西表島ウミショウブ

ボタニカル・ハイキング2日目。今日はハードに動きすぎてすでにぼろぼろです。今日のメインはウミショウブ。10時過ぎから海浜植物を観察しながら海の動きを観察していました。花の出現はあまり多くはありませんでした。それでも、海面をだんだん開いて行くシーン、雌花が雄花をくわえた場面、雄花が水面を流れる場面、湾内で風に集められて水面にびっちり溜まっているようす、などダイナミックな自然の動きを観察できてなかなかおもしろかったです。

_MG_0507.jpg
こんな亜熱帯の海にウミショウブの大群落があります
風が強く、撮影には難しい条件でした

_MG_0555.jpg
ウミショウブの雌花
雄花が一個入っています

_MG_0577.jpg
ウミショウブの雌花のアップ
ひだひだがよくわかります

_MG_0422_20140712221816b8a.jpg
ウミショウブの雄花
雪だるまの上の部分には花粉が見えます
スポンサーサイト

テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : ウミショウブ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード