芝公園歩き

仕事のお手伝いで、芝公園の公園歩きをしました。
帰化植物が花盛り。
あまりこんなに花のいい時期に都内にいることはないのですが。

新緑の森がきれいです。
春はいつも気持ちがよいです。
いろいろ歩き回ったので、少し疲れ気味です。

_4304152 - コピー
ドバトが仲よく
気持ちよさそう

_4304097 - コピー
オニタビラコ
今が花盛り

_4304025.jpg
ウラジロチチコグサ

_4304052 - コピー
芝公園にも森がある


;">●ボタハイ通信

ボタハイで、鹿児島の屋久島を計画しています。
屋久島は、特殊な植物の多い島。
ヤクシマシャクナゲ、ヤクシマスミレ。
屋久島高知には「ヤクシマ」と着いた植物がたくさん。
そんな珍しい花を見るためには、少し登る必要があります。
今回は、一番近い黒味岳に登る予定です。
コースタイムで5時間55分。
標高差471m、往復10.2Km 。
この登山は、一日使える二日間のどちらか天気のよい日に歩きます。
素晴らしい山を、一緒に歩きませんか。

2016年5月17(火)~5月20日(金) 
屋久島ボタハイ4日連続 鹿児島空港集合


すばらしい花の山である屋久島の山を歩きます。ヤクシマシャクナゲ、サツキ、ヤクシマスミレなどを探します。長時間登山はせず、屋久島特有の植物が多い、黒味岳を目指します。詳しい日程は、後日発表します。

●日時  :2016年5月17日 午後鹿児島空港集合。
●集合場所:鹿児島空港 到着ゲート前。解散は屋久島の港。
●最少催行人員:4名
●講座代金:7,000円×4日間(交通費は含みません)
●持ち物 :お弁当、水筒、雨具、観察用具、低山登山に必要なもの、宿泊用品をお持ちください
●グレード:標高差があり低山歩きとしてはきつめで、コースタイムよりゆっくり歩きます。
●装備  :低山日帰り登山ができるもの。登山靴、雨具、防寒具、ザック、水筒、行動食など。
●申し込み:山歩きができる方ならだれでも参加できます。
      メールしてください。
●日程: 詳しい日程は、後日発表します。
1日目:鹿児島空港集合し、鹿児島港に移動し、高速船にて屋久島へ。
2日目:天候を見て、よい日を黒味岳登山に決定します。
3日目:白谷雲水峡のハイキングなど。
4日目:午前、海岸で植物観察し、昼頃港で解散。

スポンサーサイト

また小石川植物園

風が強くて、砂嵐が吹いたような一日でした。
また今日も別の仕事のお手伝いで、小石川植物園に行きました。
ハンカチノキの花などはもう終わり。
風が強くて、目に砂やごみが入りました。

_4293814.jpg
ナンジャモンジャの木と呼ばれるヒトツバタゴ

_4293716.jpg
ハンカチノキの花が落ちていました

_4293958.jpg
よい天気

大学の恩師

出身大学の甲南大学の恩師、堀直先生が東京にいらっしゃったので、
東京に来ている当時のゼミ生3名と一杯飲みました。

先生は今も元気で、よかったです。
大学の時の先生とゼミ生との海外旅行の話などで盛り上がりました。

友人たちと、四半世紀以上ぶりに会いました。
お腹回りや頭の毛は変わっていますが、雰囲気は大学時分と変わりません。
柔和な笑顔で、きびしい笑いをとる言動は昔とかわりません。
本当によいですね。
いい日でした。


日光の山は花の山

NHK文化センター青山教室の講座で日光の大山に行きました。
天気はあまりよくなく、山頂は寒い風が吹き付けていましたが、
アカヤシオの花がすばらしく、いい山歩きになりました。

16-04-27_nikkooyama-0002.jpg
歩き始めは道路をくぐるトンネルから


16-04-27_nikkooyama-0004.jpg
カタクリがよい状態で咲いていました

16-04-27_nikkooyama-0016.jpg
アカヤシオがこんなに色濃く咲いている
のを見たのは初めて


16-04-27_nikkooyama-0034.jpg
野生のワサビ
小さな花が咲いていました

16-04-27_nikkooyama-0046.jpg
山頂付近は牧草地
霧に巻かれて歩きます

16-04-27_nikkooyama-0180.jpg
ヤマエンゴサク

16-04-27_nikkooyama-0109.jpg
霧の牧場



テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : 大山

スミレ、スミレ

NHK文化センター青山教室の講座で箱根を歩きました。
たくさんのスミレに出会いました。
タチツボスミレ、オトメスミレ、シロバナタチツボスミレ、シコクスミレ
ニオイタチツボスミレ、ニョイスミレ、ヒメミヤマスミレ
ナガバノスミレサイシン、シコクスミレ、エイザンスミレ。
いい山歩きでした。

_MG_55559940.jpg
オトメスミレ
タチツボスミレの白い花の品種で距が紫、
ということでしたが、
葉の形や全体の雰囲気が少し違います

_MG_5559940.jpg
ヒメミヤマスミレ
葉裏は緑色、鋸歯は荒い





テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : ヒメミヤマスミレ

小石川植物園でセイシカ満開

小石川植物園に今日行きました。
月曜日はお休みなのですが、取材なので中に入って撮影しました。
人がいない小石川植物園は静かに、
そこで働く人だけが静かに作業していました。

セイシカが満開です。
ハンカチノキも咲いているようです。
いい季節です。

_MG_0800.jpg
セイシカは西表島などに咲くツツジ科の植物
西表島では3月はじめから咲き始めます
常緑のツツジです
とてもよい香りがします



エクアドル、熊本地震に被災された皆さまの
復興を心よりお祈り申し上げます

テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

tag : 小石川植物園

ユキモチソウ

四国にはユキモチソウが咲いていました。
すばらしい花ですね。
ユキモチソウはなかなか見られない花ですが、
今回はたくさん見られました。

16-04-22_1-0170.jpg
ユキモチソウの後ろ姿

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : ユキモチソウ

中国、四国取材から帰りました

昨日、久しぶりに中国、四国の巣材から帰りました。
昨日は帰ったとたんにバタンキュー。

今日もちょっとかたずけをした程度で、
ぐったりと疲れて昼寝したり、仕事をしただけで
ちょっと休憩日としました。

16-04-22_1-0128.jpg
フジツツジ
美しい小型のツツジ
フジツツジは近畿以西九州に生える
雄蕊は5個
花は小型

16-04-22_1-0453.jpg
ウンゼンツツジ

花は普通のツツジのような形ですが
花の直径は非常に小さく1.5cm
大きさはこの写真ではわかりにくいです
葉は長さ5mm程度
断崖に多く生えます
出会いは感動的でした

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : フジツツジ ウンゼンツツジ

雨雨降れ降れ

朝から1日猛烈な雨。
運転しにくいほど。
当然撮影はできませんでした。
今日は移動日にしました。
四国は大きくないようで、
移動に時間がかかるのです。

高知県の西の端から、
東の端近くの馬路村に移動しました。
明日は深い谷に分け入り、
フジツツジとウンゼンツツジ、
その他の花が咲いていることを
期待しています。
ここは柚子で有名ですが、
植物も面白いのです。
明日はいい天気のようで、
楽しみだなあ。

(ツクシ)アケボノツツジ(ツクシを追加2016.5/7)

愛媛県と高知県の県境にある、篠山に登りました。
アケボノツツジで有名な山ですが、フジツツジの日本有数の観察ポイントだと、
山と渓谷社の「木に咲く花」の初版に書かれていたからです。
フジツツジはひとつも見られませんでした。
遅すぎるのかも知れませんが、、、。

とにかく、(ツクシ)アケボノツツジは咲き始めのきれいな状態でした。
もう盛りを過ぎた花もありましたが、多くの木はこれからです。
アケボノツツジは西日本を中心とするツツジです。
関東には近縁のアカヤシオがあります。

追記2016.05.007:篠山周辺から高知のアケボノツツジは、九州に分布の中心がある、
ツクシアケボノツツジのようです。
雄しべが無毛です。
アケボノツツジは雄しべに毛が少し生え、
アカヤシオは雄しべに毛がたくさん生えています。
ツクシアケボノツツジ撮影後に気が付きましたが、ヤマケイの「樹に咲く花」でも
「篠山のアケボノツツジはツクシアケボノツツジタイプ」と書かれていました。
四国だからといって、筑紫のものがないとは限らない。
日々勉強が必要です。
追記終了

もうひとつの花は、ヒメミヤマスミレ
花色は白のものが多いのですが、ここのヒメミヤマスミレは、
花色は薄紫で、葉が長いのが特徴です。
とてもきれいで特徴あるヒメミヤマスミレです。

_4202645.jpg
(ツクシ)アケボノツツジ
花はピンク色で、開広
葉が展開する前に花が咲くので、
花が目立つ


_4202641.jpg
ヒメミヤマスミレ
特徴あるスミレ
葉の鋸歯が荒いのも特徴のひとつ
葉裏は基本緑色
ここの個体は側弁の内側に毛がない

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : アケボノツツジ ヒメミヤマスミレ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2016年04月 | 05月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード