

daibusamisaki-chiba_15-12-22-0143.jpg
蜃気楼が出ていました。
東京湾の反対側、三浦半島が浮いています
城ヶ島が水面から一部浮いているような・・・

daibusamisaki-chiba_15-12-22-0062.jpg
太平洋と岩と、撮影する人
なかなか腰が入ってよい撮影ポーズです


大房岬(だいぶさみさき)ハイキングは無事終了。
NHK文化センターの講座はこれで今年は終了です。
最後は皆さんで忘年会となります。
会場は例年同じ、ふらり冨山ハイウェイオアシス内の
レストラン「あみなや」さんです。
海の近くなので、やっぱり魚がおいしい!
個人的に忘年会はやってませんので、
忘年会はNHK文化センターの講座のみです。


daibusamisaki-chiba_15-12-22-0010.jpg
つみれ汁
これは「あみなや」のものではありません
安くて体が温まっておいしいのです。
なんと180円!

daibusamisaki-chiba_15-12-22-0190.jpg
「あみなや丼」はいわゆる海鮮丼です。
乗っている刺身や貝などの具のボリューム感が強烈


daibusamisaki-chiba_15-12-22-0196.jpg
千葉の地酒「寿万亀 じゅまんがめ」
室温で飲むとスッキリして、ふくよかで柔らかな香りがすばらしい
おいしい清酒です

daibusamisaki-chiba_15-12-22-0200.jpg
アラ煮
今回はこれを注文!
いやうまいの何の
何の魚か分かりませんが、軟らかくてうまみが濃くって
私は刺身よりもこれがよいです

daibusamisaki-chiba_15-12-22-0202.jpg
カワハギのお造り
生きたままのカワハギをそのまま調理
肝あえにして食べます。
絶品です(私は写真撮影のみで食べていませんが)

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

tag : エノシマキブシ

大房(だいぶさ)岬

大房岬

daibusamisaki-chiba_15-12-22-0037.jpg
大房岬から見た館山湾


大房岬は、千葉県房総半島南部に位置し、
東京湾側に向かって突き出す半島です。
関東でも特に暖かい海に囲まれた半島です。
南簿往相国定公園に指定された自然公園になっているので、
気軽に自然を味わうことができます。
マテバシイの林が多い常緑広葉樹林に覆われています。
遊歩道は思ったよりもアップダウンがあり、
特に海岸に下りる階段は急坂です。
海岸に下りると、すばらしい海の景色が広がりました。
さっさと歩くと2時間程度で歩けますが、ゆっくり一日歩きました。

この日はNHK文化センター青山教室の講座です。
毎月一度の講座をふたつおこなっており、
これがそのひとつ。
今年最後の講座なので、忘年会をおこないました。
スイセンを買うのも目的のひとつ。
いい一日でした。

daibusamisaki-chiba_15-12-22-0006.jpg
朝、東京湾に浮かぶ海ほたるから南アルプスが見えました
北岳と間岳のようです

daibusamisaki-chiba_15-12-22-0013.jpg
スイセンは朝に買わないといいものはありません
午後に行ってもいいものはありません

daibusamisaki-chiba_15-12-22-0046.jpg
冬は木を見ながら観察です
シロダモを見ているのでしょうか

daibusamisaki-chiba_15-12-22-0094.jpg
広い芝生を歩く部分は気持ちがよいです

続く

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

谷口けいさんの遭難

_MG_229240.jpg
エルサレムの灯かり

谷口けいさんの遭難

昨日、北海道の大雪山で滑落した、谷口けいさんの死亡が確認との報道がありました。
本当に残念です。

谷口けいさんはすばらしい経歴を持ち、世界で認められたクライマーです。
山ヤにしか分からないような、創造的でマニアックな登山を続けてきました。
エベレストのツアー登山などとは比べ物にならないほど冒険的登山です。
登山の合間に、ツアーリーダーとして働いていました。

以前、登山ツアーのツアーリーダーとして仕事をしていたときに、
何度かサブとして入ってもらいました。
明るく、信頼が置け、卓越したツアーのコントロール技術と度量を持ち、
頭脳明晰で、山のルールはきちんと守り、
尊敬すべき仕事ぶりでした。
彼女が人間的にすばらしいと感じたところは、
自分が世界トップレベルのクライマーにもかかわらず、
お客さんに対し尊敬の念を持って対し、
優しく、明るく接していたところです。
最近は一緒に仕事をするということはありませんでしたが・・・。

山に対してとてもまじめな谷口けいさん。
ツアーのグループの先頭を歩き、
常に細心の注意をはらっての一歩一歩を思い出します。

心よりお悔やみ申し上げます。

444444.jpg
エルサレムにて

アタカマ砂漠に咲くスミレ ヴィオラ ポリポダ(Viola polypoda)

アタカマ砂漠に咲くスミレ 
ヴィオラ ポリポダ(Viola polypoda)


_MG_226340.jpg
ヴィオラ ポリポダ

チリのアタカマ砂漠に咲く植物はまだまだ紹介できないものがたくさんあります。
このポリポダスミレ(Viola polypoda)もそのひとつ。
花の小さいスミレです。
花の直径は1cm弱一年草と書かれた本もありますが、2年草のような形態でした。
葉は細長く伸びます。
距は短く、側弁の内側には毛が生えます。
ポリポダスミレの花期は長そうです。
花の咲いているときにも、果実が下に見えています。

qardera-chile_15-09-26_0088.jpg
ポリポダスミレは側弁の内側に毛がある
柱頭の先端は三角形



●以前、何度も一緒に山の仕事をしたことがある谷口けいさんが滑落した、
という報道がありました。
詳細は分かりません。
北海道大雪山の黒岳付近です。
何とか無事であることをお祈りします。
明日の捜索で無事保護されるとうれしいです。
谷口けいさんは日本のトップレベルの登山家。
人間的にもすばらしい人なのです。

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : ヴィオラ ポリポダ スミレ アタカマ砂漠

上州の隠れ名山、椀名條山

_MG_228469.jpg
椀名(篠山)條山

群馬県みどり市北部の椀名條山は、山深い上州の山々に囲まれた、静かな山です。
周囲を深い谷に囲まれた、名が細い尾根の山です。
登山者は非常に少なく、とても静かな雑木林の山歩きが楽しめます。
標高差は500mちょっとでややきつい山です。
ルートただ尾根をトレースするだけで分かりやすいのですが、
登山者は少なく、トレイルは踏み跡程度です。
自然の雰囲気がとてもいい山なのです。


_MG_228478.jpg
アカマツが輝いていました

_MG_228402.jpg
歩きやすい尾根道

_MG_228462.jpg
今日のランチはおでんラーメン
山で食べるおでんは、なかなかおいしいです


_MG_228539.jpg
ここまで来たら、桐生に寄らなければいけません
桐生と言えばこのマロンエクレア!
ウチヤマのマロンエクレアはとてもおいしいのです
日本一と言ってもよいくらい

テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

tag : 椀名篠山

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2015年12月 | 01月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード