なぜか人助けが続く (中央アルプス、木曽駒ボタハイ 1日目)

senjyojikikosokoma-nagano_15-08-04-0137.jpg
千畳敷からの登りはシナノキンバイとハクサンイチゲ、ミヤマキンポウゲ
のお花畑が広がっています
よい写真は撮れたでしょうか?

なぜか人助けが続く
中央アルプス、木曽駒ボタハイ 1日目


ボタハイの講師として木曽駒に登りました。
1日目は駒ヶ岳ロープウェイで千畳敷カールにあがり、 
少し登って、宝剣山荘に宿泊する予定です。
今回は色々なトラブルがあり、その手助けで大変でした。
我々のグループのことではなく、他の方たちですが。

まずはじめは、浄土平への急坂を登っているときのこと。
どん、ザザーン、と大きな音。
下ってきた、中年登山者が派手に転びんでいました。
よく見ると登山靴のソールが外れかけています。
これでは急な下りでは全然踏ん張れないでしょう。
それを見た受講者たちが、口々に「ああすればよい、こうすればよい」
と話し合っています。
そこで、私がファーストエイドキットからテーピングテープを出して、
応急処置をしました。
急に楽になって、男性は喜んで下っていきました。

さて、我々は3時になると、雨になるとの気象情報を得ていたので、
あまり植物写真を撮影しないで、登って行きます。
それでも、シナノキンバイ、ミヤマキンバイ、コバイケイソウ、クロユリ
アラシグサ、ヨツバシオガマなどたくさんの高山植物が咲いています。
なんと2時過ぎには宝剣山荘に到着。
我々としては、驚くほどのスピードです。

時間があるので、伊那前岳に向かいましたが、急に大粒の雨が降ってきたので、
急いで山小屋に帰りました。
途中で大雨にあいましたが、ザックも無いのであまり濡れません。
山小屋に入ってしばらく、激しい雷雨に見舞われました。

5時前になって、急に雨が止んだようなので、外に出ると青空が広がっています。
するとそこに、かなり場違いな町の服装のままの若い女の子がいました。
そこにいたご夫婦が、「困ったね、日本語が分からないよう。」との事。
「大丈夫ですか?(以下英語)もう帰りのロープウェイはないですよ。」
彼女は「どうすればよいでしょうか?」と言ってくるので、
「山小屋に相談してみましょう。」と言って山小屋に入りました。
山小屋の方は親切にしてくれたのですが、その後延々と通訳。
さらに彼女のホームステイ先にまで電話し、一緒に夕食を食べました、
彼女は、ドイツ在住ベトナム人で日本にホームステイしているとの事、
食後山小屋の使い方を説明してやっと、「おやすみなさい(独語)」とお別れを告げました。


さて、やっと部屋に帰って寝ようとすると、今度はドドドドガーンという音、「イタイイタイ」という叫び声。
そこには階段から落ちて、頭を打ったおばあさんが廊下に倒れていました。
落ちたときの状況の情報などを収集し、人を排除し、山小屋のスタッフのお手伝いをしました。
動かさないようにして、廊下の布団で休んでもらいます。
山小屋のスタッフは消防や県警と連絡しててんてこまい。
私はファーストエイドの基本的なアドバイスをし、
これからの動きなどを回りにいた心配顔の落ちた方と同じグループの皆さんに説明。
しばらく様子を見ました。
頭を打ってから2時間くらいたち、小康状態になったようで、
明朝のヘリを呼ぶことも決まったようなので、後は任して寝るこにしました。

気がつくと1日で3回も人助けをしていました・・・。
不思議な日もあったものです。

翌朝救急ヘリが飛んでいました。
おばあさんは元気に下って病院に搬送されたことでしょう。
よかったです。

ボタハイ参加者の皆様、今回も参加いただきありがとうございました。


senjyojikikosokoma-nagano_15-08-04-0033.jpg
千畳敷にて
よい天気で下界と違って涼しいです
皆さん元気はつらつ

senjyojikikosokoma-nagano_15-08-04-0059.jpg
クロユリ(Fritillaria camschatcensis)
あまり黒っぽくない明るい色の個体です

senjyojikikosokoma-nagano_15-08-04-0133.jpg
ハクサンイチゲ(Anemone narcissiflora)
ハクサンイチゲは少し盛りは過ぎていたようです
千畳敷の上部以外では花が終わって実になっていました

senjyojikikosokoma-nagano_15-08-04-0088.jpg
クルマユリ(Lilium medeoloides)
ここではそれほど多くありません

senjyojikikosokoma-nagano_15-08-04-0255.jpg
トウヤクリンドウ(Gentiana algida)
稜線に上がるとたくさん咲いていました
今年はトウヤクリンドウの当たり年のようです
大株がたくさんあります
まだつぼみもたくさん

senjyojikikosokoma-nagano_15-08-04-0266.jpg
夕方には雨も止んでよい天気になりました
明日はきっとよい日になるでしょう

senjyojikikosokoma-nagano_15-08-04-0251.jpg
宝剣山荘の夕食
けっこう込んでいますが、布団一枚にひとり程度
何とか快適に寝られる程度です








スポンサーサイト

テーマ : 高山植物
ジャンル : 写真

tag : トウヤクリンドウ クロユリ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード