新潟の山の花

今年の新潟、山の花

 今年の新潟の植物を見て感じたこと。ミスミソウの開花は例年よりも、少し遅れて咲いているようです。ここ2年は例年より2週間以上遅れていたので、この2年より早く咲いています。花の数は、減っている場所もありますが、それでも多い場所も多く、まあ当たり年といってもいいのではないでしょうか。しかし、壊滅的状態の山もありました。4月1日は例年としては、ミスミソウの花は標高の高い山では咲き始めです。標高の低い山のミスミソウは、ちょっと花茎が伸びすぎてバラけた感じがします。花の写真を撮るならもう少し早い時期のほうがよいでしょう。
 カタクリは例年通りに咲いています。スミレはナガハシスミレのように例年より早いものもありますが、テリハタチツボスミレの開花は2週間以上遅れています。早いものと遅いものの差が大きいようです。

_MG_8706.jpg
ミスミソウの大きな株
花びら(ガク片)がひし形のタイプ

_MG_8678.jpg
ミスミソウの花畑
少し伸びすぎ

_MG_8930_20130404232126.jpg
咲いたばかりのカタクリ


新潟、弥彦の宿

 新潟でミスミソウを見るときには、いつも弥彦温泉郷の南西端にある観音寺温泉の上州苑さんに宿泊します。ご飯もおいしいし、温泉もいいし、宿の雰囲気もいいです。なんといっても宿のご主人がいい人の上、花の情報を教えてくれることがありがたいです。なんといっても静かな雰囲気なのがいいです。

CIMG2004.jpg
上州苑の夕食
おいしくて、多過ぎでなくてよい
スポンサーサイト

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : 里山 ミスミソウ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード