FC2ブログ

沖縄の花 クソエンドウ

沖縄の花 
クソエンドウ(Thermopsis chinensis)


名前がよくありませんが、
とてもきれいな花です。
マメ科センダイハギ属。
冬の海岸に咲きます。
奄美大島以南に分布。

17-01-10_hontou-okinawa_00208.jpg
クソエンドウの咲く海岸
大きい葉っぱはクサトベラ

17-01-10_hontou-okinawa_00204.jpg
クソエンドウの花
スポンサーサイト

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : クソエンドウ

沖縄の花 タカサゴサギソウ

沖縄の花 
タカサゴサギソウ(Peristylus formosanus)


花は秋から冬に咲く。
花穂は高さ20㎝程度。
花は小さいが、花の横の部分が、
すっと長く伸び美しい。
葉はロゼット状になる。
屋久島~沖縄~インドまで分布。
台湾で見つかったから高砂でしょうか。



17-01-07_hontou-okinawa_00379.jpg
タカサゴサギソウ
小さいけれど存在感のある花

17-01-07_hontou-okinawa_00363.jpg
タカサゴサギソウ
一度見たら忘れない
印象的な形の花ですね

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : タカサゴサギソウ 沖縄の花

柿生のだるま市

柿生のだるま市

2018年1月28日は・・・、毎年1月28日は麻生不動の縁日、
柿生のだるま市がある日です。

そんなわけで昨日は柿生のだるま市に行ってきました。
多摩丘陵の中にある麻生不動です。
朝の多摩丘陵を歩いていきました。

すごい人ゴミで、ぐったりしました。
でもいい達磨さんに出合って帰ることができました。
昼には、生田の中華料理屋の味良のタンメンを食べました。
だるま市の後、味良のタンメンを食べるのは、
ファンである作家の庄野潤三さんの定番コースです。

_MG_3339261.jpg
ソシンロウバイが雪の上に落ちていました。
よい香りが漂っていました。

_MG_3339229.jpg
多摩丘陵の冬
葉が全部落ちています
コナラが枝を張っています

_MG_3339226.jpg
途中で一杯コーヒーを飲みました
山のコーヒーはいいなあ

_MG_3339255.jpg
だるまだるまだるま

_MG_3339266.jpg
味美のタンメン(大盛)
庄野先生の本を読んだら
やっぱりこれです。
野菜のうまみがスープにたっぷり
おいしいのです
庄野先生の本を読んでいると、
毎年だるま市に行って、帰りに味良(みよし)
でタンメンを食べています。
私もやっと(半日ですが)だるま市に行って
味良のタンメンを埵べることができました。

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : だるま市 多摩丘陵

ボタハイ通信

●ボタハイ通信

ボタハイは高橋修が主催する植物写真講座です。
植物写真、植物の生態に興味がある方なら、
基本的に誰でも参加できます。



●申し込みは左のメールフォームから。
または findeln のメールから。
findeln〇gmail.comの〇を@に変えてください。


「花歩き・山歩きボタハイ」
以前から続いている講座のグループ中心、
10人程度の少人数ボタハイです。
花を見ながら、写真をゆっくりとりながら、とてもゆっくり歩きます。
岩場などの危険な場所は歩きません。
または左のメールフォームから連絡してください。
小型バス利用の場合、交通費のバス代は
皆さんで割り勘になります。
人数にもよりますが8000円-11000円程度です。



3月18日(月)19日(火)2日連続オオミスミソウ・ハイキング 
現地集合解散

「花歩き・山歩きボタハイ」
2日連続ですから、どちらか1日で帰ることもできます。
●講座料:1日7,000円
●最少催行人員:8名 
●グレード:標高差が少ないハイキング、距離も短いコース。

●集合場所と時間:3月18日(火)JR上越新幹線燕三条駅新幹線改札前集合:9時45分
●集合場所と時間:3月19日(水)JR上越新幹線燕三条駅新幹線改札前集合:9時45分
 07時48分東京駅発JR上越新幹線Maxとき305号・新潟行き 9時43分燕三条着

●日程:
3月18日(月)駅からタクシーなどで観察地へ。里山の軽いハイキングです。オオミスミソウの群落や、コシノカンアオイなどの早春の花を楽しみ散策します。現地解散、またはタクシーなどで燕三条駅へ行き解散4時半ごろ。
2日連続の場合は弥彦温泉または燕三条駅前泊。
3月19日(火)燕三条駅からタクシーなどで観察地へ。前日宿泊の場合は、タクシーなどで直接観察地の駐車場へ。オオミスミソウの群落やコシノコバイモなどの早春の花を楽しみながら軽い低山歩き。現地解散、またはタクシーなどで燕三条駅へ行き解散4時半ごろ。
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、二日連続の場合は宿泊に必要なもの。
●2日間とも、燕三条駅集合解散です。



4月23日(火)群馬県 
荒神山 小型バス利用

「花歩き・山歩きボタハイ」
4月23日(火曜)が正しいです。
バスで登山口へ。新葉の森を歩き、荒神山へ。黄花のイカリソウ、サクラスミレなどの花々を見ながら歩きます。体力的には簡単な低山歩き程度なので、誰でも参加できます。
●バス:出発新宿駅西口工学院大学前07:30出発。18:30頃解散予定
●最少催行人員10人。雨天決行。
●受講費用:5,000円(交通費は含まず。バスの場合交通費ひとり9,000円程度)
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、飲み物。



5月14日(火)静岡県 伊豆西天城峠 
魂の山 小型バス利用

「花歩き・山歩きボタハイ」
バスで登山口へ。新葉の森を歩き、魂の山へ。スミレ、キヨスミミツバツツジなどの花々を見ながら歩きます。体力的には簡単な低山歩き程度なので、誰でも参加できます。
●バス:出発新宿駅西口工学院大学前07:30出発。18:30頃解散予定
●最少催行人員10人。雨天決行。
●受講費用:5,000円(交通費は含まず。バスの場合交通費ひとり10,000円程度)
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、飲み物。

6月11日(火) 群馬県 
榛名高原 小型バス利用

「花歩き・山歩きボタハイ」
バスで登山口へ。新葉の森を歩き、榛名高原へ。ヤマツツジとレンゲツツジで真っ赤になる高原を歩きます。体力的には簡単な低山歩き程度なので、誰でも参加できます。
●バス:出発新宿駅西口工学院大学前07:30出発。18:30頃解散予定
●最少催行人員10人。雨天決行。
●受講費用:5,000円(交通費は含まず。バスの場合交通費ひとり9,000円程度)
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、飲み物。


8月27日 火曜 山梨県 
甘利山 小型バス利用

「花歩き・山歩きボタハイ」
バスで登山口へ。甘利山へ。タマガワホトトギスなどの花々を見ながら歩きます。体力的には簡単な低山歩き程度なので、誰でも参加できます。
●バス:出発新宿駅西口工学院大学前07:30出発。18:30頃解散予定
●最少催行人員10人。雨天決行。
●受講費用:5,000円(交通費は含まず。バスの場合交通費ひとり9,000円程度)
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、飲み物。


山歩き水曜ボタハイ

山歩き水曜ボタハイは、
2019年3月に終了する
NHK文化センター水曜日の講座を
引き継いで行います。
植物写真を撮りながら、
山歩きを楽しむ日帰り講座です。
ピークに登ります。
他のボタハイよりも歩きます。
バスを利用する場合は、
ワリカンになるので、
人数が多くなると安くなります。


4月24日(水)神奈川県 箱根浅間山
山歩き水曜ボタハイ
 現地集合解散 

小涌谷駅から最初は車道を歩きはじめ、千条の滝から山道に入り登り始める。小湧谷分岐から浅間山に登る。尾根を続けて歩き、城山を通り、鎌倉古道の湯坂道を下る。湯坂山を抜けなだらかな尾根を下り、最後の急坂を下ると箱根湯本の町に入り、箱根湯本駅に到着する。
●講座料:1日6,000円
●最少催行人員:5名 
●グレード:低山登山、何度もアップダウンがあり、距離もある。
●集合  :箱根登山鉄道小涌谷駅改札前集合 10時00分。
●交通  :07:56東京駅発JR新幹線こだま637号・新大阪行8:30小田原着→8:48発     
 →9:02着9:05箱根湯本発9:40小涌谷着
小田急新宿駅7時38分ロマンスカー箱根3号→箱根湯本9:21着。09:25発→小涌谷着
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、飲み物、昼食
●16時ころ解散予定なので、解散後温泉入浴も可能です。入浴セットをお持ちください。


5月15日(水)群馬県 鳴神山 新宿駅西口集合解散 
山歩き水曜ボタハイ
マイクロバス利用

バスで大滝登山口へ。急な杉林を登り、カッコソウなどたくさんの花を見ながら登る。
山頂は広くはないが、展望はすばらしい。椚田峠に下り、コツナギ橋に下り、車道をバスへ。
●講座料:1日5,000円(交通費は含まず。バスの場合交通費ひとり9,000円程度)
●最少催行人員:10名 
●グレード:低山登山、アップダウンがある。登山道に岩場など歩きにくい場所もある。
●集合  :新宿駅西口工学院大学前07:30出発。18:30頃解散予定   
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、飲み物、昼食


6月12日(水)群馬県 赤城山 荒山 新宿駅西口集合解散
山歩き水曜ボタハイ
 小型バス利用

バスで小沼へ。ミズナラの森を歩き軽井沢峠へ。
急な岩が多い坂道を登ると荒山の山頂。急坂を長く下り、
ヤマツツジとレンゲツツジが多い荒山高原に出て、暗い森を箕輪へ下ります。
●講座料:1日5,000円(交通費は含まず。バスの場合交通費ひとり9,800円程度)
●最少催行人員:10名 
●グレード:低山登山、アップダウンがある。登山道に岩場など歩きにくい場所もある。
●集合  :新宿駅西口工学院大学前07:30出発。18:30頃解散予定   
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、飲み物、昼食





ボタニカル・ハイキング(ボタハイ)は高橋修の
写真撮影講座です。


高橋修宛、直接メールしてください。
このブログの←にあるメールフォームから、
またはフィンデルンのHPから。
お申込みお待ちしています。



テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

沖縄の花 ビロードボタンヅル

沖縄の花 
ビロードボタンヅル(Clematis leschenaultiana)


今回の沖縄ツアーはこれが目的
と言ってもいいほどの楽しみにしていたのが、
このビロードボタンヅル
キンポウゲ科センニンソウ属。

黄色い花のハンショウヅルです。
ビロードボタンヅル
葉や茎、萼片の外側まで
ビロードのようなたくさんの軟毛が
生えているのが名前の由来です。
ビロードボタンヅルの名前の後半は、
さらに葉が牡丹の葉に似ていて、
ツル性だということです。

花は冬に咲きます。
やんばるの森の花が少ない時期に咲く、
とても美しい花です。

17-01-07_hontou-okinawa_00216.jpg
ビロードボタンヅルを見つけました
今年は
花も多いし、まだ蕾もたくさん
枯れた花もなく、よい状態でした。

沖縄本島のやんばるの森に咲いていました。
九州南部から沖縄に分布します。

17-01-09_hontou-okinawa_00178.jpg
ビロードボタンヅルは花が下を向いて咲く。
花は雄しべ、雌しべがたくさん
茎にも長い軟毛がたくさん
葉にもたくさんの軟毛が生え、
触るとビロードの生地を触っているかのよう


17-01-09_hontou-okinawa_002245.jpg
今年はビロードボタンヅルがたくさん
いい状態の株に会いました。
木に絡みながら、そうとう高い場所まで
登っています

17-01-07_hontou-okinawa_00201.jpg
ビロードボタンヅルを逆光で見てみると
まさにビロードのような毛が光っていました。

tag : ビロードボタンヅル 沖縄

沖縄の花 サキシマスオウノキ

沖縄の花 
サキシマスオウノキ(Heritiera littoralis)

アオイ科

温かい地域の海岸近くに生える高木。
板根が発達するのが特長。

果実にウルトラマンのような陵がある。
見ずに浮かしてみると、
何度やってもほぼこの陵が上になった。

この木は沖縄本島で最も板根の大きい
サキシマスオウノキだそうだ。

サキシマスオウノキ
マングローブ林の少し内側で生えることが多い。
ここのサキシマスオウノキが生えている場所は、
陸地だがすぐ横に湧水が湧いて、
水気の多い場所である。

17-01-09_hontou-okinawa_00041.jpg
板根が発達した
サキシマスオウノキ

17-01-09_hontou-okinawa_00056.jpg
高木になっているサキシマスオウノキ
よく見るとたくさん果実が実っている

17-01-09_hontou-okinawa_00049.jpg
サキシマスオウノキの果実は
こちらを上にしてプカプカ浮いていた。

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : サキシマスオウノキ

沖縄の花 ハマジンチョウ

沖縄の花 
ハマジンチョウ(Pentacoelium bontioides)


マングローブの少し陸側の
塩性湿地に生える。
甘くよい香りがします。
メジロはこの花の蜜が大好きのようです。
ハマジンチョウ科。
沖縄、五島列島、天草、三重に分布。

17-01-06_hontou-okinawa_00382.jpg
ハマジンチョウ
花色に変化が大きく、
これは白っぽい花

17-01-06_hontou-okinawa_00376.jpg
ハマジンチョウ
花冠の内側に蜜を表す蜜標が目立ちます
花色の濃い個体


17-01-08_hontou-okinawa_00034.jpg
ハマジンチョウ
海水の干満の影響がある
湿地に生えます

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : ハマジンチョウ 沖縄

大雪の翌々日、強風の伊豆

今日はNHK文化センター青山教室の講座の日。
昨日に引き続いて、山歩きです。

大雪の翌日ではないので、気を抜いていたらやられました。
まさかの首都高の通行止め。
環八まで行くのに2時間かかりました。

今日は山行後、
沼津港に行ってお寿司を食べるでしたが、
残念ながら中止。

今日の予定の山は葛城山にロープウェイに登って
そこから歩きだす予定でした。
伊豆に入ると突然の強風。
電話すると、ロープウェイは動かないとのこと。
仕方がないことなので、
目的の山を突然変更。
いろいろあって今日は大変です。
しかし、さすが温かい伊豆。
足元に雪はまったくありません。

考えて考えて
沼津アルプスの大平山に変更にしました。
最初の、民家の間を歩くところがわかりにくいのですが、
山に入るとこっちのもの。
尾根が近づくと風が強く吹きだしました。

尾根に出て寒い中登ります。
でも山頂は風がない、
大平山は静かな山です。


木の間から、駿河湾の眺めが美しく、
木々もきれいでした。

のんびり下って、
フクヤのロールケーキを買って帰りました。
いろいろあって疲れたけど、
充実した一日でした。

_MG_3339096.jpg
スイセンも咲いています
風と共によい香りが

_MG_3339105.jpg
山頂から駿河湾か見えます
いい感じです

_MG_3339117.jpg
駿河湾も大浪です。
風が強い二日間です




tag : 大平山

大雪の翌日の出発 房総保田権現山

昨晩、東京は大雪でした。
出発が危ぶまれましたが、問題なさそうなので、
昨晩出発を決定。

今朝、新宿の集合場所に全員集合。
ひやひやしながらの出発でしたが、
高速道路もあまり問題なく、
むしろ千葉に入ってから高速が閉鎖。

まずは、ふらり富山で買い物。
今日のランチ用のツミレと野菜を買いだし。
タチウオのツミレ、カマスのツミレ、
聖護院ダイコン、生ワカメ、ネギを買いました。

登山口に到着、あまり遅れずに歩きはじめることができました。
風が強い一日でした。
身も心も吹き飛ばされそうです。
風が弱い場所で料理を作りましたが、
それでも時々強風が吹いて、なかなかお湯が沸きません。
やっとできあがったツミレ汁はとてもおいしかったです。

山頂からの展望も抜群。
いい一日でした。

_MG_229031.jpg
温かい房総半島では紅梅がよい香り


_MG_229059.jpg
キヅタの実が黒く熟していました


_MG_2229043.jpg
風が強く、太平洋は波が高く
白く泡立っていました

_MG_2229085.jpg
センダンの果実



テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : 権現山 センダン

沖縄の花 リュウキュウルリミノキ

沖縄の花
リュウキュウルリミノキ(Lasianthus fordii)


今年のやんばるはリュウキュウルリミノキ
と、いっていいほどリュウキュウルリミノキがよく実っています。
瑠璃色の実はとてもきれい。
そして白い花も咲いています。
一個一個の美しさは感じていましたが、
こんなにまとまってきれいなのは、
始めてです。
高さ2m弱のアカネ科の低木です。

17-01-07_hontou-okinawa_00084.jpg
リュウキュウルリミノキ
たっぷり実が付いています

17-01-07_hontou-okinawa_00087.jpg
リュウキュウルリミノキ
はなぜこんな色をしているのでしょうか


17-01-07_hontou-okinawa_00065.jpg
リュウキュウルリミノキの花
こんなにきれいとは!
右側は若い実

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : リュウキュウルリミノキ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2018年01月 | 02月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード