北八ヶ岳の高山植物

北八ヶ岳の心地よい風

 今日はNHK文化センター青山教室の講座です。梅雨の合間の晴れた日です。北八ヶ岳に行きました。北八ヶ岳ロープウェイで上がって、坪庭と周辺の針葉樹林帯の散策です。写真を撮るのに時間がかかり、たいした距離でもないのに、すごい時間がかかりました。でも、早咲きの高山植物がたくさん咲いていて、きれいで気持ちのよい山歩きとなりました。帰りには、農産物直売所の自由農園に行って農産物の買い物。なんといってもトマトがおいしそうでしたので2パックかって結うご飯に食べましたが・・・味が濃くて、食感が強くておいしかったです。
破竹のタケノコを買ってきました。タケノコ係は私なので、下ゆでして、さまして皮を剥いて、水に入れて冷蔵庫に入れて手続き終了。ふう、疲れた。

_MG_6211.jpg
北八ヶ岳の坪庭を歩いています
高山植物が北アルプスなどに比べて小さいようでした

_MG_6135.jpg
ミツバオウレン(Coptis trifolia)ミツバオウレンはたくさん咲いていました
花びらのような白いのは萼片で黄色いのが花弁です。
花弁は蜜槽になっています
ミツバオウレンの雄しべの花糸と葯は白色
先日紹介したミツババイカオウレンは葯が紅紫でした
ミツバオウレンとミツババイカオウレンの葉は光沢があり、小葉は3個
ミツバオウレンの花茎は細く緑色、ミツババイカオウレンの花茎は紅褐色で太い

_MG_6154.jpg
ミネズオウ(Loiseleuria procumbens)
ツツジ科の小低木
ミネズオウの葯は紅色、花冠は白が多いが紅色のものもある
ミネズオウの花の直径は4~5mm

_MG_6229.jpg
ミヤマオダマキ(Aquilegia flabellata  var. pumila)
ミヤマオダマキの花は非常に大きく美しい
ヤマオダマキに比べると距が比較的小さい

_MG_6269.jpg
ウスバスミレ(Viola blandiformis)
ウスバスミレは亜高山帯の針葉樹林の林床に生える
花の直径は1cm程度と小さい


Canon EOS 5D Mark II
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
Canon MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト
Canon EF40mm F2.8 STM
スポンサーサイト

テーマ : 高山植物
ジャンル : 写真

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード