高ボッチ ボタハイ

takabochi-nagano_15-06-11-0082.jpg
鉢伏山を歩く

高ボッチと鉢伏山

梅雨の合間に高ボッチ山に行ってきました。
数人のお友達グループだけのスペシャル・ボタハイです。
天気予報では曇り・・・でしたが、実際行くと思ったよりもよい天気。
いい一日でした。

スーパーあずさで茅野へ向かいます。
出発時の朝は曇り。
諏訪湖をぐるりと回り、高ボッチ山にアプローチ。
どんどん天気がよくなります。
山頂が近づくと、なんとレンゲツツジが満開。
山の草原を朱色に染めていました。
聞くと数年に一度の当たり年との事。
すばらしい状態です。

さらに鉢伏山に登り、レンゲツツジズミの競演の撮影をしました。
鉢伏山は高ボッチ山よりも標高が高いこともあって、
レンゲツツジはまだ6分咲き。
山頂には涼しい風が吹き。諏訪湖や美ヶ原などの展望もあり、
とてもいい山歩きでした。

山を下ってからも美しい庭園に行ったり、酒を買ったり、
信州をたっぷり楽しみました。
帰りの電車では、漫画家と隣になり、少し話をしました。
子供の頃読んでいた漫画の作家の方でした。
八ヶ岳を登ってきたとの事。
不思議な出会いがありました。

takabochi-nagano_15-06-11-0041.jpg
レンゲツツジ(Rhododendron molle subsp. japonicum)
レンゲツツジは数年ごと不定期に当たり年と裏年があります
今年は見事にレンゲツツジの当たり年
すばらしい花が満開でした

takabochi-nagano_15-06-11-0100.jpg
サクラスミレ(Viola hirtipes)
サクラスミレは非常に花の大きいスミレ
高ボッチ高原はシカの食害でか、草の花は少なかったです
でも一輪だけキレイなサクラスミレが咲いていました
花はこれからです

takabochi-nagano_15-06-11-0017.jpg
ウマノアシガタ(Ranunculus japonicus)
花弁はバターのような脂っぽいテカテカした質感
キンポウゲ科には珍しく花弁がある
別名キンポウゲ

takabochi-nagano_15-06-11-0211.jpg
ズミ(Malus toringo)
コナシ、コリンゴなどの別名があります
風が強い鉢伏山で、ゆがんだ独特な樹形をしていました

takabochi-nagano_15-06-11-0106.jpg
今日はトマトスープです
トマトと野菜たっぷり
「365日」という店のパンにしてみました
プロシュット、オリーブ、キュウリ、パブリカ
今日はルバーブのジャムを添えてみました

takabochi-nagano_15-06-11-0107.jpg
とけるチーズをのせてスープの完成です

Canon EOS 5D Mark II
Canon EOS M

Canon EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
Canon EF40mm F2.8 STM
CANON EF-M11-22mm f/4-5.6 IS STM
CANON EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM


スポンサーサイト

テーマ : ボタハイ植物写真講座
ジャンル : 写真

tag : ズミ レンゲツツジ サクラスミレ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

花の当たり年でラッキー

高橋先生
お世話になりました。
天気も良くなり見事なレンゲツツジ、ズミに出会え
豪華なランチに幸せなひと時でした。
お二人のブログでまた感慨に浸っております。
元気で出かけられる生活をありがたく思っております。
またの機会にもよろしくお願いします。

Re: 花の当たり年でラッキー

たか女様

コメントありがとうございます。
それにスペシャルボタハイに参加ありがとうございます。
いやいや楽しい花歩きになりましたね。
あのへんは何度も行ってますが、あれほどのレンゲツツジの花は始めてです。
我々は本当にラッキーでした。

高橋修
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード