苗場山2日目

苗場山の朝

_MG_5138.jpg
久しぶりに晴れた苗場山の朝
遠くに見えるのは八ヶ岳でしょう


 苗場山頂ヒュッテで目が覚めると、5時30分。
もう外は明るくなっています。そろそろ湿原に光がはいるだろうと思って、外に出ました。
ヒマラヤン・ブルーに近い深い青色の空。八ヶ岳、妙高、浅間山などの山々の展望がすばらしい。

 やったー!思わず、声に出てしまいました。山頂湿原の緑が、斜光線で美しい陰陽に彩られています。
ばかみたいにパシャパシャとシャッターを押し続けました。
「なんて、美しいんだ」あまりのすばらしい光景に、かなりの興奮状態に陥ってしまいました。
「あれ?もうおしまい?」2本めの電池が、電池切れ間近を示しています。
電池を入れ替え、もう少し撮影。おっと、
朝ごはんの時間(6時)です。

_MG_5246.jpg
苗場山山頂湿原の池溏に映る青空と雲
この写真を何枚撮ったことか・・


_MG_5181.jpg
苗場山の木道の写真も好きです
朝日の斜光線に輝く



 朝食後も、もう少し山頂湿原を歩いて撮影を続けます。
誰一人いない、苗場山山頂湿原は、涼しくて気持ちよくいつまでも、ここにいていたいです。
東京は暑い日が続いており、いやな感じです。
しかし、デジカメのバッテリーがそれを許しませんでした。
「そろそろ下らないと撮影できなくなります。」とデジカメに言われてしまい、しぶしぶ山を下ることにしました。
 登ったのと同じ道を下ります。

 帰りに撮ろうと思っていた植物も、電池が今にもなくなりそうであまり撮影する気になりません。
バッテリーをだましだまし撮影しながら下りました。
こうなると本気で撮影できないので、つまりません。
仕方がないので脇見をしないように歩き続けました。

_MG_5360.jpg
もうほとんど終わっていますが、
ワタスゲの果実がふわふわ揺れていました


 あまり写真を撮らないと、歩くのは早いのです。 
昼過ぎには下山してしまいました。
こんな時間にエアコンの壊れた車に乗って帰るのはばかげています。
少し車で下った村にある街道の湯という日帰り温泉施設で汗まみれの体を洗って、越後湯沢のスーパーマーケットで野菜を買って帰りました。
ここだけで作られている「かぐらなんばん」というピーマンのようなトウガラシも購入。
ホクホクして帰りました。

 しかし、途中で関越が渋滞し始めていました。
もう少し早く帰ったほうが楽でした。
エアコンなしでも走っていれば、けっこう快適なのですから。

_MG_5463.jpg
クロヅル(Tripterygium regelii )
ニシキギ科クロヅル属のつる植物
花は地味だが、翼のある実は目立つ
主に日本海側に分布



Canon EOS-M
Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
Canon EF-M18-55mm f/3.5-5.6 IS STM
スポンサーサイト

テーマ : 高山植物
ジャンル : 写真

tag : 苗場山 クロヅル

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード