インド 西ガーツ山脈のカスプラトーの植物

インド 西ガーツ山脈のカスプラトーの植物

今日は代々木八幡の大祭。
町はお囃子でにぎやかでした。
なぜか毎年、代々木八幡の大祭の時期はよい天気なのに
なぜかどこにも行かずにお祭りを見ています。
なぜでしょうか?
たまたまでしょうが、自分の行動が不思議です。

さてまだまだインドの西ガーツ山脈のカスプラトーの植物を紹介します。
カスプラトーはカースプラトー、カース高地、カース高原とも呼ばれる場所です。
インド西部に長く連なる西ガーツ山脈の一部。
標高1200m程度の高地にある溶岩台地です。
栄養分が少なく、夏雨が多く、冬は極度の乾燥になる特殊な環境の地域です。

 Chalkewadi-india_15-09-16-0065.jpg
ホウセンカの原種
バルサミナ・ツリフネソウ(Impatiens balsamina)のお花畑
崖にたくさんのホウセンカの原種が生えていました

Chalkewadi-india_15-09-16-0114.jpg
バルサミナ・ツリフネソウ(Impatiens balsamina)
ツリフネソウ科
果実には毛が生えています
そのまま園芸品種になりそうなきれいな花です

Chalkewadi-india_15-09-16-0649.jpg
ランキフォリア・ハシカグサ(Neanotis lanciforia)
アカネ科
サクラソウのようにも見えるほど美しいハシカグサの仲間

Chalkewadi-india_15-09-16-0519.jpg
プルプラセンス・ミミカキグサ(Utricularia purpurascens)
南半球の貧栄養地にはミミカキグサの仲間が多いようです
ここにも大型のミミカキグサがありました
ミミカキグサとは思えないほど大きな花です

Chalkewadi-india_15-09-16-0768.jpg
西ガーツ山脈は溶岩の山
億年単位に渡る長年の侵食により、テーブルマウンテンになった
スポンサーサイト

テーマ : 世界の植物
ジャンル : 写真

tag : 海外 カスプラトー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


最新記事
プロフィール

高橋 修

Author:高橋 修
植物写真家、高橋修です。
野生植物を中心に、日本各地、世界各国へ。
多摩丘陵、多摩川、谷川岳、赤城山がホームグラウンド。
海外ではスイス・アルプスなど。
ホームページもご覧ください。
http://www.findeln.com/

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード