子持山のコウゾリナ

コウゾリナ(Picris hieracioides subsp. japonica)

 子持に行ったときのこと。途中の車道横でコウゾリナが咲き誇っていました。車を止めてしばし撮影。思ったよりも全体に棘が多いことがわかりました。コウゾリナは漢字で書けば顔剃菜。触るとザラザラする感じを、顔をそるカミソリ
や、剃った後のザラザラ感にたとえて命名された。

 コウゾリナは全体に剛毛が生えています。葉にも、茎にも総苞片にも剛毛がある。この剛毛は先端がT字形に分かれて尖るのが特徴。越年草で根生葉は花期にはなくなる。草丈は30~200cm。花期は5~10月。


_MG_9788.jpg
コウゾリナ
花期は非常に長い

_MG_9810.jpg
総苞片には長い棘がある

_MG_9823.jpg
棘は先端がT字形に分岐する
これがコウゾリナを触ったときのザラザラ感の元

_MG_9848_201308242215150d8.jpg
葉表、葉の縁にも棘がある

_MG_9836_20130824221504a2d.jpg
葉裏。葉脈には長い毛が生える
スポンサーサイト

テーマ : 山の花
ジャンル : 写真

tag : コウゾリナ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード