FC2ブログ

南米アタカマ砂漠とサンチアゴ・フラワーハイキングツアーのお誘い

南米アタカマ砂漠と
チリフラワーハイキング
ツアーのお誘い


今年の年末に、海外ツアーを計画しています。
南米にあるアタカマ砂漠のアタカマ高地と、チリのロゼットビオラの旅です。
アタカマ砂漠は、南米西海岸にあるチリ北部の砂漠です。
アンデス山脈と、太平洋に挟まれた、
世界で一番乾燥した砂漠ともいわれています。
ここに生きる動植物と、
高地の砂漠に忽然と湧く温泉などの大自然を、
旅の前半で楽しみ、
後半はアンデス山脈で、
ロゼットスミレやアルストロメリア、
キンレイカなどの花々を観察・撮影するツアーです。

アタカマ高地はアタカマ砂漠の中でも、
アンデス山中に近い場所にあり、
極度に乾燥しています。
半分地中に埋まって、
乾燥を防ぐサボテンなど、
乾燥に耐える植物を見ることができます。


サンチアゴ周辺のアンデス山脈の麓は、
そこそこ水分があり、
サボテンの花も咲いています。
ここのメインは、感想に耐えるため、
ロゼット状になったスミレ。
この度では数種類のロゼットスミレを見る予定です。
スミレ以外も、たくさんの花が見られます。

ツアーは、アルパインツアーが主催します。
詳しいことはアルパインツアーの担当の藤村君まで。
電話. 03-3503-1911

詳しくはアルパインツアーをクリック


17-12-16_El Colorado-Chile_00535
キンレンカの仲間
ブーケのように咲きそろいます

17-12-09_Bariloche-Argentina_00602.jpg
ロゼットスミレ

Canon EOS M3
Canon EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM 
Canon EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM


スポンサーサイト



テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : ロセットスミレ

美味の若狭、丹後で食べた食べた

美味の若狭、丹後で
食べた食べた


先日旅をした、若狭から丹後半島の間は、
花もすばらしかったですが、
食べ物もおいしいものばかり。
他の場所では食べられない物ばかり。
おいしい旅でした。


20180929224316293.jpeg

出石そば
丹後半島から少し行けば兵庫県です。
丹後半島の根元に出石という古い町があります。
出石の名物がこの出石そば。
小分けした皿で食べるのが特長です。
麺つゆに、生卵とやまいも。
ゆでたての、コリっとした麺がおいしかったです。

201809292242396ff.jpeg

若狭と言えば鯖です。
鯖の棒寿司
しめ鯖とお酢のバランスが絶妙です
おいしかった!

2018092922402704e.jpeg

京都のネギ焼き
お好み焼きに近いものです。
ネギがたっぷり!
おいしいんだけど、
なんか好みとは違いました。
九条ネギということなのですが、
ちょっと苦みがきつかった。

20180929224013aad.jpeg

鯛寿司
タイの笹漬けを押しずしにしたもの
皮付きの小鯛を酢で〆たものの
たっぷりあって
おいしいお弁当でした。

20180929223959c6b.jpeg

グジ
アカアマダイの一夜干し
若狭湾の名物で京都の高級料理です
若狭のホテルの晩御飯で出ました。
なんとなく甘い味がします。


iPhone8で撮影

テーマ : 食べ物の写真
ジャンル : 写真

栗生(くりゅう)山

久しぶりによく晴れて、山日和です。
今日は、群馬県の栗生山に登りました。

山頂まで1時間ちょっとと、
コースタイムは短いのですが、
登行差は大きくなかなか厳しい山です。

最初は石段を登り、栗生神社に。
さらに、しばらくコンクリ舗装の山道を登ります。
周囲は植林されたスギ林で、
植物的にはおもしろくありません。

しかし山頂付近の尾根に出ると、
美しい自然林の森になり、
気持ちよく歩けました。

登ってやがて山頂へ。
二等三角点はありますが、展望はなく、
山頂の先に、展望の岩場があり、
ここは周囲を断崖に囲まれて、
ここからの赤城山の展望はすばらしいです。

ところが、崖の下から・・・。
ガサガサ、バリっという音がしました。

そおっと、崖の上から下の揺れている木を覗くと、
真っ黒い顔、真っ白い喉の模様が見え、
一瞬、目が合ったかと思い、
心臓がぎゅっと絞られるような気がしました。

「クマだ!」
ツキノワグマです。

「おーい、ここにヒトがいるぞ!」
と叫び、ヒトがいることを意識させても、
ツキノワグマは木に登っていて、
こちをちらりと見たきりで、
そのままバリバリと音をたてて、
ブナの実かドングリか何かを食べています。
「コフッ、コフッ」と警戒音はたてています。

展望のよいここでランチを食べるつもりでしたが、
諦めて、少し離れてランチを食べて、
さっさと下山しました。

色々ありますが、これも山。
山はいいなあ。

えっ、ツキノワグマの写真ですか?
そんなもの、撮る暇あるわけないじゃあないですか。


18-09-28_kuryuyama-gunma-0047.jpg
栗生山はけっこう厳しい山ですが、
登山道がうまく作られているので、
危険なところもなく、
歩きやすくていい山です。


18-09-28_kuryuyama-gunma-0074.jpg
アブラツツジが紅葉していました
自然はどんどん秋に向かっています

18-09-28_kuryuyama-gunma-0086.jpg
ヒャーホウウウウ!
と叫びたいような青空ですが、
クマにビビりながら撮影しています。


テーマ : 山の風景
ジャンル : 写真

tag : アブラツツジ

もうすぐ秋 カキノキの落ち葉

涼しくなりました
もうすぐ秋 カキノキの落ち葉


カキノキの落ち葉がありました。
もう紅葉しています。

写真を撮っていたら、
「ボン!」と大きな音!
すぐそばに熟したカキが
落ちてきました。

ああったらけっこう痛かったし、
べたべたになっただろうな、
と思いながらもまだ撮影をしていました。

_MG_3338107.jpg
アスファルトの道路に落ちていたt
カキノキの紅葉した落ち葉
きれいですね

_MG_3338067.jpg
自然に落ちてきたカキ
味見をしてみたら
甘くておいしいカキの味がしました。




●花歩き・山歩きボタハイ
花歩き・山歩きボタハイ 以前から続いている講座のグループ中心のボタハイです。
小型バスの場合、交通費は参加者でワリカンですので人数が増えると安くなります。


10月23日(火)初秋の花咲く、伊豆南部 
花歩き・山歩きボタハイ
(小型バス利用予定)
秋の花と美しい海岸線の景色を楽しむ一日です。咲き始めのイソギク、アゼトウナ、ハマアザミ、ツワブキなど。
●講座料:1日6,000円(保険料込み)
●最少催行人員:10名 
●グレード:標高差が少ないハイキング、コースタイム55分。距離は長くありませんが、一部足場が悪い個所があります。歩くスピードは、コースタイムより遅く歩きます。
●バス:出発新宿駅西口工学院大学前07:30出発。18:30頃解散予定
●現地集合希望者はお問い合わせください。
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、昼食など。
●予定:バスで撮影場所へ。歩いて移動しながら 植物を楽しみます。夕方、バスで新宿駅へ。

11月6日(火)群馬県要害山 
花歩き・山歩きボタハイ
小型バス利用


バスで登山口へ。紅葉の森を歩き、要害山(593m)へ。縦走し反対側に下ります。
帰路、桐生の町でうどんを食べて帰ります。体力的には簡単な低山歩き程度なので、誰でも参加できます。
●バス:出発新宿駅西口工学院大学前07:30出発。18:30頃解散予定
●最少催行人員10人。雨天決行。
●受講費用:5,000円(交通費は含まず。バスの場合交通費ひとり9,000円程度)



1月22日(火)神奈川県衣笠山スープハイキング
花歩き・山歩きボタハイ
 
JR横須賀線衣笠駅改札前集合
●講座料:1日6,000円
●最少催行人員:5名 
●グレード:標高差が少ないハイキング、距離はあります。
●集合場所:JR横須賀線衣笠駅改札前集合
●集合時間:10時45分 
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、カップ、スプーンなど。




ボタニカル・ハイキング(ボタハイ)は高橋修の
写真撮影講座です。


高橋修宛、直接メールしてください。
このブログの←にあるメールフォームから、
またはフィンデルンのHPから。
お申込みお待ちしています。


 

ボタハイ通信

ボタハイ通信
2019年1月15日(火)~18日(金) 
沖縄本島やんばるボタハイ


ボタハイは誰でも参加できる、植物写真撮影講座です。
今回は本州などでは花の少ない冬に、
温かい沖縄の花を観察し撮影しに行くツアーです。
植物に興味があれば、
特に写真撮影が目的でなくてもOKです。

ただしツアーではありませんので、
飛行機などの手配は自分てやっていただく必要があります。
17-01-09_hontou-okinawa_002245.jpg
ビロードボタンヅル

17-01-07_hontou-okinawa_00342.jpg
ヘツカリンドウ 



あまり知られていませんが、1月の沖縄本島は温かく、もう春の花が花盛り。沖縄北部にあるやんばるの森をゆっくり歩きながら、亜熱帯の植物を楽しみましょう。また、沖縄本島各地の海岸を歩き、春の花を楽しみます。マングローブなど亜熱帯特有の植生も観察します。食事も、現地の食堂で沖縄そばやチャンプルなどの沖縄料理を食べたり、地弁当を食べたり、ツアーでは味わえないデープな現地食を楽しみます。

●日時  :2019年1月15日 11:30頃集合
●集合場所:那覇空港到着ゲート前集合
●持ち物 :雨具、観察用具、宿泊に必要な着替え、濡れてもいい服装等をお持ちください
●グレード:ほとんどアップダウンのないコースを歩きます。少し山歩きします。
●装備  :日帰りハイキングができるもの。
●日程
1月15日:那覇空港から沖縄南部の海岸へ。名護泊。
1月16日:終日、与那覇岳山麓などやんばるハイキング。
1月17日:やんばるの森林公園ハイキングや沖縄本島西海岸で植物観察。
1月18日:島の海岸を一周しながら那覇空港へ。16時ころ
●講座費用:1日7,500円4日間で30,000円(交通費は含みません)
●ホテル:名護のビジネスホテル、スーパーホテル沖縄・名護に宿泊予定ですので、それぞれ予約して下さい。
      予約の方法がわからない場合は申し込みの時に連絡していただくと、まとめて予約します。
●食事 :沖縄の現地食をなるべく食べます。
●航空機:それぞれ自分で手配して下さい。
●最少催行人員:5人
●見られる可能性のある花:ハマジンチョウ、クソエンドウ、ビロードボタンヅル、ヘツカリンドウ、リュウキュウコスミレ、モクビャッコウ、オキナワスズムシバナ、サツマイナモリ、サクラツツジ、ワニグチモダマ、クサトベラ、ハマタイゲキ、オキナワギクなどたくさんの花が見られるでしょう。
●航空機 羽田~那覇便で11時30分に集合できるのは以下の便です。
JAL905便08:20~11:15 
ANA463便07:40~10:35
SKY513便08:15~11:20
帰りは那覇発17時以降の便を予約下さい。
ANA472、SKY518など

今日は箱根山歩き・花歩き・ボタハイ

今日は箱根
山歩き・花歩き・ボタハイ


天気予報では雨の確率90%・・・。
どうしようかと悩んでいましたが、
千石原の箱根湿性植物園に行くことにしました。
ここなら雨が降っても雨宿りできるし。

花も沢山咲いていました。
御もっとあよりもいい花歩きになりました。
こんな雨降りの日に湿性花園に来る観光客も少なく、
ゆっくり楽しめました。

花はいいなあ。

_MG_3338212.jpg
アサマフウロ(Geranium soboliferum var. hakusanense)
湿性植物ですから、
箱根湿性花園にも適しています。


_MG_3338217.jpg
コハマナスの果実
ハマナスとバラの雑種とのこと


_MG_3338254.jpg
サクラタデ(Persicaria odorata subsp. conspicua)が満開
きれいですね

_MG_333259.jpg
ノブドウ(Ampelopsis glandulosa var. heterophylla)
果実の色は様々です。
沢山の植物が見られて満足です。

帰りの高速バスでは渋滞に巻き込まれ、
首都高ではまた渋滞。
はあ。

参加者の皆さま、ありがとうございました。

Canon EOS 6D MarkⅡ
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM


テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : 箱根湿性花園

箱根ボタハイ

20189.25ノ箱根ボタハイは悪天の場合、
箱根湿性花園に変更します。
集合場所と時間は予定通りですが、
直接湿性花園集合に変更の可能性もあります。



20180924183235889.jpeg

先日、久しぶりに映画を観ました。
「ボルグ マッケンロー」というテニスの映画です。
ボルグもマッケンローも30年以上前のテニス選手。
もう知っている人も少ないようで、
映画を見に来ていたのはみな私と同じくらい。

席はガラガラでした。

映画そのものは、いかにも王道でおもしろかったです。
ボルグのテニスが好きでした。
私も昔テニスをかじったことがあります。

ボタニカルアート

ボタニカルアート 2019カレンダー
佐々木正子作品集


ボタニカルアートとはこのブログ何度も紹介していますが、
科学的でもある美しい植物画のことです。
佐々木正子さんは日本のトップアーティストです。

その佐々木正子さんの作品集でもあるカレンダーを紹介します。
シハイスミレやスカシユリ、ナナカマドなどすばらしい作品ばかりです。

karennda-.jpg
ボタニカルアート 2019カレンダー


佐々木正子さんと、そのグループによる
佐々木正子ボタニカルアートグループ展が
2018年10月18日から24日まで、
山脇美術専門学校の山脇ギャラリーで行われます。
毎年のように見に行っていますが、
すばらしい作品展です。
CCI20180921.jpg


若狭の植物 ミズトラノオ

若狭の植物 
ミズトラノオ(Pogostemon yatabeanus)


ミズトラノオの花のアップ
雄しべが4個、雌しべが1個。
雄しべの途中にだけ毛が生えます。

おもしろい花ですね。

18-09-15_nakaimemi-fukui-0282.jpg
ミズトラノオ

●ボタハイ通信
9/26の入笠山ボタハイは最少催行人員に達していないので中止します。
9/25の箱根ボタハイは予定通りです。

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : ミズトラノオ

若狭の花 ハマゴウ

若狭の花 
ハマゴウ
(Vitex rotundifolia)


京都の海岸に咲いていました。
花が咲きたてだと、花色が濃いですね。

18-09-16_kotobikihama-kyoto-0195.jpg
ハマゴウ
真上から撮影
Canon EOS 6D MarkⅡ
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : ハマゴウ

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード