春の東京

東京は春真っ盛

 ゴールデンウィークとなりましたが、まだパソコンに向かっています。とにかく仕事を進めなければいけません。しかし時間は待ってくれません。仕方がないので近所を散歩して植物の撮影をしてきました。東京都内とはいえ、植物はどんな場所にも生えています。超マクロ撮影ができれば、どんな植物でも発見があります。そんなわけで、キヤノンの1倍~5倍まで撮影可能なマクロレンズのCanon MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォトは植物写真撮影の友として手放せません。こんな高倍率の撮影が簡単にできるレンズはCanon MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト以外にありません。このためにキヤノンのカメラを使っています。最近は手ブレ補正機構付きの寄れる広角レンズCanon EF24mm F2.8 IS USMと小型軽量のCanon EF40mm F2.8 STMもよく使っています。もちろんメインのレンズはCanon EF100mm F2.8Lマクロ IS USMです。マクロ撮影でも手ブレ補正がきいて、抜群の解像力の高性能レンズです。

_MG_8449.jpg
Canon MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォトで撮影した
タチイヌノフグリ(Veronica arvensis)
タチイヌノフグリの花はオオイヌノフグリに比べはるかに小さい

_MG_8407_201404282305064cc.jpg
小型軽量のCanon EF40mm F2.8 STM
オオアマナ(Ornithogalum umbellatum) の花の多さを表現したいので立ったまま撮影
絞りはf11まで絞り込み、遠くまでピントが合っている状態にする
オオアマナはの葉は細く、小さな鱗茎がたくさんできる
ホソバオオアマナとは鱗茎が分割する

_MG_8523_20140428230507c81.jpg
オオアマナ
Canon EF40mm F2.8 STMで撮影
上の写真とほぼ同じ場所だが、しゃがんで撮影位置を低くして撮影
絞りをf2.8に開き、ピントの幅を狭め、バックのオオアマナはぼかして、
ピントの合っている花を印象的に見られるように撮影

_MG_8413.jpg
Canon EF24mm F2.8 IS USMでオオアマナの群落を撮影
このレンズは広角レンズなので近寄って、かつ遠くの広い範囲を写すことができる
40mmで撮った最初の写真と見比べると、随分周辺が違う
これも、絞りをf11まで絞り、ピントが合う範囲を深くしている


_MG_8530_201404282305085fc.jpg
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USMで撮影したナガミヒナゲシ(Papaver dubium)
この100mmマクロレンズは植物写真の基本レンズです
しかし、解像度のよさ、手ブレの少なさ、頑丈さ、マニュアルフォーカスの使いやすさ
などプラス面が大きいです
植物写真では、ボケが大きいのですが、ボケもまあまあ悪くありません

●ボタハイ通信 6月のヒメシャガボタハイは残席1です。ありがとうございます
スポンサーサイト

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : EF100mm F2.8Lマクロ IS Canon MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード