鹿俣山と玉原湿原

玉原湿原は花盛
_MG_6382.jpg
白く揺れるワタスゲをに心を奪われて
ハクサンタイゲキに黄色く染まる木道を歩く

 月に2日連続である、NHK文化センター青教室の講座です。火曜日の講座はのんびりゆっくりなのに対し、水曜日の講座「関東ゆっくり歩き」は花もも野菜や和洋菓子の買い物も楽しむ盛りだくさんの講座です。6月18日は群馬県の鹿俣に登りました。天気予報では「一応曇りだけど、沿いは絶対雨が降るから気をつけてね!」という感じのもの。私もきっと雨だろうと思っていました。その場合は玉原湿原と周辺のの散策、と思っていたのですが、実際は雨は一滴も降らず、少しはお日様の光がさし、いい天気でした。そして、ほぼ予定通りの山歩きを楽しみました。
 簡単に歩ける場所としては関東最大級のブナの森を有する、玉原高原から歩き始めます。玉原湿原は、ハクサンタイゲキの花盛りで非常に美しく、コバイケイソウ、ヒオウギアヤメが咲き始めていました。ブナの美林は静かです。途中、スキー場のゲレンデを何度か歩き、やっと鹿俣山に到着。下山はほとんど廃道のようになったスキー場の間のルートを下りました。クリンソウ、ズダヤクシュが咲いていました。
 新緑の美しい山歩きでした。心地よい疲れになりました。


_MG_6379.jpg
ヒオウギアヤメ(Iris setosa)が咲き始めています
ヒオウギアヤメは花がアヤメに、葉がヒオウギに似ていることが名前の由来です
ハクサンタイゲキ、別名オゼヌマタイゲキの黄色とノコントラストが美しい
ヒオウギアヤメの特徴は花の上部
内花被片と呼ばれる、上側の3枚の花被片が小さいこと
乾燥地に咲くアヤメは内花被片が大きく直立する


_MG_6398.jpg
オオカメノキの木漏れ日

_MG_6578.jpg
ズダヤクシュ(Tiarella polyphylla)が大群落になっていました

_MG_6605.jpg
山歩きはおしまい
のんびり下りましょう

Canon EOS 5D Mark II
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
Canon EF40mm F2.8 STM
スポンサーサイト

テーマ : 高山植物
ジャンル : 写真

tag : ズダヤクシュ ハクサンタイゲキ ヒオウギアヤメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード