地元のお菓子を巡る旅と文化人類学 「地元菓子 若菜晃子著」 新潮社

地元菓子 若菜晃子著 とんぼの本 新潮社

img554-2.jpg
表紙の写真は若菜晃子さん撮影、福井県小浜市の水まんじゅう
杯に入れて水の中に入れ、途中で杯からはずす
裏表紙は、それを器に盛ったもの
「今日もお菓子が呼んでいる」のキャッチコピーがいいですね


 著者の地元菓子探検家でもある若菜晃子さんは、日本各地に地元菓子を求めて、忙しい仕事の合間に無理やり時間を作って旅し、スーパーマーケットや御菓子店を探して歩き、不可思議な嗅覚を持って地元菓子を発見し、買い続け、食べ続けます。おいしい発見もありますが、そうでもない発見もあるでしょう。本物の地元菓子は、旅し、歩き、買って食べる、という努力の繰り返しと、そして少しのラッキーな出会いの先にしか見つからないものなのです。今までずっと若菜さんは地元菓子を食べ続けてきました。おいしい地元菓子を見つけるための努力を、やり続けています。きっとこれからも地元菓子を食べ続けることでしょう。若菜晃子さんはお菓子の天才です。
 地元菓子店にそっと入ると、ほかのお客さんの邪魔にならないように、小さく隅っこに立ったまま、どれを買おうか延々と考え続けます。何か珍しいものを発見すると、ちょっとためらいがちにお店の方に話しかけます。「すいません、これは~でしょうか?」すると、魔法にかかったかのように、「これはね、~なのよ。」と話始めるのです。店の奥から、地元菓子を作っている最中のご主人が出てくることも少なくありません。そして、延々と話を続けるのです。「へえ、そうですか。」と若菜さんが合いの手を入れると、ご主人は地元菓子の歴史や、使われ方などを決壊したダムのように、さらに詳しく話を続けてしまうのです。
 努力と才能、すばらしい出会い、現場での細かいメモ、本作りまでの熟考。これらがいくつも重なりあって、この宝石がいっぱいつまった宝石箱のような、すばらしい本ができあがったのです。

植物写真と地元菓子の切っても切れない関係
 植物観察・撮影グループの講師として、日本各地に行くことが多いのですが、そのときに参加者に喜ばれるのが地元菓子情報。せっかく植物に会うために観光旅行では通常いかないような場所に行くのですから、そこでしか出会えない地元菓子を食べたいと思うのは当然でしょう。私の地元菓子情報は的確だ、とよく言っていただきますが、食べたものしか紹介していないからではないか、と考えています。情報誌やインターネットなどの情報を鵜呑みにしないて、とにかく食べてみて、おいしいと思ったもの(もしくは信頼できる人に教えてもらったもの)だけを私は紹介しています。
 さて、今回出版されたこの本は、植物写真撮影・観察の旅のお供に最適な本です。オオバキスミレの撮影の後には栃尾によって丸鯛を買いましょう。宮崎餅街道沿いで鯨羊羹やゆで餅を食べながらヒメノボタン・ヒゴタイ・ヒュウガギボウシなどを撮影しましょう。弘前にお菓子を買うついでに岩木山に登ってミチノクコザクラを見に行きましょう。室戸岬にシオギクやヤッコソウを見に行くなら、サンキライの柏餅と高知の朝市ははずせません。
 ここに出ている地元菓子は、実際に地方を歩いてみて、購入し食べたものの中から、特においしかったり、地元に密着していたり、ちょっと変わっていたり、それぞれ厳選した地元菓子だけを紹介しています。
 この本は、日本の文化、歴史を考慮した「文化人類学書」であり、地元菓子とそれを紡ぐ人の魂を伝える「伝道書」でもあり、日本でも色々な発見がある「探検記」でもあります。しかしながら、決して地元菓子カタログではありません。野生植物は、その自生地で見ないと本来の姿はわからないように、地元に行かないと地元菓子の本当の姿は見えてきません。「お取り寄せ」ではわからないこともたくさんあります。「本物の地元菓子」と出会いたかったら、この本を持って旅に出ましょう。
(ありがたいことに、今回この本で、私は商品写真撮影のお手伝い、及び食べる手伝いなどをしています。)
 
スポンサーサイト

テーマ : 実用書
ジャンル : 本・雑誌

tag : 地元菓子 若菜晃子 とんぼの本 新潮社

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード