北岳ボタハイ 2 

ヨツバシオガマ(Pedicularis japonica)

北岳の稜線の一部では、まだ盛夏の高山植物も咲いていた。
ヨツバシオガマもそのひとつ。
茎から4枚、輪生して葉が出るのが特長。
タカネシオガマと違いはよく上に伸び、葉が少なく茎がよく見えること。
タカネシオガマは、花の後半は延びるが、咲きたての頃はあまり伸びない。
日本アルプスに生えるヨツバシオガマと北海道・東北に生えるヨツバシオガマは、最近別種扱いとなり、
北海道・東北のものはキタヨツバシオガマ(Pedicularis chamissonis var. hokkaidoensis)という別種になった。

kitadake-yamanashi14-09-0200122.jpg
ヨツバシオガマ(Pedicularis japonica)
スポンサーサイト

テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード