沼津アルプス核心部縦走

標高は低いがきびしい山歩き
沼津アルプス 徳倉山


 月一回のNHK文化センター青山教室の山歩きの講座で、伊豆の沼津アルプスを歩きました。場所は先日歩いた香貫山の少し南側です。今回は徳倉山から、志下山、小鷲頭やま、鷲頭山と縦走します。最高峰鷲頭山の標高は362m。しかし、歩き出しの標高が20m程度と低く、いくつもの小ピークを登り、5つもの峠に下り、アップダウンが激しく、きつい山歩きです。しかし、天気は抜群です。ところどころで見られる、富士山の眺め、駿河湾の眺め、箱根の山々。今回はさらに北岳から光岳まで続く南アルプスの白銀の峰々。すばらしい南アルプスの展望がありました。先日と同じような場所ですが、昨日の気温はは4度、今日はポカポカ陽気で汗ばむほど。風もなく、いい感じです。5月くらいの気候でしょうか。
 さすがに冬なので花はありませんが、タブノキやヤブニッケイ、ウバメガシなどの冬芽を観察しながら歩きました。自然の中にいて歩くのは、いつもいいです。
 山を降りたら沼津港に行きました。今日もお寿司を食べるためです。今日は余裕があったので、写真を撮ることもできました。この店の名物は目の前の駿河湾で獲れた新鮮そのものの魚。特に珍しいのは深海魚です。私はよく食べるので好きなので、受講者のみなさんに強く勧め、無理に食べてもらいました。でも「おいしい」の声でした。

_MG_7616.jpg
正面には端正な富士山が見えました
風の強い西斜面は雪が少ないです

_MG_7682.jpg
駿河湾の向こうには南アルプスが見えます
穏やかな駿河湾です

_MG_7783.jpg
ヒメユズリハの冬芽

_MG_7706.jpg
トベラの実

_MG_7754.jpg
鷲頭山山頂で全員集合!

_MG_7806.jpg
赤ゴソ、ゲホウ、メギス
これぞ深海魚寿司


Canon EOS 5D Mark II
Canon EF24mm F2.8 IS USM
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
Canon MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト




 
スポンサーサイト

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : 沼津アルプス キチジョウソウ ヒメユズリハ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード