小石川植物園 ボタハイ

ボタハイ

いよいよ明日は水元公園ボタハイです。
天気はあまりよさそうではないものの、
雨の中の撮影になるかもしれませんが、
それならば、雨粒の付いた植物の撮影をしましょう。
できれば少しだけ光があるといいのですね。

_9290155.jpg
タヌキマメ(Crotalaria sessiliflora)
マメ科
午後になると、急に咲き始めます
小石川植物園のボタハイで撮影



_9290076.jpg
ツユクサ(Commelina communis)
雄しべと雌しべ
X字形の雄しべと、Y字形の雄しべ、普通形の雄しべ
くるんと巻いた雌しべ
ツユクサを本当にかわいいですね

OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
ケンコーデジタル接写リングセット
スポンサーサイト

テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : ボタハイ ツユクサ

小石川植物園 ボタハイ

午後から雨のの予報でしたが、
今日のボタハイは午前中だったので、
とにかく行ってみることにして、ボタハイを催行しました。
結果としては、雨など一滴も降らない、よい一日でした。

入口には朝一番のスイフヨウ(酔芙蓉)の白い花が咲いていました。
そして、中を歩くと、日差しがあって暑いくらい。
色々撮影もできました。

_9290014.jpg
朝のスイフヨウ
まだ純白


_9290160.jpg
昼過ぎのスイフヨウ
もうだいぶ赤くなっている
上の写真と同じ個体です

_9290130.jpg
キツネノマゴ


_9290121.jpg
カリガネソウ


_9290062.jpg
シナノアキギリ

_92900301.jpg

ナガエコミカンソウ(別名:ブラジルコミカンソウ)


OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
LUMIX G MACRO 30mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S
LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.

テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : ボタハイ

玉原高原 長沢

玉原高原 長沢

昨日から、ずっとどうしようか悩んでいました。
今日はNHK文化センターの野外講座。
迦葉山の予定だったのですが、この山には岩場もあり、
行動時間も長いので・・・・無理。
サブの予定では三浦半島の海岸歩きだったのですが、
台風が接近しているので、どうやら波が高そう・・・。
玉原高原の長沢(1,302m)にしました。
長沢というのは変わった名前のピークです。
長沢三角点との名前もあります。
広大なブナ林と、美しい高層湿原の玉原湿原に囲まれた、
静かで自然豊かな山です。

もう少し天気がいいと思っていました。
昼から雨が降るくらい程度に・・・・。

しかし、実際は歩き始めだけが曇り。
ブナやトチノキ、ホウノキの美しい森です。
少しだけ紅葉が始まり、まだ緑もきれいです。
黄色に色づいた葉もたくさん。
45分程歩いたら、雨が降り始めました。
途中からけっこうな降りになりました。

山頂に付いたら雨は止みました。
ほっほっほっ。
山は楽しいですね。

広く、きれいな玉原湿原を抜けて・・・。
登山口に戻りました。
玉原高原センターハウスは営業していませんでした。
雨がざあざあ降ってきました。

帰りには雨も止み、赤城のリンゴを買って、
ブドウをたくさん買って・・・・。
帰りました。

NHK文化センターの講座は半年ごと。
今回長く継続されていた方が、
数人が辞められるとのことでした。
残念で寂しいですね。
長い間本当にありがとうございました。
いつもお手伝いしてくれるQさん、ありがとうございます。

IMG_220822.jpg
美しい玉原高原の森
大きい葉はホオノキ、小さい葉はブナ


16-09-28_nagasawa-gunma_0017.jpg
狭い長沢の山頂


16-09-28_nagasawa-gunma_0019.jpg
サワグルミの森を下る
ここもよい森でした

IMG_220844.jpg
玉原湿原のハクサンタイゲキ(Euphorbia togakusensis)
紅葉がきれいです

CANON EOS M3
Canon EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM 
CANON EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM

テーマ : 山の花
ジャンル : 写真

tag : ハクサンタイゲキ

榛名山 鬢櫛山 

NHK文化センターの講座で、榛名山の鬢櫛山に登りました。
花も咲いていてなかなか気持ちの良い山歩きでした。

IMG_110756.jpg
明るい霧が出ていましたが、
昼過ぎには青空になりました。
ミズナラの森にて

IMG_110769.jpg
山を下りてくると、
ユキザサの赤い実がありました
ユキザサ(Maianthemum japonicum)
キジカクシ科

16-09-27_bingushiyama-gunma_0049.jpg
種子が大きいアケボノスミレ


IMG_110812.jpg
帰りには水沢で水沢うどんを食べました。

CANON EOS M3
Canon EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM 
CANON EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM

◆ボタハイ通信
訂正 小石川植物園ボタハイ 催行予定
千石駅南改札前集合は間違い→→→都営三田線白山駅南側改札前集合です!
失礼いたしました。

テーマ : 山の花
ジャンル : 写真

tag : NHK文化センター 鬢櫛山

鉱石山でEOS M3を試す

機能は久しぶりに晴れ。
買ったばかりのEOS M3で撮影してみました。
もともとはEOS Mというちょっと古い機種で満足していたのですが、
今回M3を買って使って撮影してみて、
撮れたそのすばらしい画像をパソコンの画面で見て、
早く買えばよかった、と思いました。

1・画素数が増えたこと。
2・高感度が使えるようになったこと。
3・ちょっとだけオートフォーカスが速くなったこと。
まあマイナス面もありますがおおむねよかったということです。

さて、今回登った鉱石山は、群馬県北部武尊山の南麓にある低山。
去年まで途中の山で伐採作業が行われていて、
近づくことを遠慮していたのですが、どうやら作業が終わったようなので、
調査に出かけました。

鉱石山の名前は、紙やすりの原料となる石、
ザクロ石(ガーネット)の鉱石を採取していたことから。
宝石になるほどの純度はありません。
ザクロ石はトロッコで運び出されていたので、
今も線路の跡が残っています。

ミズナラ、クリ、ヤマハンノキ、ハウチワカエデ、ブナ
などの落葉広葉樹林の自然林が多く、
伐採跡には花も多く、なかなかいい山でした。
人が少ないのもよいです。

16-09-25_kosekiyama-gunma_0327 - コピー
暗い杉林から明るい草地を望む
EOS M3だと細かいところまで描写できる
CANON EOS M3
Canon EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM


16-09-25_kosekiyama-gunma_0240 - コピー
フシグロセンノウ(Silene miqueliana)
晩夏の山を彩る花
EOS M3のタッチパネルでピントを合わします
CANON EOS M3
Canon EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM


16-09-25_kosekiyama-gunma_0354 - コピー
マタタビ(Actinidia polygama)
猫にマタタビのマタタビです。
まだ果実は熟していません。
かじってみましたが、シブーっとなりました。
今年はマタタビの当たり年のようです
CANON EOS M3
Canon EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM

IMG_110451 - コピー
タイリンヤマハッカ Isodon umbrosus (Maxim.) H.Hara var. excisinflexus
カメバヒキオコシに近い種類だが、
新潟県から北の本州日本海側に生える。
カメバヒキオコシが花の長さが1㎝以下に対し、
タイリンヤマハッカは1cm以上ある。
CANON EOS M3
Canon EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM

IMG_110655.jpg
アブラチャン(Lindera praecox )の果実
EF-M28mm F3.5 マクロ IS STMのレンズにはきびしい
逆光での撮影。
もろに光が入るとゴーストが出るが、
何とかこの状態だとOKです。
CANON EOS M3
Canon EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM

テーマ : 山の花
ジャンル : 写真

tag : EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM アブラチャン タイリンヤマハッカ

鉱石山

久しぶりに北関東はよい天気になりそうな天気予報だったので、
昭文社の山と高原地図「谷川岳・苗場山・武尊山」
の取材で鉱石山に登りました。

人が極端に少なく静かでいい山でした。
山麓には花も多く咲いています。
早朝から夜まで車の運転、山歩きと疲れたので、詳しくは次回。

IMG_10532.jpg
鉱石山はまだまだ緑が美しい
CANON EOS M3
CANON EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM


IMG_10356.jpg
カントウヨメナ
CANON EOS M3
Canon EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM 



tag : 鉱石山 カントウヨメナ

新しいデジタルカメラ CANON EOS M3

新しいデジタルカメラ CANON EOS M3

いまさらながら、新しいデジタルカメラを導入しました。
キヤノンのAPS-cサイズのミラーレスカメラのEOS M3です。
2420万画素CMOSセンサー、
ハイブリッドCMOS AF III、
カメラと電池で約366g。
軽くコンパクトなわりに、
画質はすばらしいのが特徴です。

今までずっとEOS Mを2台使っていたのですが、
1台が調子悪くなっていたので、
ついにEOS M3を購入しました。
発売日は2015年 3月26日もう1年以上たって
だいぶ安くなってきたので買おうと思って、
チラシに誘われて買いに行ったら、
なんとチラシのプリントミスで展示品とのこと。
さすがに、展示本は安くてもひどい扱いなので
プロとしては購入はしにくい。
そりゃないよと、新品をちょっと安くしてもらって購入。
ボディだけ。
色々いじってみたらおもしろい。
久しぶりに午前中雨が降らなかったので、
色々なレンズを使って撮ってみた。
今のところなかなかいい感じです。

_9240048.jpg
EOS M3
ダイヤルがみっつあって操作しやすい
日達に見えるがシャッターボタンの周りも
ダイヤルだ。
色々細かい操作が直感でできる


IMG_0166.jpg
シロバナマンジュシャゲ(Lycoris x albiflora)
ショウキズイセンとヒガンバナの雑種という説が多いが、
どうやら違っているようだ。
詳しく調べてみる必要がある。
CANON EOS M3
CANON EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM

IMG_0146.jpg
ヒガンバナ(Lycoris radiata)
低い位置から見上げるように撮影
ミラーレスカメラはこのような撮影が便利
CANON EOS M3
CANON EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM

IMG_0256.jpg
カタバミ(Oxalis corniculata)
小さい花をアップに撮ると、とてもきれい
葉の縁に毛が生えている
CANON EOS M3
Canon EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM 


IMG_0190.jpg
キツネノマゴ(Justicia procumbens var. procumbens)
実物の10倍以上に拡大
花冠の下弁の模様や凸凹まではっきり見える
CANON EOS M3
Canon MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト
Canon スピードライト270EX II




テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : EOS M3 シロバナマンジュシャゲ

EF-M28mm F3.5 マクロ IS で撮影したミズヒキ

EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM
スピードライト270EX II
ミズヒキを撮影


今日も天気が悪いです。
カメラのテスト撮影に行きたいのですが、
天気が悪くてどこもいけません。
早く花の撮影に行きたいな。

ミズヒキ(Persicaria filiformis)はすごく撮影が難しい植物です。
花が小さいわりに、立体的で。
赤と白の微妙なグラデーションも難しい。
でもこの新しいレンズ
EF-M28mm F3.5 マクロ IS STMとスピードライト270EX II)
の組み合わせで撮影すると、なかなかうまく撮れました。

_MG_2589.jpg
バックを黒くしてみました。
ミズヒキの花が浮き出します
横位置で撮った写真を縦位置にトリミング
EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM
スピードライト270EX II
EOS M
絞りf13


_MG_2600.jpg
白バックで撮ってみました。
全体のディテールがよく出ています。
花の付け根には蜜の水滴が見えます
横位置で撮った写真を縦位置にトリミング
EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM
スピードライト270EX II
EOS M
絞りf18

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM

西オーストラリアの道

西オーストラリアの道

西オーストラリアの旅は長い旅です。
今回の旅は2,600Km。
自分が運転していたわけではありませんが、
いつも道路を見ていることになりました。

赤土の大地、100kmにも渡って続く麦畑、花畑、
アブラナ畑、灌木の土地、砂漠。
どこまでもどこまでもつながる道。
おもしろくって、いつまでも見続けてしまいました。
あまりバスの中では寝ていませんでした。

地平線・・・。
延々と続く道。
西オーストラリアの道はおもしろいです。

16-09-02_moora-WA-0265.jpg
赤土の道
西オーストラリアは未舗装路が多い
赤土がとても美しい
黄色い花はワタゲハナグルマ

16-09-02_moora-WA-0274.jpg
道脇にはワタゲハナグルマの黄色い花が
ワタゲハナグルマは南アフリカ原産の帰化植物


16-09-02_moora-WA-0268.jpg
ワトルと呼ばれるアカシア
西オーストラリアには何種類ものアカシアがある
白いのはホワイトポンポンヘッド


16-08-31_monkymia-WA-0437.jpg
ウシ、エミュー(オーストラリアのダチョウ)、カンガルー
道に出てくるから注意の看板

Canon EOS 5D Mark II
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM


テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : 西オーストラリア ワタゲハナグルマ

掲載誌のお知らせ「趣味の園芸10月号」

NHK出版の「 趣味の園芸」に写真を掲載しています。
西オーストラリアのサザンクロスの写真です。
日本の園芸店で売られている「サザンクロス」と呼ばれている植物は、
クロウエアという植物です。
昨日の植物はサザンクロスの一種、レシュアーサザンクロス。
CCI20160921.jpg




●ボタハイ通信


2016年09月29日(木)
 小石川植物園撮影ボタハイ (半日)


植物撮影術基本中心です。
日本を代表する植物園。
下草も面白いのが生えています。
公園でゆっくり植物写真を撮影しましょう。
群落の撮影、花の超アップの撮影など。
少人数限定。
大雨の場合中止、前日に決定。

●参加費用:3,500円(交通費は含みません)
●最小催行人員:5名
●グレード:散策。
●集合場所:都営三田線千石白山駅 南側改札前 小石川植物園正門前
●集合時間:09月29日(木)09時00分
●解散予定:小石川植物園 正午ころ
●持ち物:観察道具、飲み物など。
●予定:千石白山駅から歩いて小石川植物園へ。ゆっくりと園内を歩き、正午頃解散。    

●申し込み:どなたでも参加できます。メールでご連絡ください。


2016年10月01日(土) 
水元公園撮影ボタハイ (半日)


植物撮影術基本中心です。
水元公園は、水辺の植物が撮影・観察しやすい場所。
絶滅危惧植物なども見られます。
公園でゆっくり植物写真を撮影しましょう。
群落の撮影、花の超アップの撮影など。
少人数限定。
大雨の場合中止、前日に決定。

●参加費用:3,500円(交通費は含みません)
●最小催行人員:5名
●グレード:散策。
●集合場所:常磐線金町駅 改札前 
●集合時間:10月01日(土)09時00分
●解散予定:水元公園 12時(正午)過ぎ
●持ち物:観察道具、飲み物など。
●予定:金町駅からバスで水元公園へ。ゆっくりと園内を歩き、12時過ぎ頃解散。    

●申し込み:どなたでも参加できます。メールでご連絡ください

テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : 趣味の園芸 10月号

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2016年09月 | 10月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード