ヒマラヤザクラ咲くネパール・ヒマラヤへ7日目 ついにヒマラヤザクラ(Prunus cerasoides)の巨木に対面

ヒマラヤザクラ咲くネパール・ヒマラヤへ 7日目
ついにヒマラヤザクラ(Prunus cerasoides)に対面


朝、起きるとヒマラヤは雲がいっぱいで、朝焼けもあまりありませんでした。
残念。
しかし、朝ごはんを食べて、そろそろ出発しようという時になって、急に青空が開け、
白銀のヒマラヤの峰々が現れました。
これなら、ヒマラヤをバックにヒマラヤザクラの撮影ができます。

そこで、ヒマラヤザクラの巨木に向かって出発。
ヒマラヤザクラを見る丘に上がると、ヒマラヤをバックに咲くヒマラヤザクラがありました。
大きなヒマラヤザクラです。
普通ヒマラヤザクラは縦に細長く伸びていくのですが、このヒマラヤザクラは丸く咲きます。
ヒマラヤの名峰アンナプルナの前に咲くこのヒマラヤザクラを「豊穣桜」と勝手に名付けました。

ゆっくり写真を撮って、ポカラに下りました。
ここから飛行機に乗ってカトマンズに行く予定でしたが、飛行機が霧のために遅れました。
食事はカトマンズで食べるはずでしたが、ポカラで食べることにしました。
予定していたのは「ギャコック」。
チベットの最高級料理のひとつで、お鍋です。
鍋の中に木炭があってぐつぐつ煮えています。
〆はぞうすいでいきたかったのですが、うまくいきませんでした。
残念。

午後、やっとカトマンズ着。
ヒマラヤの山中から、ネパールの首都まで長い1日でした。

dhampu-nepal_14-11-13-0077.jpg
朝食風景
天気のよい朝には庭にテーブルを出して
ヒマラヤを見ながらの朝食


dhampu-nepal_14-11-13-0089.jpg
イケメンのガイドにグルン族の民族衣装を着せて
はいパチリ


dhampu-nepal_14-11-13-0235.jpg
すばらしいヒマラヤザクラの「豊穣桜」
アンナプルナとは「豊穣の女神」の意味
そこから名前をとり勝手に命名しました


dhampu-nepal_14-11-13-0309.jpg
チベット料理のモモ
モモは餃子です


dhampu-nepal_14-11-13-0312.jpg
これがギャコック
鍋です
ヒンズー教徒ではこのように
皆で食べるという週間はありません
チベット仏教とならではの料理です


dhampu-nepal_14-11-13-0337.jpg
カトマンズの街角
停電があるので、信号はあっても機能していません
警察が交通整理しています


dhampu-nepal_14-11-13-0367.jpg
晩御飯はネパールの定番料理ダルバート
ダルは豆のカレー、バートはお米のこと


dhampu-nepal_14-11-13-0369.jpg
ツアー最終日なので、現地の旅行会社がケーキを用意してくれました
けっこうおいしかったです


スポンサーサイト

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : ヒマラヤザクラ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード