FC2ブログ

カムチャツカの植物 グンジソウ

カムチャツカの植物 
グンジソウ



グンジソウはアブラナ科の植物。
今回のカムチャツカの旅行で一番気になった植物です。
なんといってもとてもきれい。
アブラナ科らしい4弁花ですが
最初遠目に見た時は、ナデシコかと思ったくらい、
花が大きく美しかったのです。
火山礫にポツンと咲いていました。
グンジソウとは変わった名前です。
どうやら郡司さんのような人の名前から来たようです。

カムチャツカに来たらぜひ見てください。
美しい高山植物のグンジソウ
この属、パラヤ属は日本には分布していないようです。

18-07-18_kamuchetka-russia-0486.jpg
グンジソウ(Parrya nudicaulis)
この個体はまだ小さい。
まとまって咲くと、けっこうきれいです
グンジソウなかなかの花です。

Canon EOS 6D MarkⅡ
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

スポンサーサイト



テーマ : 高山植物
ジャンル : 写真

tag : カムチャツカ グンジソウ

カムチャツカ半島のバチカジェツ高原で見られた花

カムチャツカ半島
バチカジェツで見られた花


18-07-25_kamuchetka-russia-0026.jpg
チシマフウロ(Geranium erianthum)
カムチャッカから北米まで、
北太平洋地区に広く分布する。
萼片に毛が目立ちます。
礼文島にも沢山生えていました。

18-07-25_kamuchetka-russia-0215.jpg
ナルシスフロラ・ハクサンイチゲ(Anemone narcissiflora)
イチリンソウ属なので、ナルシスフロラ・イチリンソウとするのが妥当です。
ハクサンイチゲやエゾノハクサンイチゲの母種。
これも北半球に広く分布します。

Canon EOS 6D MarkⅡ
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : カムチャツカ半島

カムチャツカのバチカジェツ高原をロシア人ツアーで行く

ロシア人ツアーで行く
カムチャツカのバチカジェツ高原


カムチャツカでは後半はツアーではなく
個人旅行だったので、
自分で山に行く必要があります。
しかし、山に入るには最低でも4輪駆動車が必要です。
レンタカーのシステムはロシアでは一般的でないので、
友人に頼むか、ロシア人ツアーに参加するしかありません。
ロシア人ツアーは外国人向け大手現地ツアー会社の
カムチャツカインツールでも英語のパンフレットがありません。
申し込むのはほとんどロシア人です。
とはいっても、英語のガイドブックの「ロンリープラネット」には
カムチャツカインツールが載っていて、電話番号などが載っています。
オフィスに行って、申し込みました。
話は英語で通じました。

週に2回あるアバチャ山はなんと満席!
週1回のバチカジェツ高原ツアーは何とか空席があるので、
すぐに申し込みました。

参加してみると、やはりロシア人ばっかり。
ガイドはロシア語と英語のバイリンガル。
人数は20数人。

歩きはじめると、けっこうなスピードで歩きます。
ガイドが先導しています。
大型犬がヒグマ対策のためか一緒についてきます。
愛玩犬ではないので、かわいがられることは拒否する
気位の高い大型犬でした。
ガイドは5人。
かなりガイドが多いですね。

歩くスピードはそれほど速くありませんが、
日本のコースタイムより少し速いくらいです。
しかしなかなか休みません。
1時間に一回くらいしか休まないうえ、
1日まったく座りませんでした。
雨が多いので、蚊も多いようです。

咲いている花も、キバナノアツモリソウ、チシマキンバイソウ、
チシマフウロ、エゾノゴゼンタチバナ、クロユリ、
ヒオウギアヤメ、オオハナウド、チングルマ、マイズルソウ、
チシマヒョウタンボク、マイズルソウ、ハクサンチドリ、
ウズラバハクサンチドリ、キバナシャクナゲ、
エゾノハクサンイチゲ、エゾコザクラ、バイケイソウ、
エゾツツジ、エゾノツガザクラ、アオノツガザクラ、
パリダ・カステリソウ(Castilleja pallida)、 などなど。

花の多い山歩きでしたが、
あまり写真を撮れませんでした。

18-07-25_kamuchetka-russia-0170.jpg
ロシア人はけっこう平気に山歩き
足元もスニーカー
ビニールの買い物袋を手に持っているおばさんも。
かなりワイルドな場所を歩きます。
登山道がない場所も楽しんで歩きます。

18-07-25_kamuchetka-russia-0176.jpg
エゾコザクラ(Primula cuneifolia var. cuneifolia)
葉の縁に微細な腺毛があります。

18-07-25_kamuchetka-russia-0187.jpg
ロシア人も花が好き!
高山植物を見ると写真を撮らずにいられません。
キバナシャクナゲ(Rhododendron aureum)
日本では考えられないほど、
ワイルドです。
すぐそばに咲いています。
日本の尾瀬の黎明期みたいな感じかな。
生まれていませんが。


18-07-25_kamuchetka-russia-0256.jpg
雪どけ、雪渓が危険で、
川の流れが強く、
この奥にある滝まではいけませんでした。
まあ。これも自然です。
バチカジェツの自然です。


18-07-25_kamuchetka-russia-0438.jpg
タニマスミレ(Viola epipsiloides)
日本では北海道の一部でしか見られないスミレ。
スミレ好きでもなかなか見られないスミレ。
バチカジェツではあちこちに咲いている。


Canon EOS 6D MarkⅡ
 
Canon EF24mm F2.8 IS USM
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM


テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : カムチャツカ

カムチャツカを振り返る

カムチャツカを振り返る

カムチャツカの旅から帰ってきて、
カムチャツカの旅を振り返り写真を整理しています。
雨にたたられて、あまり撮影はできませんでした。撮影できのは、主にツアー中の二日間。
まあ、そんなこともあるでしょう。
残念ですが。

そのようなわけで、
撮れた写真は晴れた2日間がほとんどでした。

こんなブログですが、毎日たくさんの人が見ていただいています。
本当にありがとうございます。

18-07-18_kamuchetka-russia-0526.jpg
チシマヒナゲシ(Papaver miyabeanum)
日本のリシリヒナゲシに似ていますが
花が大きく開き、ちょっと違います
とてもきれいに咲いていました。
元気に咲いている姿はすばらしいです。
晴れた時の写真です。


tag : カムチャツカ

カムチャツカから帰ってきました

やっとカムチャツカから帰ってきました。
東京は暑いですね。

カムチャツカではずっと雨具を着ないと寒いくらいの気温でした。
天気に恵まれず、動きもとれず。
でもロシア人の文化を知る旅として充実したものでした。

_MG_122822222.jpg
カムチャツカの名峰 
アバチャ山とコリャーク山
再び見えてきた時には、
日本に帰る日の朝とは・・・。



テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

悔しくて青空

今日帰るのですが、
青空が広がりました。
残念だけどこれも自然

カムチャツカの一瞬の青空

バジュガツェツで一瞬
青空が広がりました。

20180726215904695.jpeg

チシマキンバイソウ

カムチャツカは今日も雨、でも青空が一瞬でた

なんと今日も起きたらまたまた雨。
一週間近く雨が続いてます。
でもとにかく、今日は山に行く日です。
ロシア人ばかりのガイド付きツアーに
申し込んでいるのです。

とにかく集合場所のアバチャホテルに行き、
ロシア人に混じって、
大型6輪駆動のバスに乗り込みました。
ドライバーがツアーの時と同じだったので、
少しだけ安心しました。
英語が話せるガイドが付いていたのに、
ホッとしました。
日本人の自由旅行者はほとんどいないのに、
さらに英語の紙パンフレットもない、
そんなツアーに参加する日本人は
ほとんどいないはず。
行ったことはある場合ですが、
なんとなくドキドキします。

今日のだいたいの予定を聞いて、
車は出発!
2時間半くらいでバジュガツェツに到着。
お弁当を渡されて、最初は、森の中を
歩き始めました。

森の中にも花はたくさん咲いていました。
しかし、ロシア人は足が速く、
写真を撮る暇はなかなかありません。
写真を撮っては
急いで追いかけて、
写真を撮っては、
急いで追いかけてが続きました。

201807252021436c7.jpeg

バジュガツェツの登山口
ロシア人と蚊がたくさん


20180725202438518.jpeg

最初は森の中
車が通るので泥だらけ
その横を通る

20180725202641c53.jpeg

エゾゴゼンタチバナ
たくさん咲いていました


続きは後日

iPhoneで撮影

もう書きたくないけどカムチャツカは今日も雨

いったい何故なのでしょうか?
カムチャツカは今日も雨。
さすがにそろそろ動き始めようと
思ったのですが、またまた雨。
小雨なので、ペトロパブロフスクカムチャツキー
の裏山で標高382メートルの
ミシェンナヤ山に登りました。


低い山ですが、展望は抜群、のはず。
しかし、雨と霧で展望はありません。
それでも山は山。
なかなかいいものですね。

この標高でも、エゾツツジや
イワブクロなどの高山植物が生えています。
さすがカムチャツカ半島です。

明日は雨でも山に行きます。
明日天気になあれ!

20180724165351dab.jpeg

エゾツツジ
花はこれから
道ばたの花です。

201807241655085a8.jpeg

イワブクロの群落
あちこちにたくさん生えています
大株で、とてもいい花です。

iPhoneで撮影

カムチャッカはまたまた雨

どうなっているのか、
朝起きるとまた雨。
ツアー中はずっと晴れていたのに。
あれから4日間連続して雨。
おまけに寒いです。

晴れを願って、
数日前に見ていた、
青空と山の写真を貼ります。


201807230858291a7.jpeg

晴れたらこんな世界が
広がっているはずなのですが。
山はアバチャ山。
火山です
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2018年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード