小山田緑地のスミレと春の花

スミレと春の花 多摩丘陵の小山田緑地

oyamada-tokyo_13-04-09_00453.jpg
スミレ(Viola mandshurica)
側弁の内側には毛が多い


 明日からアルパインツアーの講師で一泊のツアーに出かけます。今年はまだ多摩丘陵に行っていないし、今年の多摩丘陵の様子を見に、午前中小山田緑地に行ってみました。
 春の多摩丘陵は、雑木林の木々がそれぞれ芽吹いていて、淡い緑、黄緑、草色、黄土色、ピンクのやわらかい色に染まって一年でいちばん美しい季節です。足元には小さな花がたくさん咲いています。昼には帰ろうと思っていたのに、ついつい撮影に夢中になって昼過ぎまで撮ってしまいました。
 スミレもきれいに咲いていました。スミレ(Viola mandshurica)だけでなく、タチツボスミレ、ニオイタチツボスミレアリアケスミレノジスミレ、アカネスミレ、マルバスミレ、コスミレなどのスミレ類が咲いていました。
 もちろんスミレ以外の花もたくさん咲いました。ホウチャクソウなどのつぼみも多く、春爛漫になるのはこれからです。楽しみですね。

oyamada-tokyo_13-04-09_00073.jpg
アリアケスミレは下弁の紫の筋が美しい
側弁には毛が生え、柱頭はカマキリ型

oyamada-tokyo_13-04-09_00000.jpg
ノジスミレはよい香り
側弁の内側には怪我内が、花茎には毛が多い

oyamada-tokyo_13-04-09_00283.jpg
ムラサキケマンは盛りをちょっと過ぎていました
スポンサーサイト

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : 里山 スミレ アリアケスミレ ノジスミレ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ノジスミレは良い香りがすると、聞いていたので、今年もかをりをかいでみましたが、どうもスミレの香に鈍感で今年もだめでした。
他の花の香りは結構わかるのに・・・・
すみれの香りは微妙なんですかね。

ノジスミレ

やまそだちさん コメントありがとうございます。

この場所のノジスミレはよい香りがしました。
ちょうど日が当たって、風もなく、咲きたてで、よい条件が重なったのでしょう。
しかし、スミレの香りは、同じスミレでも香りがする人としない人との差が大きくて不思議です。
私はスミレの香りには、かなり敏感なほうです。

しばらく出かけていて、返事が遅くなり失礼いたしました。




> ノジスミレは良い香りがすると、聞いていたので、今年もかをりをかいでみましたが、どうもスミレの香に鈍感で今年もだめでした。
> 他の花の香りは結構わかるのに・・・・
> すみれの香りは微妙なんですかね。
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード