春盛り、片倉ボタハイは花盛り

ボタハイ片倉も無事終了。
今日は暖かく、花もたくさん咲いていて、なかなかよい半日ボタハイでした。
カタクリはピークをちょっと超えていました。
カタクリの撮り方のアドバイスを事前に行い、そのまま撮影。
撮影アドバイスをしながら、たくさんの花を楽しみました。
今年は少しヤマブキソウも咲いています。
開化は例年よりも早いようです。

みなさんそれぞれ考えながら撮影しています。
いろいろな角度からカタクリやヤマツツジの撮影。
寄ったり離れたり。
真剣に撮影すると疲れます。

半日ボタハイは初めてでしたが、午後自由になるのはよいですが、
短時間でいろいろなことをしなければならないので大変です。

_3318614.jpg
カタクリ(Erythronium japonicum)
花被の内側のギザギザ模様がよく見えます
花粉はちょっと出てしまったようです

4444488.jpg
二輪のカタクリが並んでいました
ちょっと空を入れると奥行きが出ます

_MG_4446919.jpg
たくさんのカタクリが咲きました
人もけっこうたくさんいます・・・

_MG_4446842.jpg
ヤマザクラ(Cerasus jamasakura)が満開です
垂れてきてきれいです

4444488_1.jpg
アマナ(Amana edulis)は朝閉じていましたが、昼ころ開きました
また午後には閉じだしていました

_3318600.jpg
サギゴケ(Mazus miquelii)もありました


_MG_4446910.jpg
おまけでカワセミ
スポンサーサイト

tag : ボタハイ カタクリ サギゴケ

春です 

_3308047.jpg
近所でいっぱい咲いていたハナニラ

今日はちょっと温かい日でしたね。
昨日オリンパスから、人気のデジカメ、OLYMPUS STYLUS(スタイラス)TG-4 Tough
に面白そうなアクセサリーが発売されました。
フラッシュディフューザー「FD-1」です。
顕微鏡モードで撮影時に、フラッシュの光をうまく当てることができるものです。
顕微鏡モードの時はか雨らから近いため、光が少なく暗いので、ISO値
が上がって手ぶれや、画像の劣化が見られたのですが、これが解決するはずです。
今まで手製のディフューザーしかなかったのですが、今回発売されたものは大変便利そうです。

オリンパスの発表
http://www.olympus.co.jp/jp/news/2016a/nr160329fd1j.jsp



●ボタハイ通信

明日の片倉ボタハイは予定通りに行います。
●集合場所:京王線片倉駅 改札前 (JR横浜線ではありません)
●集合時間:03月31日(木)09時05分
●解散予定:京王線片倉駅 正午ころ(現地解散になるかもしれません)

カタクリなども咲いていそうですので楽しみですね。

テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : ハナニラ

キプロスの花 ロマナ・ハクサンチドリなどのラン 

夕方から新しい図鑑を作る打ち合わせ。
昨日から準備に忙しく、なんだか疲れました。
明後日のボタハイは天気がよさそうでほっとしています。
今日もキプロスの花を紹介していきます。


キプロスの花 
ロマナ・ハクサンチドリなどのラン


16-03-14_akamas-cyprus-0356.jpg
ロマナ・ハクサンチドリ(Dactilorhiza romana) 
クリーム色の花が美しい
標高300、、程度の丘にある明るい林に咲いている


16-03-14_akamas-cyprus-0616.jpg
マクラタ・ネオティンアエ(Neotinea maculata)
草丈20㎝程度の小型のラン

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : キプロス

キプロスの花 アスタルテ・オフリス(Ophrys astarte)

キプロスの花 
アスタルテ・オフリス(Ophrys astarte)
 
 
_3166521.jpg
まだまだこれからが花期です

_3166581.jpg
花の模様は個体差がありいろいろ


蜂に擬態したラン。
雌蜂だと思って雄蜂がやってくる。
花粉塊をつけてまた別の花に行って受粉させる
このような戦略をとっている。

キプロス固有種。
草丈は20㎝程。
花は高さ2㎝程。
パフォスの森にて。

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : アスタルテ・オフリス

掲載誌のお知らせ「山と渓谷4月号」

掲載誌のお知らせ「山と渓谷4月号」 

CCI20160327.jpg

山専門の月刊誌「山と渓谷」の4月号の記事で、
「大佐渡山脈縦走トレッキング」のページの写真を担当しています。
ほぼ6ページ分です。
初夏の楽しい山歩きの写真をたくさん載せています。
私としてはもっと花の写真を載せていただきたかったのですが・・・・。

春の大佐渡は、シラネアオイの大群落、スミレ、キクザキチゲ、ザゼンソウ、
そして圧倒的な迫力で迫ってくるカタクリの大群落。
ヤマケイには載っていませんが、本当はたくさんたくさん花を撮ったのです。

sado-nigata_15-05-17-0167.jpg
5月の佐渡のシラネアオイ


来月も佐渡に行く予定をしています。
アルパインツアーのネイチャリング事業部のツアーです
楽しみですね。

●ボタハイ通信
3/31の片倉城址ボタハイは大雨でなければ催行予定です。
まだ若干空きがあります。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

tag : シラネアオイ

キプロスの花 (Ranunculus cadmidus var. cyprius) (Corydalis rutifolia) 

キプロスカディミウス・キンポウゲ(Ranunculus cadmidus var. cyprius)

_3176691.jpg
キプロスカディミウス・キンポウゲ(Ranunculus cadmidus var. cyprius)
スキー場があるような高山に生える
中でも岩場など厳しい環境の場所を好む

_3176684.jpg
キプロスカディミウス・キンポウゲ(Ranunculus cadmidus var. cyprius
花のアップ


キプロス島のトロードス山の高山域の固有種。
このエリアを歩いていると普通種。
とはいっても、地中海域で雪山はキプロス島とクレタ島くらい。
高山性のキンポウゲはこのふたつのエリアにしかないでしょう。
ほかに花が咲いていない早春に咲く。
草丈3㎝程度。
花の直径1.5~2㎝。
キンポウゲなので、萼片があります。


ルティフォリア・キケマン(Corydalis rutifolia) 

キプロス島の高山対のみに分布する固有種。
キケマン属はエンゴサクといったほうがよいでしょう。
オキプロスのオリンポス山の砂礫地、草地に生える。

16-03-17_mtolinpos-cyprus-0248.jpg
ルティフォリア・キケマン(Corydalis rutifolia)
ほかに花が少ない早春
雪融けすぐに咲く

_3176716.jpg
ルティフォリア・キケマン(Corydalis rutifolia)
花の形はエンゴサクと同じ

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : キプロスの植物

キプロスの花 ロエアス・ケシ

キプロスの花
ロエアス・ケシ(Papaver rhoeas)


地中海世界に広く分布する大型のケシ。
真っ赤の花がよく目立つ。
直径10㎝にもなり大きく目立つ。
花弁は4枚。
ムギ畑や、荒れ地に生える。

16-03-15_pfos-cyprus-0145.jpg
キプロスのパフォスにある世界遺産の中にある野生花畑
ロエアス・ケシ(Papaver rhoeas)

16-03-15_pfos-cyprus-0152.jpg
よく狙ってパチリ
下半身が安定して、
すばらしい撮影ポーズです
獲物を狙うネコ科の野生動物のよう

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : ロエアス・ケシ(Papaver rhoeas)

10年間続いたNHK文化センター青山教室に感謝

ありがとうございます
10年間続いたNHK文化センター青教室


昨日で、NHK文化センター青講座を開いてから10年経ちました。
2006年の4月からです。
このときは月に一回だけ。
2007年の4月に、あまり歩かない火曜日と、結構歩く水曜日の
月に2回になりました。
最初から2011年3月以外は一度も休まず続けました。
合計297回!
思ったよりもたくさん歩いていますね。
風邪で休みこともできないので、体調のコントロールも、
大事な仕事のひとつ。

一番きつかったのが、コースの選定。
たくさんのからなるべく昔歩いたは歩かないようにして選定。
受講者のみなさんの体力も考え、状況も考え、次期も考え・・・。
まったくよく続いたものです。

最初始めたときはどうしていいか不安だったし、
受講者のみなさんが楽しんでいるかどうかわかりませんでした。
講座を続けることができるか、自信もなく、
わからないことばかりでした。
サブの久徳さんに何度も相談しました。
でもみなさんが楽しんでいるように見えたし、
どんどん歩けるようになって、
成長していく様子が励みになりました。

長く続けることによって、私も少しは成長したような気がします。
受講者のみなさん煮教えられることもたくさんありました。
成長できたのも、受講者のみなさんのおかげです。
ありがとうございます。
感謝、感謝。
久徳さんもありがとうございました。
家族の助けにも感謝。

大昔の2007年ころの写真です。
最初の写真はまだふたつに分かれていない時の講座です。
懐かしいですね。

073576.jpg
2007年の宝登

078495.jpg
南会津のヒメサユリのハイキング

071302.jpg
霧ヶ峰の車山頂にて

071447.jpg
日光の高山


075449.jpg
鋸山

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

tag :

白鳥山へ

白鳥山

NHK文化センター青山教室の講座の講師で、今日は白鳥山に登りました。
途中はあまり展望も花もない登山道ですが、
安定していて気分よく歩けます。
山頂の展望はよく、南アルプスやが見え、富士山は大きく高くそびえます。
とてもいい山でした。

16-03-23_shiratoriyama-yamanashi-0031.jpg
ヒノキとスギの樹林を登る


16-03-23_shiratoriyama-yamanashi-0114.jpg
ニリンソウが咲いていました

16-03-23_shiratoriyama-yamanashi-0058.jpg
山頂付近は樹林帯の急登

16-03-23_shiratoriyama-yamanashi-0032.jpg
途中には道標がたくさんあり


16-03-23_shiratoriyama-yamanashi-0087.jpg
山頂からは富士山が・・・

テーマ : 山の花
ジャンル : 写真

tag : 白鳥山

高草山へ

NHK文化センター青山教室の講座の講師で、
静岡県の低山、高草山に行きました。
天気もよく、眺めもよく、暖かく、気持ちのよい山歩きでした。

この山はスミレが多く、たくさんの種類が見られます。
タチツボスミレも、いくつかタイプがありました。
白花のシロバナタチツボスミレ、小型のタチツボスミレ、ナガバノタチツボスミレに近いタイプ。
花が大きく、よく茎立ちし、葉に艶があり、托葉も大きく切れ込みが深いシチトウスミレタイプ。
そしてコスミレの群落。
よい香りのニオイタチツボスミレ。
10種ものスミレに合うことができた山歩きでした。

帰りには、もちろん焼津港直送の、釜あげシラスを購入。
今日の夕食はは釜あげシラス丼にしました。

16-03-22_takakusayama-shizuoka-0003.jpg
静岡の美しいお茶畑
パターンが面白いです


16-03-22_takakusayama-shizuoka-0015.jpg
ヤシャブシの花が咲いています
なぜかみな気に入っています

16-03-22_takakusayama-shizuoka-0013.jpg
トウカイタンポポ
花はゴージャッス
葉は広い


16-03-22_takakusayama-shizuoka-0232.jpg
春の低山を歩くのは気持ちがよいですね


16-03-22_takakusayama-shizuoka-0046.jpg
ニオイタチツボスミレ

16-03-22_takakusayama-shizuoka-0208.jpg
オウギバセントウソウ

16-03-22_takakusayama-shizuoka-0236.jpg
コスミレの群落

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : コスミレ 高草山 トウカイタンポポ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2016年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード