キャメロンレイク・トレイル ウォータートンレイクス国立公園

ウォータートンレイクス国立公園のハイキング

camelonlake-canada_15-06-27-0076.jpg
キャメロンレイク
車で気軽に行ける山上湖なので観光客に人気
この右側にキャメロンレイクトレイルがある

キャメロンレイク・トレイル 往復3Km  2時間

 キャメロンレイクはUSAとの国境にある山上湖。湖畔までアカミナパークウェイの車道が通り、キャメロンレイクトレイルは標高差もなく、イぉータートン国立公園の中でも、短時間で歩ける気軽なハイキングができます。
 観光客で騒がしいキャメロンレイクの湖尻から歩き始めると、ルートはずっとダグラスファーとスプルースの森の中。木々の間から、キャメロンレイクが見えます。湖の奥にはには、USA領内になるハーベスト氷河が白く輝いています。樹林帯の林床にクィーンズカップなどの初夏の花がたくさん咲いています。森の置くまでキャメロンレイクトレイルをどんどん詰めると、木製のテラスがあって、「ここより先はクマの世界」となっています。ここから往路を引き返します。

camelonlake-canada_15-06-27-0216.jpg
トレイルは湖畔に沿ってずっと続く

camelonlake-canada_15-06-27-0344.jpg
ここが終点
この先しばらく歩くとアメリカとのボーダーになる
ここから見える山はロッキーになる
なぜかアメリカンロッキーとはあまり言わない

camelonlake-canada_15-06-27-0340.jpg
ベアグラス Beargrass (Xerophyllum tenax)
シュロソウ科?                                   
ベアグラスもたくさん咲いている
花期は6月下旬~7月中旬
残雪の状況により時期は大きく変化する
目胡坐素は草丈120cm以上にもなる大型の草
葉は線状で数は多い
カナディアンロッキーではウォータートンレイクス国立公園にしかない
アメリカのコロンビア州やアイダホ州などには多いらしい

camelonlake-canada_15-06-27-0268.jpg
ピンクモンキーフラワー Pink Mokey Flower (Mimulus lewisii)
ハエドクソウ科ミゾホウズキ属
花期が6~7月
正面から見た花の形を、サルの顔に見立てたのでしょうか


camelonlake-canada_15-06-27-0252.jpg
クィーンズカップ Queen’s Cap (Clintonia uniflra)
ユリ科ツバメオモト属
日本のツバメオモトは、花茎にたくさんの花が咲くが、
クィーンズカップは、ひとつの株から、ひとつの花茎がでて、花はひとつだけ咲く
初夏のカナディアンロッキーの林床に咲く
特にウォータートンレイクス国立公園には多い

スポンサーサイト

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : ベアグラス クィーンズカップ ピンクモンキーフラワー 海外

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード