チューリヒ美術館展 国立新美術館

securedownload3.jpg
チューリヒ美術館展 国立新美術館

乃木坂の国立新美術館のチューリヒ美術館展に行ってきました。
前から行きたかったのですが、今仕事が忙しく、なかなか時間が取れません。
とにかく午前中だけでも、と思い行ってみることにしました。

うなるしかないような、すばらしい作品ばかり。
ジャコメッティ、ホドラー、ムンク、シャガール、モネ、ピカソ、セザンヌ。
作者の猛烈な個性と、圧倒的な画力。
見るのにも気力と体力が必要で、疲れました。

写真の構図、色を考えるには、すごく勉強になりました。
この構図の「間」の使い方がすばらしいとか、もっと自由に表現してもいいんだ、
そんなことを考えました。
自分らしさというか、自分はこう感じたから、こう表現したい、
これを考えることが大事なんだと・・・。

植物写真も絵画も、本質を見て表現するという意味では同じです。
本質を見るのが大事だ、と強く感じました。

securedownload.jpg
建物もすばらしいですね
売店も楽しかったです

securedownload2.jpg
ビュッフェスタイルのレストランで食事
おいしかったです
スポンサーサイト

テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード