コヒルガオ(Calystegia hederacea)

コヒルガオ(Calystegia hederacea) 

 目黒の自然教育園に行く途中の道端で、コヒルガオか咲いていました。この時期から8月まで咲きます。コヒルガオはヒルガオとよく似ていますが、葉の形で見分けることができます。コヒルガオの葉の基部が張り出し、さらにふたつに分かれます。このため、葉の先端を含めると、いつつの角があるように見えます。もうひとつの特徴は、花柄に翼があること。しかし、この翼はは小さい場合があるので注意が必要。

_MG_8725.jpg
コヒルガオの花
葉に特徴がある

_MG_8721.jpg
コヒルガオの葉
いつつの先端がある

_MG_8714.jpg
コヒルガオの花柄
翼はあるが小さい
よく見ないと分からないほど

Canon EOS-M
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
Canon MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト
スポンサーサイト

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : コヒルガオ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード