忘年会とマダガスカルの虫

12月5日は先日野草図鑑を作った、自然系編集プロダクション
ネイチャー&サイエンス社の忘年会でした。
写真家やライター、出版社の編集者などが集まります。
あまり普段会わない昆虫写真家の方とお話できたり楽しいのです。

植物は昆虫と一緒に進化してきました。
昆虫と植物は深い関係にあり、植物を知るには、昆虫について知らなければなりません。
昆虫写真家の皆さんのブログは、とても勉強になります。
よく見ているのは、宮崎に住んで昆虫の撮影をされている新開 孝さんのブログ
新ひむか昆虫記です。

私は植物の撮影のために世界各地に行くので、珍しい昆虫を撮影する機会があります。
普通は行くことのない辺境の地も多いのです。
せっかくだからと思い昆虫の写真も撮るのですが・・・。
慣れない昆虫の写真はなかなか難しいです。
撮影機材も少し違うので。
少しだけ、マダガスカルで撮影してきた昆虫を貼ってみます。

isaru-madagasikara_13-11-25_00022.jpg
マダガスカルのカブトムシ→(新開さんによるとサイカブトの一種とのこと、新開さんありがとうございます)
イサル国立公園のロッジの明かりに飛んできました
大きさは日本のカブトムシより少し小さいくらい
なかなか強そうな感じです

turearu-madagasikara_13-11-24_00222.jpg
マダガスカルの野生状態のマダガスカルゴキブリ
バオバブが生える、荒れた焼畑にたくさんいました
日本のゴキブリのように家の中にいるというわけではありません
羽は伸びていませんがこれでも成虫です
角状の突起があり、これで喧嘩をするようです
動きはのろく、日本に帰って調べるまで、ゴキブリとの確信は持てませんでした
こんなに大きいし、なかなか逃げようとしません。
スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

tag : マダガスカル

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード