四国で見た地味だけどかわいい花

四国の地味な花

クロフネサイシン(Asarum dimidiatum)

クロフネサイシンはウスバサイシンによく似た種ですが、
雌しべの数が違います。
葉や花の外側はほぼ同じ、
少し小さいという記述も見られますが、
現実の個体を見てもはっきり分かるほどの差ではありません。

_MG_1677.jpg
クロフネサイシン
全体の姿は、ウスバサイシンとほぼ同じ

_MG_1690.jpg
雌しべは3個雄しべが6個の個体
花の舷部の基部が黒っぽい
花粉を出している若い個体でsが、もう子房が膨らんでいます
 

_MG_1763.jpg
シコクチャルメルソウ(Mitella stylosa var. makinoi)
チャルメルソウに似るが全体に小型
スポンサーサイト

tag : クロフネサイシン シコクチャルメルソウ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード