高通山再び コバノタツナミソウ

この春2回目の伊豆の高通山

 昨日までのツアーは、花も咲き、参加者も楽しい方で、よい宿にも恵まれ、楽しかったです。しかし、やたらと疲れていたようで、昨日は夕食を食べてすぐ寝てしまい、ベッドから起き上がることができずに、気がつくと昼まで寝てしました。午後はタイヤをスタッドレスから夏用タイヤに変更しました。タイヤは重いですね。疲れました。

 3月下旬に歩いた高通山をまた歩きました。10日ちょっとで山の様子が随分変わっていました。今年はサクラの花が以上に早かったのと、先日の爆弾低気圧のもたらした強風と豪雨が、せっかく咲き残っていたオオシマザクラの花をほとんどすべて散らしてしまいました。ちょうどスミレはピークを超えたようです。その分コバノタツナミソウなどがより咲いていました。

takatoriyama-shizuoka_13-03-27_00264.jpg
3月末の高通り山をふりかえる
オオシマザクラの花で山が全面白く彩られる


_MG_6002.jpg
同じ位置から撮影した芽吹きのころの高通山
雰囲気ががらりと変わりました
ウバメガシなどの常緑樹も芽吹きました


_MG_5878_20130412224904.jpg
高通り山の北展望台殻雲みの町を見下ろす

_MG_5896.jpg
サクラ散る
昨日まで咲いていたのでしょう

_MG_5955.jpg
コバノタツナミソウの立浪
先日も割いていましたが、今回の群落は見事
スポンサーサイト

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : 里山 コバノタツナミソウ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード