苗場山の山小屋1 苗場山山頂ヒュッテ

苗場山の山小屋 
苗場山山頂ヒュッテ


苗場山ではふたつの山小屋に泊まりました。
どちらも、山小屋としてはとても快適な山小屋です。

苗場山山頂ヒュッテは苗場山の山頂近くに建つ、
上信越国境の山では最大級の山小屋です。
苗場山自然体験交流センターという名前もあります。
木材がきれいで清潔な山小屋です。
トイレは水洗。
水は天水なので、水は購入することになります。
夕御飯はカレーが基本のようですが、
そうでない時もあります。
おいしいカレーです。
朝ご飯もシンプルですが、お米がおいしいです。


苗場山山頂ヒュッテ
17-08-02_naebayama-nigata_00234.jpg
苗場山山頂ヒュッテ
山頂湿原の上にあります


17-08-02_naebayama-nigata_00197.jpg
山頂ヒュッテに泊まると、
朝の湿原を独り占め


17-08-01_naebayama-nigata_00211.jpg
夕食はカレー
カレーも野菜もたっぷり
サブのお皿のポテトサラダとラッキョウがおいしい


17-08-02_naebayama-nigata_00163.jpg
苗場山頂ヒュッテのあさごはん
シンプルですがおいしい


苗場山山頂ヒュッテは以前も紹介しました。
その時の記事はココ 

●ボタハイ通信

2017年09月21日(木) 
多摩丘陵の谷戸撮影ボタハイ (1日)
催行予定

植物撮影術基本中心です。
自然豊かな多摩丘陵でゆっくり植物写真を撮影しましょう。
群落の撮影、花の超アップの撮影など。
●参加費用:5,500円(交通費は含みません)
●最小催行人員:5名
●グレード:散策。
●集合場所:小田急・京王・多摩センター駅 11番乗り場バス停前
●集合時間:09月21日(木)09時15分
●解散予定:多摩センター駅 15時15分頃
●持ち物:観察道具、飲み物など。
●予定:バスに乗って多摩丘陵の谷戸へ。ゆっくりと谷戸や遊歩道を歩く。


2017年10月19日(木)~20日(金) 
上信越国境の山(稲包山・大峰山)と温泉ボタハイ 2日間連続
催行予定

紅葉の山歩きをしながら、紅葉の植物撮影を楽しみましょう。
●受講費用:1日7,000円×2日間(交通費、宿泊代は含みません)
●集合場所:JR上越新幹線上毛高原駅改札前
●集合時間:10月19日(火)9時00分 
●グレード:中級登山。歩くスピードはゆっくりです。
●最小催行人員:5名
●解散予定:JR越新幹線上毛高原駅 18時ころ
●持ち物 :初日のお弁当、水筒、雨具、観察用具、防寒着、防寒手袋、ヘッドランプ、地図、日帰り登山に必要なものをお持ちください。2日目の弁当は自分でパンなどの行動食を持っていきます

●日程
1日目:上毛高原駅からタクシーなどで大峰山の登山口へ。コースタイム2時間25分。初日はゆっくり撮影で、早めに温泉へ。下山後は猿ヶ京温泉泊。
2日目:早朝タクシーなどで稲包山登山口へ。コースタイム5時間10分。往路を下山。同じ道を戻るので途中で待っていることも可能。タクシーなどで上毛高原駅へ。

●申し込み:どなたでも参加できます。(稲包山は登山経験者のみ)メールで連絡ください。








スポンサーサイト

テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : 苗場山頂ヒュッテ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード