FC2ブログ

アタカマ砂漠は大忙し

朝から日没まで、
一日中フルに動いています。
今日は花より観光。
すごい景色の連続です。

2018112909090156a.jpeg

アタカマ砂漠の高山湖
はなはキク科のキオン属
スポンサーサイト



アタカマ砂漠

やっと目的地のアタカマ砂漠に到着。
さっそく野生植物の撮影。
砂漠の中にはたくさんの花が咲いて
いました。

おもしろいサボテンも咲いています
20181128103707be4.jpeg

名前は後で

チリ到着

やっとチリのサンチアゴに到着。
なんか眠いです。
サンチアゴ市内観光に出かけて、
植物図鑑を買ったりして過ごしました。

20181127115416098.jpeg

クロエリハクチョウ

iPhone8で撮影

ダラス到着

アメリカのダラスにいます。
これから乗り換えて、
南米に向かいます。

20181126094125941.jpeg

なぜか成田

今から、遠くに行ってきます。
詳しくは後日。

20181125175658888.jpeg

奄美の植物リュウキュウスズカケとタンゲブ

今回の奄美で細い林道でしか咲いていなかった花がありました。
ちょっと変わった花なので紹介します。

18-11-18_amami-kagoshima-0093.jpg
リュウキュウスズカケ(Veronicastrum liukiuense)
ゴマノハグサ科クガイソウ属
花色は写真のような紅紫色のものと、
白っぽいものがあります。
山の林縁などに生えます。
花はもうほとんど終わりで、
わずかに咲いている花でした。


18-11-18_amami-kagoshima-0056.jpg
タンゲブ(Cyclocodon lancifoliu)
キキョウ科ツルギキョウ属
これも見たかった花です。
ほとんど果実ばっかりで、
これも一輪だけが咲いていました。

植物を見せていただいた山下様
ツアーに参加していただいた皆様、
ありがとうございました。


花歩き・山歩きボタハイ 
以前から続いている講座のグループ中心のボタハイです。
花を見ながら、写真をゆっくりとりながら、とてもゆっくり歩きます。
岩場などの危険な場所は歩きません。
申し込みはfindeln〇gmail.comへ。(〇を@に変えてください)、または右のメールフォームから連絡してください。


1月22日(火)神奈川県衣笠山スープハイキング 
現地集合解散

●講座料:1日6,000円
●最少催行人員:5名 
●グレード:標高差が少ないハイキング、距離はあります。
●集合場所:JR横須賀線衣笠駅改札前集合
●集合時間:10時45分 
●日程:駅から歩きはじめ、公園のように整備された衣笠山へ。展望のよい場所でランチ。暖かいスープを用意しますので、カップ(お椀)とスプーンと自分の分のパンとサラダやハムなどの副食をご用意ください。スープ用の水を200g程度お持ちください。
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、水、カップ・お椀、スプーン、パンなど。

2月12日(火)高麗山ハイキング 
現地集合解散

●講座料:1日6,000円
●最少催行人員:5名 
●グレード:標高差が少ないハイキング、何度もアップダウンがあり、距離もあります。
●集合場所:JR東海道線大磯駅改札前集合 
●集合時間:9時00分。07時41分東京駅発JR東海道本線・熱海行き 8時49分大磯着
●日程:駅から歩きはじめ、なだらかな山道を歩き、小さな山をいくつか縦走しながら、また大磯駅に戻ります。時間があれば、ケーキ店の鴫立亭などに立寄りたいと思っています。
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、飲み物。

3月18日(月)19日(火)2日連続
オオミスミソウ・ハイキング 
現地集合解散

2日連続ですから、どちらか1日で帰ることもできます。
●講座料:1日7,000円
●最少催行人員:8名 
●グレード:標高差が少ないハイキング、距離も短いコース。

●集合場所と時間:3月18日(火)JR上越新幹線長岡駅新幹線改札前集合:9時45分
 07時48分東京駅発JR上越新幹線Maxとき305号・新潟行き 9時32分長岡着

●集合場所と時間:3月19日(水)JR上越新幹線燕三条駅新幹線改札前集合::9時55分
 07時48分東京駅発JR上越新幹線Maxとき305号・新潟行き 9時43分燕三条着
●日程:
3月18日(月)駅からタクシーなどで観察地へ。里山の軽いハイキングです。オオミスミソウの群落や、コシノカンアオイなどの早春の花を楽しみ散策します。現地解散、またはタクシーなどで長岡駅へ行き解散4時ごろ。
2日連続の場合は弥彦温泉または燕三条駅前泊。
3月19日(火)燕三条駅からタクシーなどで観察地へ。前日宿泊の場合は、タクシーなどで直接観察地の駐車場へ。オオミスミソウの群落やコシノコバイモなどの早春の花を楽しみながら軽い低山歩き。現地解散、またはタクシーなどで燕三条駅へ行き解散4時ごろ。
●持ち物:ザック、雨具上下、観察道具、二日連続の場合は宿泊に必要なもの。

すぐに返事ができないと思いますが、よろしくお願いします。

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : 奄美

奄美の植物 ヘツカリンドウ

奄美の植物 
ヘツカリンドウ(Swertia tashiroi)


ヘツカリンドウは何度もこのブログで紹介しています。
今回は、奄美大島のヘツカリンドウです。

ヘツカリンドウの辺塚とは鹿児島の大隅半島の地名です。
辺塚で見つかったリンドウ科の植物なのでヘツカリンドウ
大隅半島ではいくつものヘツカリンドウを見ていますが、
花色は白っぽく、緑色の縁取りのものが多かったです。

それに比べて、奄美のヘツカリンドウは、
花が紫色の濃い模様が入り、
背が高いものが多いのです。
沖縄本島のヘツカリンドウも
花色は紫色の濃いものもありますが、
ここまで大きくはありませんでした。

花が咲いたら、その株は枯れてしまうようです。
花が咲く個体の近くには、
葉だけの個体がたくさんあります。
花が咲いているからといって、
足元を見ないで近づくと、
来年花が咲く、
葉だけの個体を踏んでしまうこともあります。
ヘツカリンドウの葉には気を付けましょう。

18-11-18_amami-kagoshima-0197.jpg
ヘツカリンドウ
奄美の個体はひとつの株に
花がたくさんついています。
花茎も1m近くになります。


18-11-22_amami-kagoshima-0014.jpg
ヘツカリンドウの花弁
丸い緑色の模様は蜜腺で、
ここから蜜が出ています。

Canon EOS 6D MarkⅡ
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM





テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : 奄美 ヘツカリンドウ

奄美大島ツアー最終日

奄美大島ツアーが終わって、
羽田空港からモノレールに乗っています。

ツアーは無事終了。
天気もまあまあ。
雨に降られることはありませんでした。
咲きたてのヤッコソウ、
色とりどりのヘツカリンドウなど
今日もたくさんの花を見ました。

ツアーが終わって、
グッタリしています。

明日も明後日も仕事です。
世の中は連休のようですね。

2018112218250242c.jpeg

咲きたてのヤッコソウ
まだ雄状態です。
花の上部に鉢巻状に
ネバネバする花粉が写っています。
花は肌色できれいです。
まさに咲きたて。

iPhone8で撮影

奄美大島の観察会2日目

奄美大島のアルパインツアーの
花の観察会2日目。
まずは山です。
ユワンツチトリモチを
見に行きました。
びっくりしたのは、
おととい下見した時より、
花がたくさん咲いていたこと。
たった2日でずいぶん違うのに
驚きました。

午後は、海岸へ行きました。
オキナワギク、イソノギク、
ソナレムグラ、ミヤコグサなど
たくさんの花が咲いていました。


オキナワギク
オキナワギク


20181121180043fc9.jpeg

ユワンツチトリモチ

iPhone8で撮影

奄美大島のツアー開始

アルパインツアーの参加者と合流し
ツアー開始。
まず、海岸に行って、
たくさんの花を見ました。
花がたくさんすぎて、
その場所にいるだけで
一日終わってしまいました。
花があると楽しいです。

リュウキュウシロスミレ、
リュウキュウコスミレ、
コキンバイザサ、
などたくさん咲いていました。

201811202051083fc.jpeg

オオシマノジギク

2018112020505483d.jpeg

タマムラサキ

iPhone8で撮影
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード