高知の花と文化

土佐の食と花と文化

もう高知から帰ってきて数日たつのですか、書ききれなかったことがあるので、
今日はまとめて書いてみようと思います。
植物もよかったですが、食べ物もおいしかったですし、窯元巡りもよかったです。

tosakamo-kouchi_15-02-15-0281.jpg
ツバキカンザクラは早春に咲く寒桜の雑種
場所によっては雪割桜とも呼ばれる

tosakamo-kouchi_15-02-15-0259.jpg
さすが南国土佐
ヤシノキの横に咲いていました
もうこの花も散ってしまったことでしょう

minamidaio-kouchi_15-02-14-0121.jpg
高知で「ドロメ」と呼ばれる生シラス
イワシの稚魚です
カタクチイワシのものがベストですが、これはどうやらマイワシです
沼津港で食べたものよりさらに新鮮でスッキリした香り

minamidaio-kouchi_15-02-14-0131.jpg
高知といえば「田舎寿司」
生の魚ではないお寿司です
これはこんにゃくで作った「こんにゃくのおいなりさん」
プリプリの弾力があるこんにゃくでおいしかったです
高知もこんにゃく王国ですね

minamidaio-kouchi_15-02-13-0376.jpg
大杉町名物碁石茶を使った太くておいしい碁石うどん
碁石茶の香りがかすかに香ります
コシが強いうどんです
草色の棒状の具はイタドリの塩漬け
これを水で戻して使います
酸っぱさが取れてまろやかなおいしさと独特の香り

minamidaio-kouchi_15-02-14-0126.jpg
こちらはうどんのようですが、蕎麦です
大杉町名物の極太、プリプリでコシが強い立川そば
だしも薄口しょうゆを使っています

minamidaio-kouchi_15-02-14-0123.jpg
冬が旬のグレのたたき
グレというのは磯にいる白身の魚
すっきりおいしく、磯の香りがするたたきでした
そういえば、4日間も高知にいるのに、ひとくちもカツオのたたきを食べませんでした


●ボタハイ通信
新潟ボタハイは朝07時15分新宿西口集合し、ジャンボタクシーで新潟を目指します。
2日間チャーターしますので、荷物は車においてハイキングできます。
料金はワリカンになりますので、金額は未定ですが、大体2日間で20,000円程度です。
解散は新宿駅、19時45分頃の予定です。
現地集合解散希望の方は事前に連絡ください。
現地発着の場合、現地交通費負担は新宿発着の半額程度になります。

宿泊は岩室温泉の富士屋を予約しました。
宿泊代金は2食付で11000円+入湯税150円を現地でお払いください。
富士屋
電話番号:0256-82-4151
〒 953-0104 新潟県新潟市西蒲区岩室温泉693
スポンサーサイト

テーマ : 里山の植物
ジャンル : 写真

tag : ツバキカンザクラ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード